自然教育園日記 その44 真夏の風景

自然教育園日記 その44 真夏の風景

この暑さ、お手上げです。

mnf1.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダー NOKTON 50mm F1.5  フシグロセンノウ

mnf2.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダー NOKTON 50mm F1.5

今日も昨日に続いて35℃の中、フシグロセンノウだけは撮ろうと自然教育園に向かいました。これだけ暑いとフシグロセンノウはそう長くはもたないと思ったのです。薄暗い木影に一か所だけフシグロセンノウが咲いていて、何かいい考えはないかといろいろ試みてみましたが、結局これ以上撮り様がありません。撮影は3時半から5時のわずかな時間で歩きもせずに、フシグロセンノウだけを相手にしたのですが、その晩の水の飲み方と体温の状態から熱中症気味になっていることがわかりました。さすがに、しばらくは撮影は危険と思わざるをえません。(2015-7-31)

mnf3.jpg
Sony alpha7S + coBORG  ヤブラン

mnf4.jpg
Sony alpha7S + coBORG  キツネノカミソリとヤブラン

春は紫と黄色の花が多い、夏は紫とオレンジの花が多い。これは何故だろう?(2015-7-31)

mnf5.jpg
Sony alpha7S + coBORG  メジロ

mnf6.jpg
Sony alpha7S + coBORG  メジロとシジュウカラ

mnf7.jpg
Sony alpha7S + coBORG  メジロとシジュウカラ

突然、メジロ、シジュウカラ(おそらくコゲラ)が一か所に集まってさわいでいる。集団で水を飲んでいるようである。また、突然、全員消えていました。夏の小鳥たちはいつもこんな具合です。(2015-7-31)

mnf8_20150801192014fe9.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mm II

コミスジは羽をあまり大きく羽ばたかずに水平にして飛ぶことが多く、ヒンラリヒラリと頼りげないが、春はじっとしていない。初夏の今頃からは暑すぎるのでしょうか、結構止っているコミスジに出会うようになります。(2015-7-26)

nmf9.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーNOKTON 50mm F1.5  コバギボウシ

nmf10.jpg
Sony alpha7S + coBORG

チョウも暑くてフラフラ、水分を求めて地面に口をつっこみます。近付いても逃げようともしません。(2015-7-24)

nmf11.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーNOKTON 50mm F1.5

ミツガシワと入道雲。今日は入道雲が出ています。実際に帰りぎわに夕立と雷に襲われました。(2015-7-24)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック