奥日光、紅葉の旅、富士フィルムX-E1 2台体制の成果は? その3

奥日光、紅葉の旅、富士フィルムX-E1 2台体制の成果は? その3

今日は、とうとう、マップカメラでフルサイズミラーレス、ソニーα7Rボディーを入手しました。キープしていたKマウントの8割と、ペンタックスK5を下取りに出したら、新品ソニーα7Rボディーを買って、さらにおつりが来ました。ポンコツニコンズーム2本はカメラのキタムラ、A店で総計2800円と言われたのが、そこから5分のカメラのキタムラB店で総計4000円と言われて嬉しくなって売ってしまいました。こんな小さなことなのに、これでがぜん気をよくしました。さらに、マップカメラで予想よりずっと高値を提示してくれたので、思わず、持って行ったKマウントを全部売ってしまったのです。少しは残そうと思っていたのに、こういう結果になりました。これで、当方のレンズ収納ボックスはスカスカで、スッキリです。こうなったら、徹底的に攻めの姿勢でゆきましょう。 あまり好みで無い、使用頻度の少ないレンズは皆売って、本当に欲しいと思っているレンズを買いましょう。ニコン大三元ズームも例外ではありません。さあ、これから大変だ。ソニーα7R中心に大改革が起きるのです。
1、ズーム、AFはミラーレスAPS-C、富士フィルムX-E1へ集中。
2、フルサイズ、ニコンD800Eとソニーα7Rにはなるべく共通の単焦点レンズ。MF中心に攻める。
3、ツアイスとフォクトレンダーを中心に検討。

確定したらお知らせします。当面、ソニーα7Rボディーは、当分デビュー待ちで箱の中。


さて、奥日光湯滝です。急な階段を湯滝にそって下りながら撮影。

okn25.jpg
ツアイス touit 32mm

okn26_convert_20131117201048.jpg
ツアイス touit 32mm

okn27.jpg
フジノン55-200m

okn28.jpg
フジノン55-200m

okn29_convert_20131117201117.jpg
シグマ8-16mm

滝の下まで降りて、シグマ8-16mmに代えて撮影しましたが、白飛びしてしまいました。

okn30_convert_20131117201143.jpg
フジノン55-200mm

湯滝は初めて見ましたが、とても素敵な滝です。


okn31_convert_20131117201207.jpg
ツアイスtouit 32mm

okn32_20131117202357139.jpg
ツアイスtouit 32mm

okn33_20131117202356b02.jpg
フジノン55-200mm

湯滝の下の散策コース。

okn34.jpg
フジノン55-200mm

湯滝散策コースの先に小滝があります。誰もいなくて、小さいけれどいい滝です。

okn35.jpg
フジノン55-200mm

okn36_convert_20131117201259.jpg
フジノン55-200mm

しばらく湯川にそって歩きます。

okn37.jpg
フジノン55-200mm

湯川のほとりで、東武日光駅前で買った湯葉饅頭を食べて一休み。 店で揚げている湯葉饅頭は結構おいしい。

okn38_convert_20131117201323.jpg
フジノン55-200mm

okn39.jpg
フジノン55-200mm

今日はここまで

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック