鎌倉紫陽花編 その4

鎌倉紫陽花編 その4

aj40_convert_20120702193206.jpg
ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm

途中から道を右にとって亀ケ谷坂切り通しに入ります。鎌倉7口の一つ、亀もひっくり返るというほど急だったそうです。

aj41_convert_20120702193230.jpg
ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm

途中のお寺、中は美しいのですが、入ることはできませんでした。

aj42_convert_20120702193250.jpg
ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm

ここも、道端に紫陽花がいっぱい咲いています。

aj43_convert_20120702193321.jpg
ペンタックスK5, ツアイス100mm macro

aj44_convert_20120702193344.jpg
ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm

ゆるい坂道を歩いて、目的地海蔵寺に着きました。ここまでくるとさすがに人は少なくなります。 ガイドブックにいろいろな花が咲いている、花の寺と書いてあったので、来てみました。

aj45_convert_20120702193409.jpg
ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm

aj46_convert_20120702193439.jpg
ペンタックスK5, ツアイス100mm macro

ガイドブックの通り、いろいろな花があることはあるのですが、どれも1,2本で、少々さびしい。ここのカイドウは印象的でよく覚えているのですが、今日は、特になんと言うこと無しに静かなお庭を楽しむということになりました。 キキョウはちょっと早すぎて、花菖蒲は終わってしまって、ノウゼンカツラにも早すぎる。

aj47_convert_20120702193503.jpg
ペンタックスK5, ツアイス100mm macro

aj48_convert_20120702193524.jpg
ペンタックスK5, ツアイス100mm macro

水芭蕉でなくてカイウ(正式にはオランダカイウ、海芋)というのだそうです。

aj49_convert_20120702193547.jpg
ペンタックスK5, ツアイス100mm macro

aj50_convert_20120702193610.jpg
ペンタックスK5, ツアイス100mm macro

aj51_convert_20120702193635.jpg
ペンタックスK5, ツアイス100mm macro

aj52_convert_20120702193702.jpg
ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm

aj53_convert_20120702193723.jpg
ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm

十六井戸という場所の扉が解放されて、特別に見ることができました。岩をくりぬいた、祠の多い鎌倉ならでの、珍しい井戸です。<十六井戸は鎌倉時代の井戸。窟の中央に石造りの観音菩薩像が安置され、その下に弘法大師像を安置されている。井戸の名は径70cm、深50cmくらいの井戸が16あることにちなんでいる。鎌倉時代か今日に至までコンコンと湧き出している>とある。

aj54_convert_20120702193744.jpg
ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm

aj55_convert_20120702193807.jpg
ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm

境内入口の右手に底脱(そこぬけ)ノ井があります。鎌倉十井の一つです。名前の由来の一つに、次のような話があります。 <室町時代、上杉氏の一人の女性が尼として修行していたときのこと、この井で桶に水を汲んだところ、底が抜けてしまったそうです。ところが、このことで心のわだかまりか解け、悟ることができたとのことです。>
紫陽花の花が井戸に落ちて、一面に浮かんでいるのを見ると、なんとなくその尼さんの気持ちがわかるような気がします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【鎌倉紫陽花編 その4】

鎌倉紫陽花編 その4ペンタックスK7 ツアイス・ディスタゴン18mm途中から道を右にとって亀ケ谷坂切り通しに入ります。鎌倉7口の一つ、亀もひっくり返るというほど急だった
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック