自然教育園日記 その80 頭上の風景

自然教育園日記 その80 頭上の風景
2017-1-17

葉っぱが落ちると鳥が見えるようになる。それだけでなく木の枝も見えるようになる。今のうちに木の枝のパターンを収集しておこうと思いました。無論、陶芸の絵柄のヒントにするためです。
今日は故あって午前中の教育園に入ります。

0118-1.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm

0118-2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm

0118-3.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm

0118-4.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm

0118-5.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit 12mm

みなさんはあまり頭上の風景を見ることはないでしょうが、たまには見てみてください。新鮮な印象を受けるはずです。腰は痛くなりますが。

今日は火曜で昨日は休園でしたから、鳥はとても元気です。
なんとなく鳥は1日(あるいは2日)おきに活発になるように思います。休園日は鳥の天国でしょうから、その次の日の午前中は前日の元気を引きずっている。 そのタイミングと一日おきのタイミングが重なると、鳥たちはとっても元気になる気がするのです。なぜ一日おきかというと、きっと餌になる虫や木の芽が大きくなるのを待っているのでしょう(これは全くの当方の推測です)。

以下、Nikon1 V3 + Nikon1 70-300mm  主としてBMCモード

0118-6.jpg
コゲラ  この子の羽は壊れているのかな?

0118-7.jpg
ジョウビタキ/メス

0118-8.jpg
ジョウビタキ/メス
目の前で大きな鳥に襲われましたが、そこを撮りそこないました。大丈夫、この子はにげられました。

0118-9.jpg
メジロ

0118-10.jpg
エナガ
いっぱいエナガがいたけれどちっとも上手く撮れなかった。

0118-11.jpg
オナガ
オナガが群れて来ていると誰かが言っていました。今日はオナガのオンパレードです。

0118-12.jpg
オナガ

0118-13.jpg
オナガ

0118-14.jpg
オナガ

0118-15.jpg
オナガ

0118-16.jpg
オナガ

0118-17.jpg
オナガ

0118-18.jpg
オナガ
カラスの仲間ですが、結構きれいな色をしている。

0118-19.jpg
シメ/オス  最近シメ/オスによく会うようになりました。地面に落ちた実を逃げもせずに食べ続ける。こういう連中はかえって飛び鳥が撮りにくい。

0118-20.jpg
ヤマガラ

0118-21.jpg
ヤマガラ
遠くなので、よくわからない。この子はいったいどこに目とくちばしがあるのかな?

今日はいっぱい、いいチャンスがあったのですが、みんな逃しました。AFが追い付かないのです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック