ベルリン・フリー旅行 その3

ベルリン・フリー旅行 その3 ブランデンブルグ門からベルリン大聖堂へ

2015-5-26

このあと、ベルリンの中央公園、ティーア・ガルテンをちょっと歩いて、ブランデンブルグ門に向かいます。この公園の広さははんぱでなく、東西2km南北1kmほどの広さがあり、ほとんどが全くの森です。またまた、ドイツは森だという感を強くするのです。都心真っただ中の森として異彩を放つ自然教育園は約20ヘクタールですが、ティーア・ガルテンは210ヘクタールですから、なんと10倍の違いがあります。

bft41.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

bft42.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

bft44.jpg
Sony alpha7S +coBORG

森の中は鳥の声に溢れていますが、姿を見せるのは、自然教育園と変わらず、スズメ、ムクドリ、ツグミ、ヒヨドリ、カラスです。こちらのカラスは白黒ツートンカラーが結構いっぱいいる、正式名は知りません。ムナジロカラスというのかもしれません。

bft45.jpg
Sony alpha7S + coBORG

bft46.jpg
Canon IXY

bft47.jpg
Sony alpha7S + coBORG

ブランデンブルグ門に向かう途中に、突然戦車が現れました。

bft48.jpg
Sony alpha7S + coBORG

記念碑があり、花をたむけて、なにかの記念日のようです。看板を読むと、これはヒットラーからベルリンを開放したロシア軍兵士、戦死者の為の記念碑であり、ベルリンの春の一環として、祈りをささげる人が訪れているのでした。ここで、ベルリンにある、無視できないロシアの影に気づいたのです。東西の壁が崩壊した後にベルリンに残ったロシア人も多くいるのでしょう。ロシア語でしゃべる人達に少なからず出くわすのです。

bft49.jpg
Sony alpha7S + coBORG

bft50.jpg
Sony alpha7S + coBORG

bft51.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

ブランデンブルグ門につきました。パリの凱旋門とは比較にならない、門自体はどうということない門です。

bft52.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

bft53.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

しかし、その向こう側はベルリンの春のメイン会場らしく、なぜか何体もの馬のディスプレイが設置され、またいくつかの当時の写真のディスプレイが置かれています。いっぱい人が集まっており、ここで記念行事が行われるらしい盛り上がった雰囲気です。

bft54.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

bft55.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

bft56.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

我々はベルリンの春に付き合う時間的余裕はありません。直ぐ近くのユダヤ人犠牲者記念館に寄ります。

bft57.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

名前から受ける予想に反して、モダンなオープン建築物でした。ベルリンではユダヤ人の悲劇がモダンアートに昇華して、一見おだやかに、しかしかえってその映像が心に刻まれるのです。アートの持つ意味に改めて気付かされます。

bft58.jpg
Sony alpha7S + coBORG

ブランデンブルグ門から東に延びる<菩提樹の下>という意味のウンター・デン・リンデン通り、ベルリン・メイン・ストリートをベルリン大聖堂にむかって歩きます。

bft59.jpg
Sony alpha7S + coBORG

アンペルマン歩行者信号ごしのベルリン・テレビ塔

bft60.jpg
Sony alpha7S + coBORG

bft61_20150526185352a8c.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm アンペルマングッズ専門ショップ

東ドイツは消滅しましたが、その歩行者信号のアンペルマンは、あまりに可愛いので、歩行者信号として部分的に復活し、さらにアンペルマングッズはベルリンのお土産No1になっています。当方もアンペルマングッズを一つ買いました。もっと買うべきであったと、とっても後悔しています。

bft62.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーVintage line 50mm F1.5 Aspherical VM

途中でベルリン国立歌劇場に出会いますが、もろに工事中。

東ベルリンが西ベルリンと統合後、ベルリン国立歌劇場のオペラは名指揮者ダニエル・バレンボイムによって、飛躍的成長し、名だたるオペラの殿堂に大変身するのです。

bft63.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

バレンボイムとの2ショットでご満悦の家内。

bft64.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

いくつものバレンボイム、オペラ名場面ディスプレイが道端に飾ってあります。オペラは当方の得意分野でなく家内の独壇場なのですが、その音楽と舞台演出の作り出す総合芸術の持つ最高度の芸術性は当方にも少なからぬ影響を与えています。

bft65.jpg
Canon IXY

bft66.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

bft67.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

bft68.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

ウンター・デン・リンデン通りは運河を越えて、ベルリン大聖堂へ続きます。

bft69.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーVintage line 50mm F1.5 Aspherical VM

bft70.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm ベルリン大聖堂

bft71.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーVintage line 50mm F1.5 Aspherical VM

bft72.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーVintage line 50mm F1.5 Aspherical VM

bft73.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーVintage line 50mm F1.5 Aspherical VM

内部はいたってシンプル。バリバリ現役の寺院という感じで、日本の東本願寺みたいなもんです。

bft74.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーVintage line 50mm F1.5 Aspherical VM

入口に置いてあった、この物体はあまりに日本の古いお寺の入口に転がっている鬼瓦と似ているので、撮影。

bft75.jpg
Sony alpha7R + Sony/Zeiss 16-35mm

やっとこベルリン大聖堂ですよ。

また明日。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック