ミュンヘンからワーグナー巡礼の旅  その4

ミュンヘンからワーグナー巡礼の旅
~ツアイス・touit 32mm/富士フィルムX-E1旅カメラの巻~  その4

ミッテンバルト駅を横切って町中に入ります。

mc82.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

駅に止っているトラックも何となくかっこいい。

mc83.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

ミッテンバルトの駅を横切る時に、民族衣装の集団にでくわしました。インスブルックでなにかお祭りがあるようです。この土日にはミュンヘンでも民族衣装を着た人が集まってお祭りがあるといっていました。当方、明日はバイロイトですから、お祭りは無しです。

mc84.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

ミッテンバルト駅とカルベンデル山。

mc85.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

町中に入ってきました。

mc86.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc87.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

mc88.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

町中で、地球の歩き方で推薦していた店、アルペンローゼ(一件しか書いてない)に入って、ドイツ料理とビールで一休み。

mc89.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

これで、小食の人向けのソーセージ・メニュー、手前はザウワーブラーテン(豚肉の煮込み料理)、まるっこいポテトのクニューデルが顔をのぞかせています。

mc90_convert_20130629175050.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

デザートはアプフェルシュトゥリューデル(リンゴのパイ風)。ここで黒ビールをたのんだのですが、冷えていなくて、またはずれでした。今日は暑くて、充分冷やす間がなかったのかもしれません。後で、近くにビールの醸造所があり、ここでビールが飲めるということを知りました、こちらにすればよかった。

mc91_convert_20130629175117.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

アルペンローゼで定点観測。とても暑いので、あまり歩き回る気がおきません。天気は晴れたり、にわか雨がふったり、安定しません。

mc92_convert_20130629175145.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc93.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

mc94.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・100mm macro

mc95_convert_20130629175212.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・100mm macro

家内がつくづく言っていましたが、これほど太った人が集まっている町は初めてであると。確かに、ソーセージとビールで極限まで太ったお年寄りがこの楽しく美しい街で平和な時を過ごす為に集まってくるのでしょう。自分の体重の半分をお腹に巻いた人はざらで、一人分をまいた男性、女性もちらほらいます。ほんとうにご苦労様としか言えません。

mc96_convert_20130629175239.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・100mm macro

mc97.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc98_convert_20130629175306.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス・ディスタゴン18mm

mc99.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

これは望遠レンズではありません、ツアイスtouit 32mmです。このように建物越しに見えるアルプスの眺めがこの街のお宝です。

mc100.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

mc101_convert_20130629175331.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

正面がミッテンバルトの駅。このまっすぐな道で町中へ入ってゆくのです。


mc102.jpg
富士フィルムX-E1+ツアイスtouit 32mm 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック