自然教育園日記 その20

2015-3-25
今日は、思い切って軽量バージョンでトライです。
Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダーF0.95 25mm  (Olympus 60mm macroは持っていたけれど、今日は、たまたま載せる写真はなし、)。とOlympus OM-D E-M1 + coBORG これでおそらく2.5Kg以下でしょう。小型三脚、LEDランプとなんやかんやで、それでも6kgになるでしょうか(小型三脚をもっと軽くしなければ)。マイクロフォーサーズは全てが、扱いやすく、色々な試み(自由なアングル、10~30コマ/sec連写/4K Photo、持って行けるレンズの本数、レンズのバラエティー、MF アシスト等々)が出来、ルンルン気分で撮影ができる。今日の撮影の感想として、将来、プリントでなくてディスプレイで写真を見るのが常識になったら、マイクロフォーサーズが主役になると思わざるをえない。
申し訳ないけど、毎日毎日、花が散るまで、同じ被写体に何度もトライです。それでも少しずつ進歩していると思うのですが。

以下、Panasonic Lumix GH4 + フォクトレンダーF0.95 25mm
少しは、F0.95に慣れてきたようですが、どうでしょう?

3-25-1.jpg

3-25-2.jpg


3-25-3.jpg

3-25-4.jpg

3-25-5.jpg
コブシ

3-25-6.jpg

3-25-7.jpg

3-25-8.jpg

3-25-9.jpg

フォクトレンダーF 0.95シリーズに惚れそうです。F0.95 、10.5mm(実質21mm)が発売されるそうで、もうF0.95を全部揃えたくなりました。このヘリコイドの動きとボディー質感はマイクロフォーサーズをAFで揃えるなどという前言はすっとばしてしまい、フォクトレンダー・MF万歳です。


久しぶりに、Olympus O-M E-M1 + coBORGの登場です。もう鳥撮りは終了して、チョウに備えようというつもりでしたが、結局花撮りでした。しかし、coBORGの臨場感はやはりただ者で無い。マイクロフォーサーズに付けて、440mm、鳥撮りにはどうしても600mmが必要だ。きっと10万円を超える、Olympus 300mm 単焦点を待つより、フローライトレンズのBORGで300mmを調達してしまおうか? 

3-25-10.jpg

3-25-11.jpg

3-25-12.jpg


3-25-13.jpg

3-25-14.jpg


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック