ピアニッシモからフォルテ ~その1バルバラ・フリットリ~

ピアニッシモからフォルテ ~その1バルバラ・フリットリ~
2015-10-1
バルバラ・フリットリは2度目。イタリアで活躍中のオペラ・ソプラノ歌手。イタリア・オペラの新女王といわれる。
上手い。細かいニュアンスの表現を得意としつつ、さらに迫力のある声量を持っている。しかも常に極めて安定した歌を披露する。こまやかに、ピアニシモからフォルテまで、切れ目なくエネルギーの集中。さらに見た目も美しい。しかし当方は何時も目をつぶって聞く。上手い歌手の歌は、なにかしらの情景を浮かび上がらせてくれる。いつも陶芸でつくる形とか写真で撮るべき形とかが浮かんでくる。この前の、レオ・ヌッチの時の椿姫のプロバンスの陸と海はすでに器になった。今回もいくつかのアイデアを浮かばせてくれた。一つは花をどう表現するかである。最後の詰めがわからない。もうバラは飽きたとか、ダリアは飽きたとか言っている場合じゃない。もっと一つの花を何度も何度も撮らなくては。もう一段も二段も同じ花から何かを引き出さなくては。一つは、もっと一つ一つ細かく、繊細に、精密に、全体をバサッとつかむその次には、もっと精度を一段も二段も上げて、こまやかに、こまやかに。ピアニシモからフォルテまで、切れ目なくエネルギーの集中。この歌手はそう言っている。

bbf1.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf2.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf3.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf4.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf5.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf6.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf7.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf8.jpg
Olympus OM-D E-M1 + フォクトレンダーNokton 25mm F0.95

bbf9.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus M.Zuiko 75-300mm

bbf10.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus M.Zuiko 75-300mm

bbf11.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus M.Zuiko 75-300mm
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック