ソニーα7R vs富士フィルムX-E1 その1

ソニーα7R vs富士フィルムX-E1
袋田の滝編 その1

今日(2013年11月1日)は、これまでのミラーレス最強2台体制の初心に戻って、レンズをツアイス・ディスゴン18mmとツアイス・プラナー100mm macroの2本を中心に、カメラは富士フィルムX-E1、2台という組み合わせにしました。一部、ツアイスtouit 32mmとフジノン55-200mmがAF助っ人として参加します。
軽いフルサイズミラーレスソニーα7Rを購入してから、富士フィルムX-E1の存在が脅かされてきました。この時は、富士フィルムX-E1、2台体制でバンバン行こうと思っていました。それからすぐ後に大異変、ソニーα7R、2台体制が開始されたのです。ソニーα7R vs富士フィルムX-E1の対決はこの袋田の滝編の最後に議論します。

  袋田の滝は茨城県、常磐線水戸駅から東北本線郡山駅に向かう水郡線の途中、袋田駅で下車して、バスあるいは徒歩で袋田の滝へ向かいます。特急を使っても袋田駅まで3時間はかかります。水郡線は途中までやたら常陸(ヒタチ)XXXという駅名が続くところが面白い。このあたりに家内の親戚があって、親が疎開していたために、子供のころ訪ねた思い出がある所という縁があります。東京生まれ育ちの家内にとっては唯一の田舎の思い出なのでしょう。しきりに懐かしがっていました。
  袋田駅からバスで袋田の滝に着きました。みなさん袋田の滝の紅葉をねらって集まって来ています。観光バスもぞくぞくと到着。

fkd1.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

fkd2.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

fkd3.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・プラナー100mm macro

皆さんはどう思うかしりませんが、ツアイス・プラナー100mm macroは、当方にとって何とも言えないテイストを感じる愛すべきレンズなのです。

fkd4_convert_20131216192052.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・プラナー100mm macro

fkd5_convert_20131216192120.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

fkd6.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

fkd7.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・ディスタゴン18mm

fkd8.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイス・プラナー100mm macro



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック