目黒自然教育園写真クラブ写真展に向けて その11

目黒自然教育園写真クラブ写真展にむけて その11 BORGの使い心地―2
(正式名 白金自然写真クラブ)

BORGの続きです。

borg17.jpg
オリンパスOM-D E-M5+miniBORG 60EDx1.4

カワラヒワ(と思うのですが???)が集まっていました。スズメ焼きのように連なっています。 
一応、BORGは使えるようです。当初、シャッタースピードを1600分の1(途中から1000分の1) に設定して、ISO感度限界を1600としていたので撮影の半分は露出不足で、撮影後に修正しています。暗い所は修正不可能で、真っ暗でした。ISO感度限界を1600では無理なようです。

ここからカメラとレンズが変わります。

borg18.jpg
ソニーα7R+ツアイス・プラナー50mm x1.4  カタクリ

borg19.jpg
ソニーα7R+ツアイス・プラナー50mm x1.4

今日はツアイス・マクロをもってきていない。ツアイス・プラナー50mmを久しぶりに使ってみようと、それをx1.4テレコで、70mm中望遠として使えないかを試して見たのです。中望遠としては使えるようですが、ツアイス・プラナー100mm macroの代わりというわけにはいかない感じがします。


2014年3月22日(土曜日)
borg20.jpg

富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

昨日は、オリンパスOM-D E-M5ではISO感度が不足して、写真が真っ暗になって修正不可能な場面がいくつか出てきました。そこで今日はBORGに高感度特性に優れた富士フィルムX-T1を付けてみました。必要に応じてISO 6400までもってゆきます。 APS-Cですから、実質753mmに落ちますが、オリンパスOM-D E-M5に比して高感度特性と画質は富士フィルムX-T1がまさります。
50~70mむこうのカメをBORGで撮影。カワセミを探せど、姿は見えず。ここは水鳥の池ですが、ヒョウタン池にカワセミの巣があって、あちこちに出没するという話をききました。

borg21.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4  ウメ

borg22.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

メジロさんだけは、いつも遊んでくれる。

borg23.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

白金写真クラブの方は、すでに鳥撮りからチョウ撮りに主眼を移行しているらしい。孵化したチョウが鳥にいじめられて、ぼろぼろになる前に撮影してしまおうという魂胆らしい。

borg24.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4 アマナ

borg25.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4  カタクリ

borg26.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4
 
ヒヨドリばかりが現れる。小さい鳥はどこへ行ったのだろうか??

borg27.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

borg28_convert_20140324195144.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

borg29.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

borg30.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

下の絵をトリミングで拡大。 下の絵も50~70mくらい離れたところをBORG 980mmがとっているのです。ルリビタキのテリトリーなのですが、どうもルリビタキではなさそうです。

borg31.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

borg33.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

これも超トリミング。  これが、きっとツグミなのでしょう。
ここのところ、ルリビタキのテリトリーにルリビタキは出てこないで、ツグミがうろうろしている。

borg34.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

borg35.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

borg37.jpg
富士フィルムX-T1+miniBORG 60EDx1.4

今はムクドリ、ヒヨドリ、ツグミの天下らしい。 これはどう見てもムクドリ。これでまた、自然公園の住人を一人認識しました。


続きはまた明日。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック