自然教育園日記 その11

自然教育園日記 その11

2015-1-25

今日の羽ばたき

0125-1.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII メジロ

0125-2.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII メジロ

0125-3.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII メジロ

0125-4.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII ヒヨドリ

今日のユキワリイチゲ
0125-5.jpg
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 60mm macro

0125-6.jpg
Sony alpha7R + Zeiss Planar 100mm macro

0125-7.jpg
Sony alpha7R + Zeiss Planar 100mm macro

0125-8.jpg
Sony alpha7R + Zeiss touit 12mm

0125-9.jpg
Sony alpha7R + Zeiss touit 12mm

今日の風景
0125-10.jpg
Sony alpha7R + Zeiss touit 12mm


機材について
1、花撮りには、エーディテクノ5型CL5585H液晶モニターはやはり便利。つけっぱなしで1.5時間くらい撮影しているうちにバッテリーが無くなってしまいました。ON-OFFをこまめにやるか、予備バッテリーが必要です。
2、羽ばたき撮りには、Olympus 75-300mmIIのズームは便利。鳥の飛び出すスピードを考慮して、焦点距離を選択、動きの速いジロなぞ写角を広く撮ることが必要。 鳥撮りには実質600mmまで必要と考えるのが妥当という結論。これより望遠では鳥をファインダーで捉えるのが難しくなるので、常用はできない。
3、ガスレンジの跳ね汚れ防止アルミつい立350円で銀レフ板の代わりとしようとしたが、結局日光をさえぎって、影を作ることに使われたにすぎなかった。対象が遠くて近付けないからしょうがない。状況が適切であるなら、アルミつい立350円で十分と思います。
4、Olympus 60mm macro (実質120mm) はまずまずのデビュー、それなりに使えるでしょう。Zeiss tout 12mm (実質18mm) がそれなりに活躍。
5、倶楽部の方はニコン一眼レフやレンズが軽量化されたことが話題の中心。ミラーレスに移行した連中は、これだけ軽いなら、もう一度ニコン一眼レフに戻ろうかとマジに考えているようです。当方はまたニコンさんコロコロ変えている、ニコン・ユーザーは振り回されてお金がますますかかることになる。でも、お金持ちはドンドンか買えばいいのです。買う価値のある物が存在することは幸せなことです。当方にとって、ミラーレスは色々なマウントのレンズが使えるというメリットにはまっているわけで、お金はレンズにどんどん投入されることになるのです。Olympus 300mm Proは当分発売にならんでしょうから、 次なるターゲットはSony/Zeiss FE16-35mmでしょう。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック