自然教育園日記 その21

2015-3-27

何度でもチャレンジです。

最近はこのスタイルで花撮りです。小さな花でもローアングルで撮れるし、片手で持ち運べるので、結構満足しています。

3-27-1.jpg
外部液晶モニター ADTECHNO CL5585H

ちなみに、撮影対象になっているのは、最近の当方の陶芸の傾向を表わす立体ホルム。

3-27-2.jpg
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダー F0.95 25mm

以下、この機材での撮影です。

3-27-3.jpg
カキドオシ(0.5cm以下の花です)

このフォクトレンダーF0.95 25mmは寄れるので、もうマクロはいらないと思ったのですが、後程出てくる60mm macroを見れば、だてにマクロという名が付いているのではないことがわかりました。

3-27-4.jpg
ヤマルリソウ これも0.5cm 程度の花

前回、花が全部傷んでいて失敗したヤマルリソウは、不思議なことにほとんどの花が回復していました。いつのまにか花が入れ代ったようです。これもびっくりの発見です。

3-27-5.jpg
ヤマルリソウ

3-27-6.jpg
タチツボスミレ

3-27-7.jpg
ラショウモンカズラ

3-27-8.jpg
ニリンソウ

3-27-9.jpg
カタクリ

カタクリの花をなるべく開放で撮ろうと思うのですが、F0.95まで開放にするとボケボケになってまとまらない。どこまで絞ったら面白い絵になるのか、色々試みる。

3-27-10.jpg

3-27-11.jpg

3-27-12.jpg
バイモ

3-27-13.jpg
バイモ
ここから、Olympus OM-D E-M1、こちらも負けてはいません。

3-27-14.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 60mm macro  カキドオシ

やはりマクロと一般のレンズとは臨場感が違うのです。

3-27-15.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 60mm macro  カキドオシ

0.5cm 程度の小さな花、カキドオシは意外に恐ろしげ花なのです。

3-27-16.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII 咲き始めた桜

明日から、4日間は色々用事があって、撮影できません。この間に満開になって、さらに桜が散ってしまうことはないでしょうね? 今年こそ、なんとか納得できる桜を撮ってみたいのです。

3-27-17.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII コブシとヒヨドリ

ヒヨドリはコブシの花をむしゃむしゃ食べてご機嫌なのです。ヒヨドリ飛び鳥とコブシの組みあわせを撮ろうと何度も試みているのですが、コブシを食べるに夢中で、なかなか飛びません。こちらが首が痛くなって休んでいるとプイッと飛ぶのです。ほんと大変なのです。

3-27-18.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII ムクドリ

ムクドリがどんどん増えています。帰り際に会ったムクドリ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック