富士フィルムX-E1 + ツアイスズーム試写 その1

富士フィルムX-E1 + ツアイスズーム試写  その1

昨日、富士フィルムX-E1 + ツアイスズーム試写を目的に奥多摩の紅葉を撮りに行ったので、丹波焼その2の前に割り込みます。

奥多摩までJRでいって、氷川渓谷を少し歩いてから、数馬遊歩道、白丸湖、鳩ノ巣渓谷、駅で言うと奥多摩から白丸を過ぎて鳩ノ巣までの2駅分の散策です。写真を撮りながらですから、これでも10時30分から16時30分までの6時間かかっています。

機材は富士フィルムX-E1 + ツアイスズーム(ソニーツアイス・バリオゾナー 16-80mm)の組あわせと、リコーGXR+マウントA12+ペンタックス100mm macroの組み合わせに、小型三脚ベルボン ULTREK 45L に自由雲台をつけたもの。予備にペンタックス18-135mmと1.4倍と2倍のリアーコンバーターを持ってゆきましたが、これらは結局全く使いませんでした。前者、2つの組み合わせで計3kgのはずです。

結果を先に書きます。 この日の撮影では富士フィルムX-E1 + ツアイスズーム(ソニーツアイス・バリオゾナー 16-80mm)の組み合わせは予想に反して、まったくダメ。リコーGXR+マウントA12+ペンタックス100mm macroの組み合わせは以前からいいと思っていましたが、OKです。まずは絵をご覧ください。 説明無しで、ずらずら掲載して、あとでコメントを書きます。

今日は半分だけ掲載、富士フィルムX-E1 + ツアイスズーム(ソニーツアイス・バリオゾナー 16-80mm)の組み合わせだけ載せます。 三脚を使ったのは2割くらいで、この道は三脚を持って歩くにはアップダウンと岩道が多すぎました。 よって手ぶれもはいってます。 NDフィルターはホルダーが間に合わず手持ちでなんとか使いました。レリーズが間に合わずスローシャッターでもシャッターは手押し。 色々道具立てが間に合っていません。

tm1_convert_20121125181540.jpg

tm2_convert_20121125181621.jpg

tm3_convert_20121125181648.jpg

tm4_convert_20121125181714.jpg

tm5_convert_20121125181744.jpg

tm6_convert_20121125181812.jpg

tm7_convert_20121125181851.jpg

tm8_convert_20121125181922.jpg

tm9_convert_20121125181954_20121125190350.jpg

tm10_convert_20121125182019.jpg

tm11_convert_20121125182050.jpg

tm12_convert_20121125182127.jpg





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック