早春のロンドン その10 (最終回)

早春のロンドン その10 (最終回)

イギリスとはどんな国なのでしょう。
あこがれのジャガーはインドに買い取られ、オースチン・ミニクーパーはいまやドイツのBMWが作っています。ロンドンは一昔前、日本で言えば銀座の真ん中に空き店舗がぞろぞろあるような状態でした。今のロンドンはそんなことはありません、見事に回復しました。是非、東京が手本にしたい、きれいな街です。食べ物以外は丁度良く上質です。街を歩いていても日本と違和感がなく、安全で、自然もいっぱいあります。違和感が無いのは、日本の社会を支える制度の多くがイギリスから来ているから、ベースとなることに違和感がないのでしょう。当方みたいに英語の下手な者にとって、最もわかりやすい英語を話してくれるところです。いろいろな表示も合理的でわかりやすく、地下鉄に乗っても、ほとんど迷うことなく、初めてゆく所に到着できます。イギリスに住みたがる人が当方の周りに相当数いることもうなずけます。山がほとんどない平野は、大半が牧場であり、食用の羊がパラパラいるだけです。この状態で皆が食べていけるなら、何にも問題ないのかもしれない。本当に皆が食べる分を自分たちで稼いでいるのだろうか? 世界中にある過去の遺産の恩恵で収支を合わせているのではなかろうかと疑ってしまいます。 我々の関与するライフサイエンス分野の最も優れた研究論文をのせるジャーナルであるNature, Cell、Scienceなどの投稿論文数はUSAに次いでイギリスは2位で、日本をはるかにしのいでいます。論理的に物事を考えることに長けた国民なのです。とっても考えて、今の状態が一番いいと思っているのでしょうか? 日本も、これまであこがれていたイギリスのように静かな国になってゆくのでしょうか?
  
さて、今回の旅の戦利品です。

ln251.jpg
コッツウォールズ・バーフォードの骨董品屋で買ったイタリア製の陶器 両方で、1000数百円くらいだったか。

ln258.jpg
コベントガーデン・マーケットで買った、ビッグベンとピーターパンおよびロンドンポストの飴缶。

ln252.jpg
ウイリアム・モリスのテーブルクロス (カップ(ウエッジウッド)は別)

ln253.jpg
ウイリアム・モリスのトレイ(カップ(スポード)は別)

ln254.jpg
ウイリアム・モリスのトレイ(カッブ(ロイヤルクラウン・ダービー)は別)

ln256.jpg
ウイリアム・モリスの紙ナフキンとエリザベス女王在位60周年記念カップ

ln257.jpg
ウイリアム・モリスの紙ナフキンとロンドン塔で買ったショットグラス

あとは、コッツウォールズで買った蜂蜜、シャンパン入りイチゴジャム、スコッチウイスキー入りマーマレードジャム、クロテッドクリーム一瓶ずつ。これが大変おいしかった。 本(拷問と処刑の本)やガイドブックを色々。

子供たちへのお土産は、

ln259.jpg
下の子へ、ロンドン三越で買ったビビアン・ウエストウッドのドクロのピアス

ln260.jpg
上の子へ、ロンドン三越で買ったビビアン・ウエストウッドのハートのピアス

ln261.jpg
下の子へ、コベントガーデン・マーケットで買った皮貼りのドクロ本

ln262.jpg
ナナにはハロッズのバッグがお土産です。


以上で、早春のロンドンはすべて終了です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック