ペンタックス、オールドレンズとリコーGXR+マウントA12で遊ぼう その9

ペンタックス、オールドレンズとリコーGXR+マウントA12で遊ぼう  その9
(都心で森林浴編)

暑いですね。再び地味公園(目黒自然教育園)に挑戦した時(7月14日)の写真を載せますので、森林浴をしている気分になって、すこしは涼しい気分になってください。
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4,  ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8の組み合わせで地味公園に挑みます。途中でコメントは載せませんので、結論を最初に書いてしまいます。1)オールドレンズはMFですが、ライブビューを使えばぜんぜんOK。 当方みたいに、マクロ的写真を好む人にとって、もともとMFで撮影していますからオールドレンズは安くて、楽しい世界を提供してくれます。リコーのEVFのおかげで、三脚なして望遠も、マクロも撮れます。 リコーさんが目指した、軽い装備で良い写真をという試みに賛同するとともに、これからもぜひ発展させてください。 思ったように販売が伸びていないかもしれませんが、方向は間違っていません。もっと画質を上げて、操作を洗練させて1ランク上のカメラを作ってみてはどうですか。ペンタックスの力をかりればできます。一挙にフルサイズするとか。 そんなこと必要ないといわれるかもしれませんが、なにか話題性を盛り込まないと、リコーGXRはカメラ雑誌にも登場する機会がほとんどなく、無視されています。どのジャンルにも属さないので、めんどうだから無視しているのでしょう。もうひとつ、どうやら、最近カメラメーカーの意図が読めてきました。ミラーレスはソニーが演出した路線で、女性カメラマンやコンデジからのステップアップ層をねらって、一大ジャンルを作り上げようと全カメラメーカーの暗黙の共同作戦が取られている。 ミラーレスと一眼レフを別のジャンルにしておいて、両方で儲ける作戦です。 ミラーレスが一眼レフを食ってしまってはいけないのです。現状の作戦が成功して、ミラーレスの一大ジャンルが出来上がって、頭打ちになるまでは、ミラーレスと一眼レフは違うジャンルにしておかなければならない。当方は、一眼レフはほとんどがミラーレスになるという予想をしましたが、その路線は、カメラメーカーが暗黙の共同作戦で、なるべく遅らせようとしているのです。当方が前に書いたように、ミラーレスの時代になると、これまでのカメラの階層が全く崩れて、戦国状態になるからです。世界規模の戦国時代です。 この日本メーカーの共同作戦に小さいメーカーがちょっとずつ抵抗している。リコー、ペンタックス、富士フィルムなどです。カメラ雑誌もこの共同作戦に乗ってしまっている。リコーGXRは無視されて、EVFは無視されて。キャノンが一番最後にミラーレスに入ってきたのもうなずける。もっともミラーレス化を遅らせたがっているメーカーだからです。  しかし、ペンタックスは上手いよ、ペンタックスK01で、このカメラ業界共同作戦に逆らわないふりをして、つまりEVFをつけずに、デザインで売るふりをして、ミラーレスと一眼レフのボーダーを崩す準備をしている。リコーGXRは撤退してはいけません。なぜなら、PC界のiパットのように、日本以外でミラーレスが全く新しい商品を出してくる可能性があるからです。現在の日本カメラメーカーの保守的共同作戦が、日本カメラ業界全体をつぶす危険性があるのです。カメラ雑誌もいっしょになって、カメラの自由な発展を阻害するようなことをしてはいけません。 リコーGXRは撤退してはいけないのです。リコーの直球ストレート勝負を当方は好きです。ペンタックスは目標を崩さずに変化球で勝負してきました。リコーも変化球をつかうべきか迷います。いずれにせよ目標は崩さずにお願いします。目標はよいカメラを作ることです。みんなでチンイツ横並びですすむのは絶対にいけません。変わったやつがいることは業界全体が生き延びるために必須なのです。
長くなったので、結論のその2は最後に書きましょう。


リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4、ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8の組み合わせで撮っています。 この時にペンタックスSMC 28mm F2.8の力に気がつきました。 その場の雰囲気をスバっとわし掴みにする技です。

gm-1_convert_20120729114150.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

gm-2_convert_20120729114226.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

gm-3_convert_20120729114245.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8

gm-4_convert_20120729114302.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

gm-5_convert_20120729114338.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

gm-6_convert_20120729114358.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4,<ひめがま>

gm-7_convert_20120729114419.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4,<のかんぞう>

gm-8_convert_20120729114435.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4,<みそはぎ>

gm-9_convert_20120729114452.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8

gm-10_convert_20120729114508.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8

gm-11_convert_20120729114536.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8 <のぶどう>

gm-12_convert_20120729114556.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4,<よし>
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック