リコーGXR+マウントA12 活用術  その5 (最終回)

リコーGXR+マウントA12 活用術  その5

ペンタックス・オールドレンズの試写を続けます。たまたま日比谷公園のそばに用事があったので、ついでに試写を行いました。梅雨の合間のよい天気。公園のベンチは本を読む人、昼寝をする人、当方みたいに風に吹かれてぼーっとしている人。 今日はいい風がふいていて、木陰でウトウトするには最高の日和です。

ペンタックス・オールドレンズ SMC 150mm F4とSMC 28mm F2.8をペンタックスK5とリコーGXR+マウントA12に付けて、途中でレンズを交換して、いろいろ撮ってみました。なんと、今日はリコーGXR+マウントA12の圧勝だったのです。

kb-51_convert_20120713184401.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-52_convert_20120713184424.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-53_convert_20120713184446.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-54.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-55_convert_20120713184537.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-56.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-58_convert_20120713184632.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-59.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-60.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

親カモにEVFで焦点を合わせで撮りました。近くの子カモも撮れるとおもいましたが、ピントがずれました。ペンタックスSMC 150mm F4のピントは思ったよりずっとシビヤーです。

kb-61.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4


kb-62_convert_20120713184744.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

ペンタックスSMC 150mm F4はピントがシビヤーなだけあって、ボケが魅力的です。

kb-63.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

今日はリコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4の組合せが結構いい線いってます。ホワイトバランスを調節して、黄色みを減少させました。EVFの威力が発揮されています。SMC150mmはピント合わせがシビアーで、ライブビューを使ったペンタックスK5+ SMC150mmはすべて失敗しました。液晶のライブビューでピントを合わせて、ファインダーで構図を合わせてシャッターを切るということを行ったのですが、ライブビューからファインダーに移るときに少々位置がずれるとそれがもろに出ます。リコーのEVFの圧倒的勝利です。ペンタックスには三脚が必須でした。なんで皆さんがEVFの充実を声を合わせて要望しないのか、当方にはまったく理解不可能です。エプソンさんはすでにいいEVFを開発しているのです。ペンタックスがなぜ、EVFにそっぽを向いているのか理解不能です。いらない人はそれでいいのです、EVFは外付けでいいのです。

kb-64.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8

kb-65_convert_20120713184847.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8

kb-66.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-67_convert_20120713184920.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

ペンタックスSMC 28mm F2.8はとんでもなくいいレンズですよ。ペンタックスSMC 150mm F4も全然OKです。 ペンタックスオールドレンズは本当にいい買い物でした。


画質を手直しすればリコーGXR+マウントA12も使えるかもしれない。 マウントA12はさすがにオールドレンズに強い。チープ、オールドレンズを使ったリコーGXR+マウントA12の利用法はいかがでしたか。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック