桜―2016 その3 靖国神社の桜の花の下で同期の桜を歌う会

2016-4-2
家内が<靖国神社の桜の花の下で同期の桜を歌う会>に参加するというので、千鳥ヶ淵の桜を撮ることも兼ねて靖国神社まで出かけました。

この会は戦争で亡くなった英霊が桜の咲く時に靖国神社に集まるのを、皆で英霊に祈りをささげ、歌を歌うという会です。毎年開かれ、今年で32回となります。家内は<靖国神社の桜の花の下で同期の桜を歌う会>に参加するようになって10年目になります。当方はただのお付き合い。一緒に歌うことはありません。その間は桜の撮影です。

しかし、戦争で亡くなった方を思う気持ちと、世界の平和を願う気持ちは十分持っています。

DSCF4005ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 12mm

靖国神社は大変な人の波です。むろん千鳥ヶ淵も半端でない人ごみです。

DSCF4029ver2.jpg
Sony alpha7RII + coBORG

<靖国神社の桜の花の下で同期の桜を歌う会>こんな感じ。100円で歌詞冊子を買って、軍歌を1時間歌いまくる。最後に同期の桜を歌う。

DSC04601ver2.jpg

前に陣取って旭日旗-キョクジツキを振るヤカラがいるので右翼団体と思われてもしょうがない。

DSCF4032ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 12mm

お驚くべきことに、これだけ多くの方が参加するのです。おそらく1000人以上いるでしょう。 前方には亡くなった方の写真をもった関係者が座っていますが、それ以外は年配の方ばかりではありません。若い方も数多く参加しているのです。しかも、みなさんよく軍歌を知っている。

DSCF4028ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 32mm

家内も1時間、立ったままで熱唱、次の日もまだ軍歌を口ずさんでいるのです。

DSCF3996ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 12mm

DSCF3997ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 12mm

桜、標準木のある靖国神社の境内です。これらの桜は、戦死された方の関係者が植えたと思われる、名札の付いた木が多数あります。

DSCF4003ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 12mm

靖国神社は奥に入ると、人は激減します。

DSCF3998ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 12mm

極東裁判で、参加した判事の中で、唯一この裁判の無効を主張したパール判事の像です。彼は、戦勝国の一方的な主張のみによって判決を行うのは裁判ではないという当然のことを言ったのです。

靖国神社の話は最後に書くとして、まずは平和に千鳥ヶ淵の桜を楽しみましょう。

DSCF4009ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 12mm

DSCF4011ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 12mm

DSCF4022ver2.jpg
Sony alpha7RII + coBORG

DSC04600ver2.jpg
Sony alpha7RII + coBORG

DSCF4024ver2.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss Touit 32mm

千鳥ヶ淵の桜はここのところ毎年訪ねます。また一年、生き残ることができたことを感謝して、桜を見るのです。

靖国神社を歩きながら、周囲の方の話を小耳にはさむと、
<靖国神社は右翼がいっぱい集まるところだよね、あの旗をふっているのは左翼だよね、いや違った右翼かな?ところで右翼、左翼ってなんだっけ?>という若者2人連れ。<人がいっぱい集まっているけど、今日は何のお祭りかしら、桜祭りなの?>というおばさん。

旭日旗-キョクジツキを振る、<靖国神社の桜の花の下で同期の桜を歌う会>。旭日旗とは大日本帝国「海軍の軍旗」です。 現在でも、自衛隊の船には旭日旗がはためいています。軍隊ではないといっておきながら、これも変な話です。

靖国神社へ来る一般の方は、大別して3種類の方がいるのでしょう。1、純粋に国のために戦死された方を追悼する人達。2、旭日旗、境内にあるゼロ戦、なにかしら戦うことをカッコイイとあこがれる人達。3、何だか知らないけれど有名だから来てみたという人達

靖国神社は戦いを賛美してもいい特別区だ、などと誰も言っていないのに、なぜか、
そんな雰囲気を醸し出す場になっている。
落ち着いて、戦死された方を追悼する場がほしい。
純粋に戦死された方を弔う場所と、旭日旗を振る場所とは分けてもらえないだろうか! 

<靖国神社の桜の花の下で同期の桜を歌う会>で旭日旗を振ってはいけないよ。
<戦死された方を弔う>ことと<戦うことをカッコイイとあこがれる>ことを混ぜてはいけないよ。
子供のころは飛行機のおもちゃを持って、ブーン、バリバリなんてやって遊んでいた。男の子は戦いが好きなのである。いや人は戦いが好きなのである。しかし、大人は、もっと大局的に考えて、それを理性で抑えて生きている。

誰もが、戦死された方を弔い、戦争を避ける理性の力を奮い立たせる場を作らなければ。
靖国神社の隣には、<無名戦没者を弔う場><千鳥ケ淵戦没者墓苑>がある。これをもっと拡大して、追悼の場をつくろう。

靖国神社ではなぜいけないとか、他国の内政干渉に屈してはいけないとか、年寄りたちが、ごちゃごちゃいっているが。これは年寄りの問題ではないのだ。若者に対してどうしたらいいかを考えなければいけない問題なのだ。年寄りたちが今もっともやらなければいけないのは、これからの若者に、過去を教え、未来をみせることだ。年寄りは若者をちっとも見ていない。まともに真正面から見られないのだ。
<追悼の場>は年寄りのために作るのではない、若者のために作るのだ。過去のために作るのではない、未来のために作るのだ。

自信を失った、戦後の年寄は、恥ずかしくて過去を語れず、どうしたらいいかわからずに未来を語れない。 ただただ働くだけ。 若者になにもいうことができずに、その隙に、何の抵抗もなく欧米の文化が若者に流れ込んだ。 世界の新しい流れはこうだとか、分かった顔で言いながら、実は何も考えずに、海外のマネをするヤカラが蔓延する。自分の考えがないから、トラの衣を着る。

みんな日本の文化と歴史を知らなすぎる。若者にちゃんと日本文化と日本の歴史を教えなくては。
未来は誰もわからない、それでも年寄りは過去を語り、未来を語るのだ、若者は年寄りの言葉を乗り越えて、自ら未来を作るのだ。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック