台湾で息抜きの旅 その4

台湾で息抜きの旅 その4
富士フィルムX-E1とリコーGXRの活躍は?


tw49.jpg
富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー 16-80mm

国民革命忠烈祠(ちゅうれつし)です。また、衛兵交代のセレモニー見学。 写真の左の地面に3本にスジがついているのが見えるでしょう。一時間おきに衛兵交代するときの行進の跡です。 <陸・海・空軍より選抜された兵士が、1時間交代で大門と大殿を各2人ずつで守っている。任務に就くと1時間微動だにせず、瞬きも控えている。側には世話係がつき、ハンカチで衛兵の汗を拭いたりしている。> と書いてある。ここまでやると、何のためか日本人には分からない。でも、けっこう中国(本土か、台湾かは不明、おそらく本土からの)観光客に大うけです。一緒に号令をかけたり、歌をうたったり盛り上がっています。台湾の人は本土からの旅人をバカにしていて、台湾人を本土人と一緒に考えてくれてはこまるといっているそうです。たしかに、超一流の圓山大飯店の食堂でも、離れたいくつかのテーブルを陣取った、本土中国人がテーブル間で大きな声でわめきあっている様は迷惑せんばんです。彼らにとっては、それがあたりまえで、テーブル別に静かに食事をしたら、互いを無視したことになってえらい気分のわるい状態なのでしょう。いつも本土中国人にそれをやられると、元気で、バイタリティーがあって、素朴で、それもいいかもしれないと、ふと人間の原点として認める気になるから不思議です。
 <辛亥革命を始めとする中華民国建国および革命、抗日戦争などにおいて戦没した英霊を祀る祠で、中華民国国防部の管轄下にある。日本統治時代は台湾護国神社が当地に建立された。その跡地に1969年に創建された。> またもや、なんだかわからなくなります。 ここを日本人が参拝するのは、日本の靖国神社をアメリカ人が参拝するのと同じではないかということになります。おそらく、ここにいる日本人はだれもそんなこと考えていないでしょうが。

tw50.jpg
富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー 16-80mm

当方にとって、沖縄によくあるカジュマルの木とツツジの花、そして次の写真のように桜の花が咲いているという、不思議な光景と色々なものが混じった街の風景とごちゃごちゃのインプレッションの連続に、予期せぬ旅の面白さを感じています。

tw51.jpg
富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー 16-80mm

tw52.jpg
富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー 16-80mm

tw53_convert_20130304204818.jpg
富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー 16-80mm

このバックの桃の花のようなのは桜の花です。

このあと、本日のメインイベント、故宮博物院に行きましたが、全面撮影禁止で、なにもお見せすることができません。故宮博物院は本土の紫禁城宮殿の宝物を蒋介石が持って、あちこち逃げ回ったあげくのはて、最終的に台湾の宝物倉庫に収まったという経緯があます。 中国本土の宝物60万点がここにあり、いいものは皆ここにあるといわれ、故宮博物院には常時2万点が展示されて、全部の宝物を見るには8年かかると言われています。ガイドさんが超スピードで館内を案内し、一般受けするものしか案内しませんで、素晴らしい青磁などはみんな素通りという悲しい結果でした。一番有名な翠玉白菜(すいぎょくはくさい)を見るのに長蛇の列。家内は定番土産、翠玉白菜のミニチュア置物を買って、現在部屋に飾ってあります。

tw54.jpg

超細かいほりものをした象牙だの、ヒスイだのが最高の宝物として、やたら見せられましたが、なんであんなでっかい中国がこんなセコセコしたものを尊ぶのか、当方には全く興味ありません。でも面白そうな宝物もいっぱいありそうですよ。また別の機会にたずねましょう。


今日の宿、圓山大飯店に荷物をおいてから夕食です。圓山大飯店は蒋介石の奥さんが創立した台湾で最も有名なホテルです。 実際それだけのことはあります。

tw55.jpg
富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー 16-80mm <圓山大飯店>

tw56.jpg
富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー 16-80mm<圓山大飯店のロビー>

ここにも正月のお祝いでしょうか、灯篭がいっぱいあります。近くの公園で灯篭フェスティバルが開かれるそうです。

tw57.jpg
富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー 16-80mm<圓山大飯店の部屋からの眺め>

tw58.jpg
富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー 16-80mm

近くの<欣葉>にて夕食。台湾旅行には絶対はずせない台湾料理、老舗ナンバーワンといわれています。 これで、ツアー代、総額51000円とは信じられない。本日はこれまで。豪華な圓山大飯店で、疲れ切ってお休み。万歩計は1万7000歩を記録しています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック