6月の花:散歩写真でのリコーGXRの使い具合 その4

6月の花:散歩写真でのリコーGXRの使い具合  その4

of48_convert_20120613212120.jpg
ペンタックスK5 ツアイス・ディスタゴン18mm

京都府立植物園で友達だった<フウ>にここで出会いました。なつかしいフウさんです。秋には真っ赤に紅葉します、どんどん大きくなる、とっても元気をもらえる木です。

of50_convert_20120613212157.jpg
ペンタックスK5 ツアイス・ディスタゴン18mm

of51_convert_20120613212237.jpg
ペンタックスK5 ツアイス100mm macro

水連も群と個をうまく演出しています。この池の隣にハスの池がずっと続いており、これも群と個を気軽に見られるように仕組まれているように見えます。ハスの季節は水連とハスを同時に楽しめるでしょう。

of52_convert_20120613212313.jpg
ペンタックスK5 ツアイス100mm macro

of53_convert_20120613212341.jpg
ペンタックスK5 ツアイス100mm macro
 
of54_convert_20120613212408.jpg
ペンタックスK5 ツアイス100mm macro

of55_convert_20120613212438.jpg
ペンタックスK5 ツアイス100mm macro
 
of56_convert_20120613212507.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mm macro

of57_convert_20120613212534.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mm macro

of58_convert_20120613212559.jpg
ペンタックスK5 ツアイス100mm macro

水連の写真で、ペンタックスK5とリコーGXR+マウントA12の画質の違いがはっきりとわかると思います。

撮っている時間帯が違い、リコーGXRの方が夕方に近いので、そのせいもありますが、最後の2枚の絵に表れるように、ペンタックスK5の透明感とリコーGXRのシブイ色の差です。このリコーのシブイ色の方がカッコいいという方もいらっしゃるかも知れませんが、まあ、ペンタックスK5の方が現物に近い臨場感を表現していると思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック