ピアニッシモからフォルテ ~その3 ダリア編-1~

ピアニッシモからフォルテ ~その3 ダリア編-1 ~

2015-10-6
今日は町田のダリア園に行ってみました。2時間もかかるのですが、なぜダリア園に行くのか、以下の写真を見ていただけばお分かりになるでしょう。

今日の写真は全て、Sony α7RII + Sony FE 90mm macroで、三脚を用いたMF撮影です。もっとも正統的マクロ撮影です。ファインダーで12.5倍の拡大でピントを合わせ、紙一枚の厚さくらいの焦点深度で撮影しています。ただし風が強く、なかなか風が止んでくれません。計3時間の撮影時間の2/3は風が弱まるのを待つ時間ということになります。風の中でのピント拡大は目がくらくらします。
自然の造形をサンプリングして、陶芸の題材にするやり方に、Sony α7RII + Sony FE 90mm macroは、さらに細密な視点を与えてくれました。当方にとって、三脚を用いたマクロMF撮影が必須な理由がお分かりいただけるでしょう。

dra1.jpg

dra2.jpg

dra3.jpg

dra4.jpg

dra5.jpg

dra6.jpg

dra7.jpg

dra8.jpg

dra9_201510071649224c3.jpg

dra10.jpg

いきなりアップですみません。ダリアがいかに造形の役に立つかを示したかったのです。
この規則的かつ不規則な連続性と色と形のバラエティーがはてしない興味を引き出してくれます。

こうやって書いてみると、当方の波や貝や葉っぱに対する興味はいずれも<規則的かつ不規則な連続性と色と形のバラエティー>であることがわかります。ブログを書くということはいいことですね、自分のやっていることが整理されてきます。

自然の造形のサンプリングから陶芸への投影、頭の中には道筋ができているのですが、実際の作品は目標に対して、まだ果てしなく遠い。ピアニッシモからフォルテ、もっと細密に、ピアニッシモからフォルテまで途切れることなくエネルギーを投入しなければ。

明日は、マクロレンズ、広角レンズ、大口径レンズでのダリア撮影比較を載せます。
お楽しみに。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック