紅葉の自然教育園とレンズ達 その2

紅葉の自然教育園とレンズ達 その2

1、トリミングのSony FE 90mm macro (カメラはSony α7RII)
当方の写真テーマも陶芸テーマも昔から水や波や海です。
この前、日曜美術館でモネの晩年はテーマが水鏡に集中し、よく見るモネの睡蓮から、茫漠とした光と影の絵になってゆくことを知りました。その中にとても気に入った絵がありました。単純な線で抽象的に描いたものです。それをネットで見つけられないので、以下の絵で代用します(気に入った絵はこの三つの絵の中間くらいの抽象化かな?)。 モネの睡蓮はあまりに有名すぎて、当方はほとんど無視していたのですが、彼の晩年の作は、いま当方の追いかけていることにとっても近い。
  チーム・ラボの超主観空間、ニキ・ド・サンファルの色立体、モネ晩年の水鏡は今年の3大インパクトです。

Sony FE 90mm macroはきっちりと捉える為にある。ボケに頼らずに、茫漠とした実体をきっちりと捉える。このパラドックスに魅かれるのです。

rzt1.jpg
クロード・モネ

rzt2.jpg
クロード・モネ

rzt3.jpg
クロード・モネ

rzt4.jpg

rzt5.jpg

rzt6.jpg

rzt7.jpg

rzt8.jpg

rzt9.jpg

rzt10.jpg

rzt11.jpg

rzt12.jpg

rzt13.jpg

rzt14.jpg

rzt15.jpg

rzt16.jpg

rzt17.jpg

rzt18.jpg

rzt19.jpg

rzt20.jpg

rzt21.jpg

rzt22.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック