自然教育園日記 その61 軽量機材で撮る-1

自然教育園日記 その61 軽量機材で撮る-1
2016-5-7. 8
まずはNikon1 V3 + Nikon1 70-300mmのMBC(Best Moment Capture)の良し悪しです。実測総重量、1.05Kgと1 kgを超すので、軽いとはいえませんが、これで実質810mmまでゆくのだから重さ的には上々でしょう。ピントさえ合えば、以下10枚の写真のように連続した飛び鳥が撮れます。いろいろな飛び鳥のフォームを容易に手に入れることができて、とっても便利。

kkt1.jpg

kkt2.jpg

kkt3.jpg

kkt4.jpg

kkt5.jpg

kkt6.jpg

kkt7.jpg

kkt8.jpg

kkt9.jpg

kkt10.jpg

kkt11.jpg

kkt12.jpg

kkt13.jpg

とこころが、このような複雑なバックの前にぽつんと被写体があると、どうやってもAFが合いません。BMCはAF、しかもカメラ指定のプログラム露出に限定されているので、全く自由が利きません。上の写真はBMCをやめて、シャッター速度優先プログラム、AF、30コマ/秒連写で撮ったものです。このプログラムだと、なぜかAFでピントを合わせることが可能になります。といってもスパッと合うということはありませんで、いろいろ押しなおしてやっと合わせるのですが。

kkt14.jpg

kkt15.jpg

kkt16.jpg

一つ上の写真で、カワセミが飛び込んだところでシャッターを押し、30コマ/秒で撮影。しかし、飛び鳥はファインダーから切れてしまいました。これはNikon1のファインダータイムラグが大きいことを意味しているとおもいます。つまりファインダーの絵が実体から遅れているためにいくら連射速度が速くても動体を外してしまうのです。Nikon1で飛び鳥を撮るにはBMCを使うしかないのです。ということは、カワセミ飛び鳥を撮るにはNikon1ではまず無理ということになります。

kkt17.jpg

kkt18.jpg

kkt19.jpg

遠くならBMCでもAFが合うときがありますが、表に出せる写真にはなりません。

続きは明日。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック