最近のカメラ事情 その6

最近のカメラ事情 その6
2014年4月15日
地味公園に入り浸っているので、ちょっと気分を変えて、カメラ談義。これまでに使ってみた経験を基に、5種の特徴的カメラの感想を書いてみます。多分に当方の主観が入っていますが、その方が面白いでしょう。

ソニーα7R
フルサイズ・ミラーレス 
軽量・画質/フルサイズの2点に集中、他は切り捨て。Zeissレンズとの相性抜群。JPEGが好き。
欠点:レンズラインアップ整備が遅いし、面白いレンズはオールドレンズで対応するしかない。動き物は無視

富士フィルムX-T1
APS-C・ミラーレス
画質指向だが、これ一台で満足を目指す。高感度特性良し
欠点:特にない。当方にとってはフジノン・レンズの色調がもっともらしくて嫌い(他にこう言っている人は一人もいないので、買おうと思っている方はご安心を)

オリンパス OM-D E-M1(M-5しか持っていないので、M-1は推測です。)
マイクロフォーサーズ・ミラーレス
動き回って撮る為のカメラ(撮るための機能が良く備わっている)、全ての機能が軽快に動く。レンズがよりどりみどり。
欠点:特にない。画質で特に感動しない。M5の画質は感心しない、特に高感度領域

ニコンD800E
一眼レフ
全ての要求を叩き込であり、全てに対応できる   
欠点:重たい、レンズその他の機材がすべて重たい上に、高価になる。動き回って撮るのはしんどい。JPEGでは絵にならない、RAW現像前提。

ペンタックスK5
一眼レフ
機能、重さ、価格全てがほどほどに丁度良く、使う人に親切なカメラ。レンズその他の
機材も同様。
欠点:なんでも一番が好きな人は住めない

カメラ事情

ミラーレス買う人は何種類も買ったらいい。軽いし、みな特徴をとがらせていて面白い。1台に絞りたいなら富士フィルムX-T1、2台ならソニーα7RとオリンパスOM-D E-M1、ついでにソニーα6000。ミラーレスが嫌いな人は、やっぱりキャノン+白ペンキズームが無難。ニコンD800Eは相当な覚悟なしには入り込まない方がいい。ペンタックスはいいカメラ。
今、当方が興味あるのはソニーα6000の高速AFとニコ1 AW1での水中撮影。レンズは小さなBORG(コボーグ)、ソニーFE 55mm、フォクトレンダーのとびきり明るいレンズ。
明日はいい天気、地味公園をはなれて、昭和記念公園にチューリップを撮りに行こう。miniBORG60EDを持って行くぞ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック