風景写真への挑戦 上高地紅葉編  その5

風景写真への挑戦 上高地紅葉編  その5

大正池の湖畔ではカメラを構えた方が数人いらいしゃいました。 最後まで一人粘っている方は何かを待っている、きっと、これからなにか素晴らしい瞬間がおとずれるのだろう、何だろう、何だろうとおもってずっと観察していたのですが、何も起きません。 ただ暗くなる一方です。どうも、ただぼんやり景色を見ていたにすぎないようでした。初めてトライすると、どこの、どんな時が素晴らしいのかさっぱりわかりません。 

kk5-11_convert_20121105223304.jpg
ペンタックスK5、シグマ8-16mm

kk5-13_convert_20121101213705_20121105224102.jpg
ペンタックスK5、シグマ8-16mm

kk5-15_convert_20121105223437.jpg
ペンタックスK5、シグマ8-16mm

kk7-39_convert_20121105223551.jpg
ペンタックスK7、ペンタックス★16-50mm

kk7-40_convert_20121105223743.jpg
ペンタックスK7、ペンタックス★16-50mm

kk7-41_convert_20121105223831.jpg
ペンタックスK7、ペンタックス★16-50mm

家内は寒いといってさっさとホテルに引き揚げてしまいました。当方はかなりねばったのですが、なにかすごい瞬間がおとずれるでもなく、あまりにも寒いので、あきらめて引き揚げました。


kk7-42_convert_20121105223929.jpg
ペンタックスK7、ペンタックス★16-50mm

夕食は至れり尽くせりでしたが、お味は並です。野沢菜がダントツにおいしい。その横のきくらげ+シソも結構でした。両方ともお土産に買って帰りました。そうそれからお味噌が美味しいのでいつも買って帰ります。調理みそのネギミソとかサンショミソです。

次の日の上高地、旅行記は仕事の都合により金曜日以降のアップとなります。だんだん、紅葉が登場します。ご期待ください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック