ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その3

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その3

do33.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

朴葉焼きのホウノキです。葉っぱが大きいので、何度も撮影しているけれども、今日はびっくり、ホウノキの花が咲いています。モクレン科と言うだけあって、モクレンに似ています。

do34.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

do35.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

これなんかはとってもトリミングで拡大しています。それでも崩れません。ツアイス・ディスタゴン18mmにとってライブビューがなければ絶対にこのような写真はとれません。その効果は絶大です。

do36.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

ツアイス100mm macroの絵画的表現力が見てとれます。


ここまで全部三脚で、ライブビューを使っての撮影です。三脚を使えば、ペンタックスK5
の液晶ライブビューを拡大して焦点を合わせることができます。焦点の合わせにくい18mmの接近撮影には、とても有効です。最近全てライブビューで撮影しているという方のいいぶんが理解できました。

花を撮り始めると、どんどん本題の陶芸題材探しからそれはじめました。

do37.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do38.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

液晶ライブビューを拡大して焦点を合わせることにより、マクロ撮影の水面の撮影がとても楽しい。液晶ライブビューでさざ波がキラキラ動き回るのを見て、シャッターを切ることが出来るのですから。

do39.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do40.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do41.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do42.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do43.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

木陰で木陰を撮る時、液晶ライブビューは絶好の武器となります。

とうとうバラ園に来てしまいました。バラを撮り始めると、切りがない。本題はもう終了です。どんどん目移りがして、一つをじっくり攻めることを忘れてしいます。それにお客さんや、カメラマンが多くて、じっくりという気分にならないのです。なんとか三脚だけは使ってみようとがんばりいます。

do44.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

出だしは、三脚と液晶ライブビューで撮影開始。

do45.jpg


do46.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

三脚、液晶ライブビューとなると、さすがに、ピシときまります。200mm手持ちではこうはいきません。

do47.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

do48.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その3】

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その3ペンタックスK5 ツアイス・ディスタゴン18mm 朴葉焼きのホウノキです。葉っぱが大きいので、
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック