Pentax FA limited レンズ3兄弟 その4

Pentax FA limited レンズ3兄弟 その4

大磯うつわの日で一つだけ新しい考え方を得ました。フラワーデザインです。<花の為にやきものを作る、やきものの為に花を生ける>。これは無限の自由があります。手元に假屋崎省吾のHANAGATAMIという本があります。彼は大変苦労をして、生け花の伝統を打ち破って自由を手に入れました。彼の作品はすばらしいと思います。どんな感じか分かってもらおうと思って、假屋崎省吾のHANAGATAMIより2,3コピーしてみました。ネットをみると結構<アンチ假屋崎省吾>の方がいらっしゃるのですね。伝統的華道を習得した方には、假屋崎氏の作品は受け入れがたいのでしょうか? 当方は2回世界らん展に行ったとき、色々な方がフラワーデザインを競っていました。その中でも假屋崎省吾のフラワーデザインは抜群という印象でした。というか、対抗する人がいない。フラワーデザインはまだまだ本物の層が薄いという感じがしたのです。<花の為にやきものを作る、やきものの為に花を生ける>これはとっても面白そうです。

skd45_convert_20141113205646.jpg

skd46_convert_20141113205714.jpg

skd47_convert_20141113205739.jpg

skd49.jpg

これ、当方の陶芸の作品の一つです。これは波の波紋を陶板にしたものです。元になる写真は御岳渓谷の写真です。黒土に白うわぐすりと白化粧を微妙に重ねています。写真で自然のエキスを吸い取り、そのエキスを陶板に描く。そんな流れでやっています。この流れからすると、陶芸の皆さんがやっている電動ロクロというシンメトリックな回転体にこだわる理由がまったくないので、陶板ばかり作っています。でも、<花の為にやきものを作る、やきものの為に花を生ける>と考えると、新しい立体の世界に入ってゆく必要があります。そのアイデアを自然から得ることを考えているのです。一つには、いまPentax FA limited 3兄弟で、自然から生け花のアイデアと切り取っています。もう一つ、自然から器の立体のアイデアをいただく策があります。いずれ<花の為にやきものを作る、やきものの為に花を生ける>が具体的形になったら、またブログにのせましょう。今日は昨日に続いてPentax FA31mm limited で生け花のアイデアです。

skd50.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA31mm limited

skd51.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA31mm limited

skd52.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA31mm limited

サルトリイバラの葉っぱはなぜか好きなので、種も仕掛けもない写真をのせます。関西ではこの葉っぱで柏餅をつくります。

skd53_convert_20141113205804.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA31mm limited

skd54.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA31mm limited

skd55.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA31mm limited

skd56.jpg
Sony alpha7R + Pentax FA31mm limited

Pentax FA31mm limitedを初めて使っていますが、予想通りの名レンズぶりを垣間見せています。

次に、またcoBORGを少し載せます。遠くても面白い図があると自由に切取れるということは、とってもうれしい。

skd57.jpg
Sony alpha6000 + TOMYTEC coBORG 220mm

skd58.jpg
Sony alpha6000 + TOMYTEC coBORG 220mm

skd59.jpg
Sony alpha6000 + TOMYTEC coBORG 220mm

skd60.jpg
Sony alpha6000 + TOMYTEC coBORG 220mm

skd61.jpg
Sony alpha6000 + TOMYTEC coBORG 220mm

最近、鳥たちが見えるところに姿を現し始めました。そういう季節になったのでしょうか。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック