ニコンD800E+ニコン・オールド単焦点レンズで撮る  その2

ニコンD800E+ニコン・オールド単焦点レンズで撮る その2

新宿御苑の続きです。
今日、カメラ雑誌を読んでいたら、ニコンD800に関してのコメントがいくつか出ていました。1、気分的に重たいカメラ。これをどう克服するか? 2、いつも持ち出さなくても、勝負どころで持ち出す為に存在しているのだ。3、周囲の機材を思い切って買わないと意味ない。レンズもグダグダ言わずに、決心して大三元ズームを買ってしまえ。
ニコンD800に関する感想は、当方の思っていることと同じです。大三元ズームを買ってしまえといった人は本当に自分でニコンD800と大三元ズームを持っているのでしょうか?
結局これだけでは済まないですから、400mmクラスを買い足せば総計100万円で、PCやプリンターで50万円、総計150万円。資金に関しては、お金をためて買えばいいだけですが、当方が問題にしているのは、先行投資150万円しなければその価値を理解できないように最初からセッティングされているということです。価値がわかれば投資しますが、分からないのに、とにかく投資せよというニコンさんと雑誌の評論家さんの語り口は傲慢でしょ。ツアイスのレンズに150万円投資してもいいですよ、その価値が分かっていますから。でも最初は5万円のコシナ・ツアイス50mmから始まったのです。少しずつ、少しずつツアイスを理解していったのです。ニコンD800Eに関して、ニコン・オールドレンズにこだわっているのは、先行投資150万円をあたりまえといって強要するニコンさんといい加減な評論家の態度が間違っていると思うからです。もっと問題にしていることがあります。資金は時間をかけて貯めればいいのですが、ニコンD800と大三元ズームと三脚で最低総計7kg。これで野山を歩くのですか。7Kgは時間をかけても減りません。非現実的ですよ。ニコンの行き方には、わけわからず150万円先行投資するほどの<センス>が感じられないのです。ですから、一本、2万円から3万円台のニコン・オールドレンズから出発するのです。

kr15.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

kr16.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

kr17.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

この不思議な世界は、京都の歓修寺(かじゅうじ)で出会ったハス池(氷室の池)を思い起こします。木々のシルエットの間から別の世界を覗いているような、ぼーっとした好奇心がわいてくるのです。

kr18_convert_20130821203853.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

kr19.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

kr20.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

池の住人達にはそれぞれの世界があって、秘密の世界をちょっと覗かせてもらっているという感じがします。

kr21.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

公園には人という住人にもそれぞれの世界があって、これもぼーっとのぞいてみましょう。

kr22.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

kr23.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

kr24.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

kr25.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

kr26.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR ED AF300mm 1:4

強烈な光と静けさの対比は、結構楽しいひと時でした。


8月18日  葛西臨海公園は森がありません。まずは水族館に逃げ込まないと熱中症になってしまいます。

kr27.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR AF 35mm 1:2 D

kr28.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR AF 35mm 1:2 D

kr29.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR AF 35mm 1:2 D

kr30.jpg
ニコンD800E+ニコンNIKKOR AF 35mm 1:2 D
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック