ニコンD800E VS 富士フィルムX-E1  その2

ニコンD800E VS 富士フィルムX-E1  その2

今日はサンシュユ・マンサク対決から。

nf18.jpg
ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED サンシュユ

nf19.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D サンシュユ

nf20_convert_20130311205145.jpg
ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED  マンサク

nf21.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D マンサク

この対決はカメラの対決というよりはマクロレンズの勝利ですね。

桜対決
驚いたことに、日本庭園を中心として色々な桜がもう満開です。カンザクラの下では、外国の方も大喜び、日本の赤ちゃん連れのお母さんも大喜び、みんなで写真を撮って、もう完全に春の気分です。

nf22.jpg
ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED ヨコハマヒザクラ

nf23.jpg
富士フィルムX-E1+ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4D ヨコハマヒザクラ

nf24.jpg
ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED ヨコハマヒザクラ

nf25.jpg
ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED カンザクラ

nf26.jpg
ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED カンザクラ

nf27.jpg
ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED カワズサクラ(?)

nf28.jpg
ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED カワズサクラ(?)

nf29.jpg
ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED  紅梅

帰り道の紅梅を最後に、第一ラウンドは終了。 ニコンは撮り方をマスターしていないから、結構、スッタモンダしていました。ニコンD800E +ニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで合計1.8Kg , ニコンD800E+ニコンAi AF Micro-Nikkor 200mm f/4Dで2Kgを超します。これに三脚が2Kg。計4Kgをハンドリングしなければいけない。よっぽどいい絵がとれないと元が取れないと思ってしまいます。今日のズームの絵は、本当のところ三脚が加わると機材が重たすぎて、結局手持ち撮影が多かった。マクロはさすが三脚を使いました。重たくて雲台がひっくりかえって、何度も目をぶつけて、飛蚊症が悪化したかもしれない。でもこうやってみると、いろいろ気になることはあれども、ニコンは結構しっかりと撮れていると言っておきましょう。これからどんどん手になじんで、いい写真を生み出すでしょう。それより富士フィルムX-E1が対等以上に活躍していると思いませんか? マクロを付けても1.5Kg以内に収まるわけで、このとり回しというのも撮影にはとても重要です。あまり重たいと、面倒になってあれやこれや撮ることをやめてしまうことになります。例えば、1Kg以上あるマクロを富士フィルムX-E1から1Kgあるニコンへ付け換えるのは大変で、結局、ニコンにマクロの組み合わせは数えるほどしか撮らなかった。今度はニコン+マクロに挑戦してみましょう。計4Kg強のハンドリングですよ。巨大レンズを付けた鳥撮影隊の連中からみれば、子供みたいなものですけれどね。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック