Sonyα7RIIとレンズ達 その1 中判レンズPentax 645 120mm macro-1

Sony α7RIIとレンズ達 その1 中判レンズPentax 645 120mm macro-1

7-14, 15に人間ドックを終了しました。今のところ特に大きな問題は無いようで、まだしばらくお酒を飲み続けることができそうです。とりあえずよかったよかった。
人間ドック前に中判カメラ用レンズPentax 645 120mm macroをSony alpha7RIIにつけて、ヤマユリをボケボケで撮る試みをダブルレンズアダプターの内一つをわすれて失敗。 7-16に再トライしてみました。しかし、予想通りヤマユリはほぼ終了していました。

以下、すべてSony alpha7RII + Pentax 645 120mm macroで撮影。このレンズは全開でF4ですが、フルサイズカメラに付けると強烈なボケが生じます。7-16での撮影は三脚を使っていますが、虫をとるには動き回るので三脚は無理で手持ちです。このレンズでの手持ちマクロ撮影は極めて難しい。それだけフォーカスポイントが極めて薄い。

0721-1.jpg

Pentax 645 120mm macro F4 はPentax 645 D時代の中判レンズで、現在のPentax 645Zに対応するマクロレンズはPentax 645 90mm macro F2.8 は40万円くらいします。この120mm は新品で14万円、中古で半値くらいですが、中古でなかなか出てきません。見つけたらすぐ買うということで、1年前くらいに買ったのですが、本格的に使い始めたのは最近です。 重たいですよ、Sony alpha7RIIに付けて実測1.64kg。pentaxv645Dに付けたら2.14kgになります

0721-2.jpg

中判カメラのイメージセンサーはフルサイズに対して約1.7倍、APS-Cに対して約3.6倍サイズがあります。フルサイズにつけるとセンサーイメージの一部を使っていることになります。

0721-3.jpg
ヤマユリ

0721-4.jpg
ミソハギ 
こういうボケ花をなんとか絵にしたいのです。とにかく、どんどんやるしかない。

0721-5.jpg

このレンズ何かリアルな迫力があるのです。

0721-6.jpg
ヤブカンゾウ

0721-7.jpg

見慣れたオオバギボウシの花なんですが、このレンズですと何か面白い。

0721-8.jpg

カラーをいじるともっと面白い。

Sony alpha7RII + Pentax 645 120mm macroはあんまりおもしろいので、連日これ一本で撮影してます。何回か連載しますので、そのインプレッションは後で書きましょう。

また明日。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック