鎌倉、晩夏の花  その1

鎌倉、晩夏の花 その1

2014-8-13
以前、京都、晩夏の花というブログを書きました。今日は鎌倉へ行ってみます。なんとなく光明寺のハスが見たくなったのです。昔、30年くらい前に逗子マリーナに拠点があって、よく遊びに行きました。逗子マリーナから、幽霊が出ると言う長いトンネルを抜けると材木座の海岸に出ます。そのトンネルを出たところに光明寺があって、その庭は鎌倉の寺には珍しくとても素敵なのです。

bkh1.jpg
ソニーα7R + コシナ・ツアイス・ディスタゴン18mm  光明寺

bkh2.jpg
ソニーα7R + コシナ・ツアイス・ディスタゴン18mm

bkh3.jpg
ソニーα7R + コシナ・ツアイス・ディスタゴン18mm

ハスは7月の花で、8月下旬となるともう名残のハスです。でもハスは花ばかりでなくその葉っぱのホルムがなんとも天国的魅力があります。

bkh4.jpg
ソニーα7R + コシナ・ツアイス・プラナー100mm Macro

ツアイス・プラナー100mm macroの端正な絵は他の追従を許しません。

bkh5.jpg
ソニーα7R + コシナ・ツアイス・プラナー100mm Macro

bkh6.jpg
ソニーα7R + ソニー・ツアイス・FE 35mm

ソニー・ツアイス・FE 35mmはとてもいいレンズです。フルサイズでAFで超軽い。これもなにか不思議な、端正な絵を作ります。

bkh7.jpg
ソニーα7R + ソニー・ツアイス・FE 35mm

bkh8.jpg
ソニーα6000 + coBORG

coBORGのせいか、 ソニーα6000のせいかわかりませんが、今回の絵は少し色に問題があります。修正しているのですが、面倒になって、充分な修正ができていません。それでもcoBORGの不思議な魅力は充分発揮されていると思います。ソニーα6000 + coBORGのライトバージョンを使っていると、重たいソニーやニコンやツアイスの望遠レンズを使う気がおきません。オモチャのcoBORGがそうそうたる連中を蹴散らしてしまったことは驚くべきことです。

bkh9.jpg
ソニーα6000 + coBORG

bkh10.jpg
ソニーα6000 + coBORG

bkh11.jpg
ソニーα6000 + coBORG

bkh12.jpg
ソニーα7R + ソニー・ツアイス・FE 35mm

晩夏の花、ノウゼンカツラ。 鎌倉ではお寺の花だけを撮るのではなく、一般の家から覗く花々をこまめに撮ってゆくことが大事です。一般の家の花も十分きれいなのです。

bkh13.jpg
ソニーα7R + ソニー・ツアイス・FE 35mm

材木座の海岸は平日なのににぎわっていました。撮影と泳ぎは両立しませんから、泳がなくなってからもう何年たつのでしょうか。でも、まだ完全に泳ぎを捨ててしまったとはおもっていません。沖縄に小さな拠点を構えて、潜りながら撮影したり、陶芸をやったりする夢は捨ててはいません。

bkh14.jpg
ソニーα6000 + coBORG

bkh15.jpg
ソニーα7R + ソニー・ツアイス・FE 35mm

材木座にはこのような不思議な店が点在します。

bkh16.jpg
ソニーα7R + ソニー・ツアイス・FE 35mm

たしか、この材木座の魚屋さんで、いつも地場の魚を買って食べていました。ここのおばさんが鯵をおろすのを見て、学んだので、当方の鯵のおろし方はここのオバサンが師匠です。今日もおばさんがいました。ほんとうにあの時のオバサンなのでしょうか?30年経っているのです。あの頃と、いまの私とそう変わったとは思えないのですが、オバサンも変わってないのかもしれません。こんなタイムスリップがしたくで、今日はここに来たのです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック