自然教育園日記 その88  散る桜―3

自然教育園日記 その88  散る桜―3

2017-4-16

今日は珍しくアトリが桜に集まる。これもこの時のワンチャンス。

0418-31.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm

0418-32.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm

0418-33.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm

0418-34.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm

0418-35.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm

0418-36.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm

0418-37.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm

とうとう桜とアトリの完全な飛び姿が撮れずにこのワンチャンスは終了してしまった。桜とアトリ、こればかりは来年にまたチャンスがあるか全く不明である。

お気づきのように、ブログレベルではNikon1 V3 + Nikon1 70-300mmは結構な絵を提供する。容易に飛び鳥撮りが出来るのはNikon1 V3 + Nikon1 70-300mmかオリンパスOM-D E-M1 Mark IIしかない。当方はまだ20万円弱するオリンパスOM-D E-M1 Mark IIの画質をコストパフォーマンスの見地から信頼していない。 なんとか飛び鳥くんだりはNikon1 V3 + Nikon1 70-300mmですませたい。A3まで伸ばした時に、Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mmがどこまでオリンパスOM-D E-M1 Mark IIに肉薄できるか、今年の自然教育園・写真展で答えが出る。
桜は散って、Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mmベスト・モーメント・キャプチャーのターゲットはチョウに移る。チョウでもNikon1 V3 + Nikon1 70-300mmはオリンパスOM-D E-M1 Mark IIに肉薄できるか??

0418-44.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm  ツマキチョウ

0418-38.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm  ツマキチョウ

0418-39.jpg
Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm

0418-40.jpg

Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm


最後にこれまでの経験で、もっとも高画質であるSony alpha7RII + Zeiss Planar 100mm macroでしめてもらいたかった。しかしながら会心の作もなく、この5日の挑戦は終了したのです。

0418-41.jpg
Sony alpha7RII + Zeiss Planar 100mm macro

0418-42.jpg
Sony alpha7RII + Zeiss Planar 100mm macro

0418-43.jpg
Sony alpha7RII + Zeiss Planar 100mm macro イチリンソウ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック