<トーマス・ルフ展>と<革新の工芸> その1

<トーマス・ルフ展>と<革新の工芸> その1

2016-9-19

自然教育園に散歩に行こうと思ったとたんに大雨が降ってきました。仕方なく予定を変更して東京国立近代美術館の<トーマス・ルフ展>に向かいました。このあとちょっと先にある工芸館で<革新の工芸>も見ました(実は後者が最初に考えた目的だったのですが)。

こういった展覧会は、見た後、元気になるか、落ち込むかが重要なポイント。既成概念をぶち破ってくれたり、新しいアイデアをもらったりすると元気になり、なにか心に響かないときはこれだけ作家さんが一生懸命作品を作っているのに、どうしてだ? 作った人に力が足りないのか、見る方に何かかけているじゃないか?とか、これだけの人がこれだけやってもこれくらいしかいかできないのか、それなら当方がいくら頑張ってもゴミクズみたいなもんだ?とか、ジトーっと落ち込む。

音楽は、自分で下手なりでも演奏すると、その作曲家への理解が深まる。写真や工芸も自分でやっているとすごく生々しく作品を見ることができる。これは自分でやることのメリットであるが、最近考え込みすぎて、寝ても覚めても毎日うなされている。

さて<トーマス・ルフ展>と<革新の工芸>はどうだったのか?

トーマス・ルフは1958年生まれというから69歳でまだ現役。現代写真の巨匠と書いてある。当方は写真家を全く知らないので、すみませんトーマス・ルフも日曜美術館の紹介で初めて知りました。現代アートに対して大体は拒絶反応が激しいのですが、といって入口で拒否しているわけではありません。ボストンに一年いた時もコンテンポラリー・アート美術館の会員になっていました。家内のコーラス仲間のプロ歌手で、近代/現代音楽家のめずらしい曲を発掘して小コンサートを開く人がいるのですが、聞きに行きました。これで2回目。ジョン・ケージという近代/現代音楽家はピアノを壊したり、曲の演奏時間である4分33秒の間、演奏者が全く楽器を弾かず最後まで沈黙を通すのが作品だったり、とんでもなく変わっているのです。今回初めて聞いて、ただ町のざわめきを脈絡なく、録音と声でつづってゆくのですが、何か面白い。同時に演奏されたいくつかの現代作家の他の曲より、とんでもなく変ではあるが、ずっと面白い。
当方、陶芸/デジタルデザイン/キルンワーク(ガラス工芸)の3つを融合しようと連日格闘しているわけで、とにかく今は新しい試み/考え方に飢えています。自分の中に固まっている概念をぶち壊したい。新しい試みをしているようで、なんのことはない結局ガチガチなのだ。意図的に壊さなくては。
世の中皆が、写真だと思っている概念はなんとなくわかってきた、だけどこの概念はだれが決めたのか、これしかないのか、当方が追っかけているノン・メッセージ写真はバカなのか?? 写真の概念をぶっ壊してきたトーマス・ルフに答えはあるのか??
トーマス・ルフ展は写真撮影OKということで、撮りまくります。内容は分かったようなわからないような。とにかくテクニックがいろいろ変遷して、はっきりとは理解できない。うまく説明できないので、書いてある説明をこまめに撮って、そのまま載せるしかしょうがない。興味ある方は自分で読んで考えてください。撮影OKということで、ネットにいっぱい紹介文や写真がでていますが、説明文をダイレクトに載せているのはめずらしいですよ。

カメラはFujifilm X-T10+Zeiss touit32mm

0924-1.jpg

0924-2.jpg

0924-3.jpg

0924-4.jpg

0924-5.jpg

0924-6.jpg

0924-7.jpg

0924-8.jpg

0924-9.jpg

0924-10.jpg

0924-11.jpg

0924-12.jpg

0924-13.jpg

0924-14.jpg

0924-15.jpg

0924-16.jpg

0924-17.jpg

0924-18.jpg

0924-19.jpg

0924-20.jpg

0924-21.jpg

0924-22.jpg

0924-23.jpg

これだけ説明を写し忘れました。ネガをデジタル処理して、ネガのまま写真としたらしいです。

0924-24.jpg

0924-25.jpg

0924-26.jpg

当方は絵画みたいな写真を作りたい、デジタル写真だから、デジタル処理でそれが出来るだろうと思って写真を始めたのですが、テクニックがわからない。トーマス・ルフはそれをやっている。やつの3Dプログラムとは何んだ? 当方もその近くまで来ているはずなのだが。 近くなのに遠い。 この人、たしかインタビューでいろいろテクニックを考え出すこと自体が好きだと言っていた。何かを表現したくてテクニックが変遷しているのではなく、テクニックを考案すること自体が興味というのは本当らしい。絵画みたいな写真の部分は当方の方向に合致し、当方の方向が変なことではないとちょっと安心するのだが、と言って、当方は明日からどうしていいかは一向にわからない。とにかく、<すきなことやって、これがいいのだといえばいい>という点ではトーマス・ルフ展はちょっと元気をくれた。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック