東北被災地復興支援ツアー その2

東北被災地復興支援ツアー その2

本日もカメラは富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmです。
そういえば、ソニーの方がソニーRX1が色々賞をとったといっていました。写りの評判もいいようです。これもツアイスレンズのおかげと思います。

さて、毛越寺の続きです。

fk4_convert_20121212164739.jpg
大泉ケ池、左に荒磯の風情を表す出島と池中立石が見えます。

fk5_convert_20121212164813.jpg

fk6_convert_20121212164853.jpg
嘉祥寺跡

fk7_convert_20121212164925.jpg

常行堂、ここで<毛越寺の延年>の舞いが行われるのです。

fk8_convert_20121213220404.jpg
常行堂

fk9_convert_20121213220434.jpg

中学3年の修学旅行で、ここに来たことを覚えています。 当時は何かカメラをもっていて、ここを撮った写真を覚えています。この後、旅にはカメラを持たないという主義に変更して、長い間、写真を撮りませんでした。子供の写真を撮るようになって、ミノルタ一眼レフを2代くらい使っていました。その後またカメラが面倒になってデジカメ、これがツアイスレンズの付いたソニーサイバーショット。そして今は結構一生懸命に写真を撮るようになりました。当時の大泉ケ池の方がきれいだった記憶があります。 今は冬で芝生が枯れているし、池を部分的に修理していたり、冬場はどこも一年分の修理をする時ですからしょうがないですね。
毛越寺から、バスでちょっと走ると中尊寺です。

fk00_convert_20121213220324.jpg

中尊寺の参道の入り口にある弁慶のお墓といわれる場所。

fk10_convert_20121213220510.jpg

この表参道を月見坂といい、樹齢300~400年の杉並木があります。これは江戸時代に平泉を治めていた伊達藩主により、植えられたそうです。戦国時代は秀吉が、中尊寺の秘宝である、金銀字一切経、金字一切経などを京都に持ち帰り<中尊寺経>として高野山や観心寺にあるそうだ。それに比べて、伊達家は中尊寺を厚く保護し、色々な御堂や能舞台をつくったそうな。ぼろぼろの中尊寺を立て直したのは伊達家であり、今、金色堂が残って、平泉が世界文化遺産に登録されたのも伊達家のおかげといえます。

fk11_convert_20121213220542.jpg

fk12_convert_20121213220614.jpg


月見坂の途中にある弁慶堂です。 この屋根、中央にベロッと平板の流れがあって、サイドとつながるところが毛越寺の本堂に似ているでしょ。

fk13_convert_20121213220657.jpg

結構、立派な彫刻がほどこされています。

fk14_convert_20121213220733.jpg

弁慶堂の裏にある地蔵院の入り口に黄色い紅葉が残っていました。

fk16_convert_20121213220837.jpg

坂の途中にある望古台からみる北上川。その昔、安倍氏時代には桜がいっぱいあった束稲山(タバシネヤマ)が見えるはずのですが、全く見えません。

fk17_convert_20121213220909.jpg

これが中尊寺、本堂。明治42年再建。雪つりがきれいです。 高野山から分灯された、<不滅の法灯>が守られているそうだ。

fk18_convert_20121213220944.jpg

fk19_convert_20121213221013.jpg

fk20_convert_20121213221132.jpg

阿弥陀如来が安置され、お堂の彫刻や天井がかなり凝っています。

fk21_convert_20121213221203.jpg

本堂隣には峯薬師堂があり、薬師如来座像が安置されている。
当方は其の前の小さな池の落葉のパターンに魅かれる。

fk22_convert_20121213221240.jpg

fk23_convert_20121213221315.jpg

fk24_convert_20121213221345.jpg

さて、いよいよ金色堂です。

金色堂のくわしいことはまた明日。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック