海撮り放浪記-2014 その4 

海撮り放浪記 その4
城ケ島(2014-1-13)

jsp20.jpg
ソニーα7R +コシナ・ツアイス・ディスタゴン18mm

城ケ島公園下の岩礁にはウォーキングコースがあり、今回初めて歩いてみました。たいした距離ではありませんが、見ごたえのあるコースです。都心から一時間半でこのような、荒らされていない岩礁があるとは思ってもいませんでした。

jsp21.jpg
ソニーα7R +コシナ・ツアイス・ディスタゴン18mm

jsp22.jpg
ソニーα7R +コシナ・ツアイス・ディスタゴン18mm トリミング

jsp24.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ゾナー135mm

ウミウ展望台からみるウミウの崖をちょうど裏手から見る形になります。

jsp25.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ゾナー135mm X2 トリミング

jsp26.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ゾナー135mm

その下の浜は魅力的。そこまでの道があるのですが、今日は水没しています。夏なら間違いなく、泳いで行けます。

jsp27_convert_20140118202952.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ゾナー135mm

jsp28.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ゾナー135mm

城ケ島公園にもどって、いつものコースをゆけば、ウミウ展望台からいつものウミウ崖が見えます。さきほどの表側になります。

jsp29.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ゾナー135mm

城ケ島灯台にむかう道は、年末に撮影したのですっとばします。途中で、以前見つけた、潮吹きタイドプールに出くわしました。今度こそきちんと撮影するぞと思ったのですが、今日は波が低くて、潮吹きがほんの少しのショボイ状態です。そうとう粘ったのですが、いくら待っても撮影できるような潮吹きはありませんでした。潮吹きタイドプールというのは、岩の間に波が当たると、勢い良く潮が吹き、タイドプールに海水が流れ込む様が魅力的な、当方が発見した秘密の場所なのです。

jsp30.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ゾナー135mm トリミング

jsp31_convert_20140118203013.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ディスタゴン24mm

白秋碑前から歩きはじめると、食べる所がありません。城ケ島灯台前まできてやっと食事にありつくことが出来ます。すでに14時半ころですが、いつものように海辺のレストラン磯香瀬(イゾカゼ)でイカの丸焼きに冷酒を一杯。

jsp32.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ディスタゴン24mm

右端に見える城ケ島ホテルのまえにちょこんと見えるのがレストラン磯香瀬。別に推薦というわけではありませんが、海に一番近いので、いつもここで食べる習慣になっています(値段は、城ケ島バス停前のほうが安そうです)。

jsp33.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ディスタゴン24mm

いつもの海景色を撮って、今日はまっすぐ帰らずに、三崎港の産直センター<うらり>で買い物。アオサとシラスを買いました。以前美味しかったので、三崎港バス停前の魚屋でイワシの干したのと小アジの干物を買いましたが、今回はハズレでした。今回は魚があまり新しくなかったようです。 ご飯にアオサとシラス、味の素と醤油をかけて食べるとこれまた美味しいということはすでに書きました。特に冬のアオサは予想するような青臭さがなくて、美味しいですよ、推薦です。

jsp34.jpg
ソニーα7R +ソニー・ツアイス・ゾナー135mm

三崎港の夕暮れをみながら、城ケ島は海撮りのコストパフォーマンス第一位と満足して帰路につきました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック