Sony alpha7RIIとレンズ達 その7 Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0

Sony alpha7RIIとレンズ達 その7 Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0

2016-8-7

以下 Sony alpha7RII + Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0
全体的には、やはりCosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0は神レンズと思います。 しかし、接近が一歩足りません。APS-Cの時は実質150mmになるのでOKだったのですが、フルサイズではマクロ撮影の迫力がでません。以下のツリガネニンジンはトリミング拡大しています。解像は卓越しているので、トリミング拡大すれば迫ってきますが、撮影時に、撮っている本人が迫力を感じながら撮らなければリアリティーがでません。この点Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8の優位点となります。なんとかCosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0をさらに接近戦に持ち込む方法を考えなくては。
ダブルレンズアダプターでクローズ・フォーカスでも効果はあまりない。接写リングを使うしかないようです。

0807-30.jpg
ひょうたん池

パープルフリンジ発生が見えます。

0807-31.jpg
コバギボウシ

0807-32.jpg
コバギボウシ

この辺の絵柄はCosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0の恐るべき力を感じるのです。

0807-33.jpg

0807-34.jpg
ツユクサ

0807-35.jpg

0807-36.jpg
ツリガネニンジン

0807-37.jpg
ツリガネニンジン

0807-38.jpg
ツリガネニンジン

特に変わった絵柄がみられることはありませんが、こういう時にふとこのレンズの恐ろしさを感じるのです。

0807-39.jpg
ツリガネニンジン

0807-40.jpg
ツリガネニンジン

0807-41.jpg
自然教育園はフシグロセンノウのシーズンに入りました。

冷房の部屋にずっと閉じこもっていると、外に出ると目がクラクラする。そこで30℃超え真昼間に自然教育園ウォーキングに2日間挑戦。いい感じに30℃超えに順応。しかし、今度は冷房27℃が寒くてしょうがない。困ったもんだ。
しかしながら、昨日今日(8/8, 9)、連日、37℃超で、いくら何でも自然教育園ウォーキング撮影は無理だよ。 おかげで、連日器作り4時間も格闘。しかし、撮影はこれからどうしようか??  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック