ミュンヘンからワーグナー巡礼の旅 その10

ミュンヘンからワーグナー巡礼の旅
~ツアイス・touit 32mm/富士フィルムX-E1旅カメラの巻~  その10

mc215.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

かの有名なるビアホール、ホーフブロイハウスに入ります。

mc216.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc217.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

白ソーセージとポークソテー。ビールはまたよくわからないので、本に出ていたもの、ミュンヘナーキルドンヴァイスビア(このビールは以前HBが特許を持っていたそうです)をたのみます。まずまずのビールで2杯も飲んでしまいました。白ソーセジはおいしいですね。

mc218.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・100mm macro

ホーフブロイハウスには伝説があります。
アロイス・ヒンゲルはホーフブロイハウスの常連でした。死んで天国に行っても、ミュンヘンがなつかしく天国にどうしてもなじめませんでした。あまり文句をいうので神様がバイエルン政府にたいするミッションを持たせて彼をミュンヘンに帰しました。ミュンヘンに着くと彼は神様からの指令を忘れてホーフブロイハウスに直行しました。ここで彼はやっと心の安らぎを感じてビールを一杯、また一杯と楽しみずっと飲み続けています。そういう訳でバイエルン政府は未だに神様からのことづてを待っているのです。

mc219.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

レジデンツにもどります。

mc220.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

まずは、アンテックヴァリウムというホールが目を引きます。

mc221_20130705193339.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc222_convert_20130705192716.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc223.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc224.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

この後は部屋や宝物がありすぎて、何が何だかわかりません。第二次世界大戦で大きな被害を受けたものの、40年の歳月をかけて入念な修復工事を行ない、ほぼ元の姿を取り戻したというところがすごい。とても修復建築物とは思えない豪華さと入念さです。早く江戸城を再建しなくては。なぜなんだ、日本で江戸城再建の声がとんでもなく小さいのは。

mc225_convert_20130705192752.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc226.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc227_convert_20130705192823.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc228.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc229_20130705193712.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc230_20130705193711.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc231_20130705193711.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

一旦外に出て、レジデンツのオペラハウスに入ります。

mc232_20130705193710.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc233_20130705193710.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc234_20130705193709.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

レジデンツの中のオペラハウス。キュベリエ・シアター。

mc235.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

クラシックな舞台客席の前のホールはモダンなガラス張り天井になっています。

mc236.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc237.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

現役の立派なオペラハウスです。

mc238.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

さて、次は新市庁舎です。ドイツ周遊ツアーでミュンヘンに行くとこの新市庁舎だけ見て次の街に行くそうで、ここはそれだけミュンヘンの中心なのです。確かに、新市庁舎の前のマリエン広場はミュンヘンの臍という感じでにぎわっています。

mc239.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc240_convert_20130705192855.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

我々はツアーでは絶対に訪れ無いであろう、新市庁舎の塔にエレベーターで登ります。 ミュンヘンの全景を撮って見たかったからです。
上からの眺めはまた明日。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック