BORGの春 その5 ~地味公園の春 その3~

BORGの春 その5 ~地味公園の春 その3~

BORGの話をしているのですから、BORGの写真を載せなければ。

spr18.jpg

富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDです。通常の遠距離撮影時で、ドローチューブ(カメラに近い真鍮ねじのついているチューブ)を一番短くした時です。これで実質、753mm、F8.2固定。重さ約1kg。レンズ+カメラで1.5kg以内に収めるというのが当方の方針で、それでminiBORG 60EDを選んだわけです。この全セットで約95000円(本体は約80000円+アダプター類)だったかな。

spr19.jpg

富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDで、近くを撮る時は、ドローチューブをのばします。後はヘリコイドで焦点を合わせます。

spr20.jpg

オリンパス OM-D E-M5+miniBORG 60ED これで実質、980mm、F8.2固定。

spr21.jpg

鳥撮りに使う時は、白い胴鏡や真鍮のネジが目立つので、皆さん迷彩カバーをつけています。当方はケチって、自分の靴下を切ってカバーにしています。

spr22.jpg

ばらすと少なくともこれだけにばらけます(もっとばらける)前方の4つが意味ある部分で、トップにレンズが入っています。後半の4つは距離を調節するアダプターリング類で、最後がカメラに合わせたマウントアダプターです。ちょっと大きめのが1.4倍テレコンバーターで、他のアダプターはスペースを調節するアダプターで、カメラに合わせて、長さを調節しているようです。もともと一眼レフ用に開発されたので、ミラーレスのためにアダプターを色々組み合わせてちょうといい距離にするようです。富士フィルムX-T1とオリンパスOM-D E-M5は最後のマウントアダプターだけを交換すればいいのです。トップのレンズを色々変えると、色々な焦点距離や明るさの望遠鏡レンズに変身します(それに伴って、他の部品も色々細かい変更が必要な場合があるようですが)。ED(特殊低分散)ガラスを使ったEDレンズシリーズ、さらに高級なフローライトレンズをつかったFLシリーズがあります。焦点距離を落とすレデューサーとか絞りとか、いろいろなパーツがあって、はまる人は、それらを組み合わせて楽しんでいます。おそらく最大で1680mm(マイクロフォーサーズ使用時)で、価格は20万円くらいでしょう。最小で300mm、15000円程度。

spr23.jpg

比較に、富士フィルムX-T1+フジノン55-200mmを載せます。 実質、最大300mmで、300mmの時はF4.8になります。BORGにくらべるとカメラらしくて、落ち着くでしょう。

spr24.jpg

でも、300mmの時はこんな雰囲気の長さですが、重量は580gですから、比較すれば軽い。価格は56000円(最安値)。
あとは、みなさん、撮った写真を見て、BORGが意味あるか判断してください。

spr25_convert_20140405161123.jpg
ソニーα7R+ソニー・ツアイス・プラナー135mm

spr26.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60ED コゲラ

spr27_convert_20140405161144.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60ED コゲラ

だんだんコゲラを見つけるのが上手くなってきました。

spr28.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60ED ツグミ

spr29.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60ED

spr30.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60ED ヒトリシズカ

spr31_convert_20140405161203.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60ED ニリンソウ

以下はちょっと古い3月26日、28日撮影

spr32_convert_20140405161225.jpg
ソニーα7R + ツアイス・プラナー100mm macro X 1.4  アセビ

spr33.jpg
オリンパスOM-D E-M5+miniBORG 60ED タチツボスミレ

spr34.jpg
オリンパスOM-D E-M5+miniBORG 60ED  バイモ

spr35.jpg
オリンパスOM-D E-M5+miniBORG 60ED  シジュウカラ

spr36.jpg
オリンパスOM-D E-M5+miniBORG 60ED  カルガモ

spr37.jpg
オリンパスOM-D E-M5+miniBORG 60ED コサギ

オリンパスOM-D E-M5+miniBORG 60EDより、富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDの方がいつのまにか採用する絵が多くなります。画質がいいというか、絵に勢いがあるといいましょうか。それで、最近、富士フィルムX-T1を見直すようになりました。一方、ソニーα7R+αマウント・ツアイスレンズ群は重たくて、くたびれてきました。富士フィルムX-T1と軽いXマウント・レンズ群の組み合わせが一番楽ちんにいい絵が撮れる気がします。AFの軽快な撮影は富士フィルムX-T1、ソニーα7RはMFオールドレンズの母艦にして、凝った撮影をするのが一番向いていると考え始めています。どうですか、BORGも存在価値があると思いませんか。  今日4月4日は富士フィルムX-T1+55-200mm中心に皇居の桜を攻めてみました。 BORGと比較してみましょう。後程アップします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック