Sony alpha7RII とレンズ達 その10 Sony Gレンズ、85mm F1.4と90mm F2.8 macroの使い心地の違いは?

Sony alpha7RII とレンズ達 その10 Sony Gレンズ、85mm F1.4と90mm F2.8 macroの使い心地の違いは?

2016-8-16, 18, 19, 26, 27 自然教育園

0831-1.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 90mm macro F2.8 G(左)、Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM(右)

フード付き、85mmはさらに接写リング付き、実践状態・実測でSony alpha7RII + Sony FE 90mm macro F2.8 Gは1286g、Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GMは1576g。
いずれもミノルタ系ソニーレンズの上位レンズであるGレンズであるが、GM(G master)はさらに上位のレンズという意味のようである。
Sony FE 90mm macro F2.8 Gは極めていいレンズで、何の問題もなくマクロ撮影から遠距離中望遠撮影ができる、ソニーFEレンズでまず買うべき一押しレンズです。Sony FE 90mm macro F2.8 Gは最短撮影可能距離が28cmで、ほとんどの場合問題なくマクロ撮影ができ、Sony alpha7RIIにつければ、驚異的トリミング拡大ができます。
Sony FE 85mm F1.4 GMは現在、とっくんでいるレンズで、接写リングをつけて、もっぱらマクロ的に使っています。接写リングをつけると、最短撮影可能距離が80cmから40cmくらいに近づくことができます。そのかわり、接写リングをはずさないと、遠距離撮影はできません。接写リングはViltroxDG-NEX Extenson Tube 中国製で5000円弱で買えます(これが唯一のSony alpha7シリーズ用接写リングのはずです)。焦点距離、最短撮影可能距離とこの2本は同じくらいのスペックをもっていますが、撮れる絵はとても違うのです。以下、Sony FE 85mm F1.4 GMの絵や話はあくまで接写リングを使った場合の話です。

以下Sony alpha7RII + Sony FE 90mm macro F2.8 G。

0831-2.jpg

0831-3.jpg

0831-4.jpg

0831-5.jpg

0831-6.jpg

ここから、Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM。

0831-7.jpg

0831-8.jpg

0831-9.jpg

0831-10.jpg

0831-11.jpg

0831-12.jpg

0831-13.jpg

0831-14.jpg

0831-15.jpg

0831-16.jpg

0831-17.jpg

0831-18.jpg

0831-19.jpg

0831-20.jpg

ひとりでに、90mm macroの場合は精密描写の利点を生かすように、どちらかといえばメセージ性が強く、85mm F1.4 GMはより絵画的に、ただ色と形だけを追うノン・メセージ性が強い絵になっていると思うのですが、いかがでしょうか? いずれの場合も虫が入っていますが、前者では虫の描写が中心であり、後者では虫は絵柄の一部の位置づけになっています。これは意図しているというよりひとりでのこうなるのです。レンズは面白いですね、レンズによりひとりでに撮り方が変わってくるのです。マクロレンズの方が汎用性が広く遠景から接近まで対応できて、撮る人の意図により様々な絵がとれます。85mm F1.4 GMはやれることが限定されますので、絵画的な方向に一方的に押しやられます。しかし、85mm F1.4 GMは予測できない世界を包含しており、未知の世界へといざなわれる魅力があるのです。85mm F1.4GMはとにかく難しく、大変です。まだまだ追いかけます。
スポンサーサイト

旅カメラ Fujifilm X-T10+Zeiss touit 草津温泉編-2

旅カメラ Fujifilm X-T10+Zeiss touit 草津温泉編-2

2016-8-21

0826-22.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

<厳選いい宿>、 朝食バイキングは素材は今一つだが、種類は超豊富。当方はカラシメンタイコ+ダイコンオロシとマグロ山掛けばかりを山のように食す。

家内がフィシュセラピーをやりたいというので、近くの草津熱帯圏にてドクターフィッシュと呼ばれる神秘の魚ガラ・ルファによるフィッシュセラピー、足とか手の角質を食べてきれいにしてくれるのです。

0826-23.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 32mm 

実際、足がツルツルになったそうです。よくわからないでしょうが、カカトを魚がつついています。携帯でこの状景を送りまくっていました。

0826-24.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 32mm 

草津熱帯圏にはやたら蝶の展示物がありました。当方の陶芸・絵柄に蝶をつかっているので、参考にこの蝶の展示物を撮りまくりました。ここでFujifilm X-T10+Zeiss touit 32mmの威力を感じるのです。Fujifilmさんは記憶色の再現にとても力をいれています。暗い展示場の蝶のブルーをFujifilm X-T10+Zeiss touit 32mmは見事に再現しています。何度もこの組み合わせに感服しています。

さて、西の河原公園にむかいます。なんと草津熱帯圏のマイクロバスで無料で送ってもらいました。<草津いいとこ一度はおいで>です。

草津温泉の源泉からながれる川にそって、西の河原公園があります。

0826-25.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

0826-26.jpg
Canon IXY

0826-27.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

この奥に西の河原大露天風呂があるのですが、撮影禁止。

0826-28.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 32mm 

このような緑と青い空を見ながら、広い露天風呂に入っていると、遠からずこの世とおさらばするに違いないのですが、こんな素晴らしい<この世>とお別れするのがとっても残念であるという気がするのです。さすが西の河原です。

0826-29.jpg
ネットからの西の河原露天風呂の写真

0826-30.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

西の河原公園を後にして、湯畑に向かう途中でガラス細工の<草津ガラス蔵>を見つけました。
棟が3軒も並んでいて、ガラス細工の人気がいかに高いかを示しています。内容もクオリティーが高い。ガラス細工は当方のハンドメードマーケットの競争相手ですからつぶさに観察。残念ながら撮影禁止で、とっても撮影したい作品がいくつかあったのですが。 そのうちの一つをとうとう購入。とっても魅力的であり、その作り方が不思議だったのでお店の店主らしき方に聞いたら、これはここで作ったのではなくポーランド製で、人づてに聞いて仕入れたもので、日本の職人には作れません、よって作り方はわかりません、お目が高いとの返事でした。帰ってからよくみると、ほとんど作り方は分かってしまいました。たいして難しそうではありません。店主のおじさんは適当なことを言ったのかもしれません。

0826-31.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 草津ガラス蔵

0826-32.jpg

0826-33.jpg

透明な部分と不透明な部分が隣り合っている点が、どう作るのかなと思ったのです。おそらく透明の四角い板のうらに透明オレンジとか不透明白とかのガラスカレットをまぶして、熱をかけて焼き付けたとおもわれます。10cm四方で1500円なり。

0826-34.jpg

ポーランド Glass Studio Habrat の製品で輸入元はNOLA tradingでした(写真はNOLA tradingのHPより)。

0826-35.jpg

これも、草津ガラス蔵で撮影したかった注目商品ですが、同じNOLA tradingが輸入した
イタリア・ヴェネツィアングラスでした(写真はNOLA tradingのHPより)。10cm 四方の大きさのものは4000円弱。大きいものは5000円弱
この程度の値段で売られては、当方の作品では到底対抗できない。注目した商品はいずれも輸入品で草津ガラスではありませんでした。そして、いずれも当方を真っ青にする作品でした。

0826-36.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

お昼は昨日目をつけた栄屋うどん。家内は一番人気の揚げもちうどん。当方はうどんなしのの揚げもちを肴にビールです。

この後は、昨日豪雨でよく見られなかった、商店街のお店をまわって、その後やることもなく、早々とお帰りです。普通だったら、どこか自然遊歩道を探して、自然の撮影に入るのですが、今回は休養の旅ですから、詰め込んだスケジュールは一切無し。草津4号にのって上野に、品川のエキュートで、ツバメグリルのハンバーグ(これはエキュートの定番)、豆狸(まめだ)いなりずし、こんがり屋の焼オムスビ(これ絶品)、アンデルセンのフランスパン、神戸屋の神戸牛コロッケ、エビコロッケ(これおいしい)というめちゃくちゃな取り合わせを買い込んで家で夕食。この<メチャクチャ>さはどうやら、<厳選いい宿>の朝食バイキングの影響らしい。

0826-37.jpg
Fujifilm X-T10 + Zeiss touit32mm と12mm

以上、<Fujifilm X-T10+Zeiss touitはいい旅カメラ>の巻でした。







旅カメラ Fujifilm X-T10+Zeiss touit 草津温泉編-1

旅カメラ Fujifilm X-T10+Zeiss touit 草津温泉編-1

2016-8-20
ただのんびりすることが目的で草津温泉に出かけました。よって当方の撮影は適当。家内は上げ膳据え膳、温泉+マサージ。こんな時は旅カメラFujifilm X-T10が一番。それでもZeiss touit32mm と12mmの2本を2台のFujifilm X-T10に付けて、2台体制として、ちょっと頑張る。

以下湯畑の情景が続きます。草津温泉はこの湯畑があることで、ベルギー・グランプラス広場のように、人が集まる、観光の<臍>となっています。この<臍>のおかげで、草津温泉は温泉人気投票の一位を13年間維持しています。  このように<臍>の存在は極めて重要で、当方はかねてから日本の文化の<臍>として江戸城(天守閣+α)の再興を提唱しているのです。

0826-1.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 32mm 

0826-2.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

0826-3.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 32mm 

0826-4.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

0826-5.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm
 
西の河原商店街に入ると長寿店・温泉饅頭の試食攻勢が強烈です。どんどんたべさせられます。これにつられて長寿店の温泉饅頭を買ったのですが、帰ってからのこの饅頭の評判はよくありません。蒸したての饅頭はうまいのですが、時がたつと皮がぱさぱさになるのです。ほかの店の温泉饅頭は、何らかの工夫がしてあり、時がたっても皮がぱさぱさになりません。当方にはこの混ぜ物が好ましくなく長寿店の温泉饅頭の方が味はいいと思うのですが、とにかく家での評判はかんばしくありません。草津温泉で一番人気の老舗、松むらの温泉饅頭は冷えてもおいしいと書いてありました。こちらはさすがに何か工夫があるようです。

0826-6.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 32mm 

台風の影響で、突然強い雨降ってきました。

0826-7.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 32mm 

<山マタギと海番屋>という居酒屋に逃げ込みます。 鮎の炉端焼き、地鶏串焼き、盛りそばと<大盃>という地酒を一杯。なかなかよろしい。

0826-8.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

店の中は古げに落ち着き、酒飲みの仲間と一緒だったら、昼から、今日はここでどこにも行かず、飲みっぱなしで、おしまいというケースになったであろう。

0826-9.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 32mm 

豪雨に閉じ込められて、ぼんやり向かいを見れば、栄屋うどん、なんでもうまいと書いてある。ここも面白そう。次の日はここで昼食となるのです。

0826-10.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

西の河原商店街を少しずつ移動するが、雨が激しくなると雨宿り。

0826-11.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

雨も小降りになって熱の湯の湯もみショウを見学。

0826-12.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

0826-13.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 32mm 

0826-14.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

高温の源泉の温度を下げるに水を混ぜずに、湯もみとか湯畑/湯滝とかの工夫をしたということが、草津の温泉の意義をとっても上げる結果となったとおもうのです。現在も水を混ぜないかどうかは知りませんが、とにかく草津の温泉はいままで入った温泉の中で、一番優しく、いい温泉でした。とにかく草津は温泉が全てです。

0826-15.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

0826-16.jpg


草津の宿は<厳選いい宿>とキャッチフレーズがついている宿の中で人気一番ということで、よく調べもせずに予約したのですが、半分外れでした。温泉と食事はまずますですが、建物や部屋の雰囲気が、<厳選いい宿>とは言いがたい。後で調べると<厳選いい宿>人気一番でも草津温泉宿ランキングでは40位という位置でした。これなら納得です。テレビでさかんに取り上げられる<厳選いい宿>とはいったい何なのだろう?? キャッチフレーズにはご注意。

0826-17.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

夜の湯滝/湯畑は幻想的で魅力的。この幻想につられてか、ここ数年前から若い方々が大勢集まるようになったということです。まだ海外の方が少ない、その一方で、日本の若者がたくさん集まってくるという草津温泉の変化はなぜなのでしょうか? なぜ温泉人気一番の観光地に海外の方が少ないのでしょうか? 宝川温泉は8割以上、海外の方、特に欧米の方に人気です。こちらは混浴露天風呂ですが。

0826-18.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

0826-19.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

光泉寺からの湯畑の眺め。

0826-20.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm

0826-21.jpg
Fujifilm X-T10+Zeiss touit 12mm 

今日はお終い。また明日。

Sony alpha7RIIとレンズ達 その9 Sony FE 85mm F1.4 G master

Sony alpha7RIIとレンズ達 その9 Sony FE 85mm F1.4 G master

<デジカメInfo>のG master紹介文に<ソニーには、優れたボケ味のGレンズのスピリットを理解しているミノルタ出身のデザイナーが何名かいる>とある。
<Zeissは解像にすべてを賭け、ミノルタは集光にすべてを賭けた、全く方向が違う>とソニーの方が言っていた。
<ZeissもいいけどGレンズのボケを試してみたいな>とSonyの依頼をうけたプロが言った。

Sony はZeissとの提携レンズとミノルタの流れをくむGレンズの2本立てで、ここまで来た。 高価格Zeissの穴埋めとしてのGレンズではなく、Gレンズを最高レンズとするブランディング戦略の第一弾としてSony FE 85mm G masterが今年スタートした。
ポートレート用レンズとしてプロが絶賛する一方で、発売日:2016年 4月28日¥243,000から始まって、価格は下がり続け現在は最安値¥156,800。その重さとAFに文句が多い。レンズ820g、Sony alpha7RIIに付けると実測1545g。さすがに重い。このレンズの神髄が理解できない人には重さだけが堪える。

正式名Sony FE 85mm F1.4 GM SEL85F14GM。新品最安値の下がりが止まったタイミングで手持ちのレンズ6本とOlympus Air計7本と中古Sony FE 85mm F1.4 GMをマップカメラで交換。3.5万円のおつりまで来ました。

当方はポートレートを撮りませんが、花を女性と考えて、いかに美しく撮るかに挑戦しました。 自然教育園には今、花がないので、大船フラワーセンターの花に期待。

0815-1.jpg
Sony alpha7RII + Sony FE 85mm F1.4 GM SEL85F14GM

0815-2.jpg

0815-3.jpg

0815-4.jpg

0815-5.jpg

0815-6.jpg

0815-7.jpg

0815-8.jpg

0815-9.jpg

0815-10.jpg

0815-11.jpg

0815-12.jpg

0815-13.jpg

0815-14.jpg
ひょうたんの花

0815-15.jpg

0815-16.jpg

最後の写真2枚以外は接写リングを使っています。これにより最短焦点距離80cmが40cmくらいに縮まります。接写リングはViltroxDG-NEX Extenson Tube 中国製で5000円弱で買えます。これはちゃんと役立ちますよ。 Sony FE 85mm F1.4 GMをマクロレンズ的に使おうと思ったら必須アイテムです。それとF1.4を昼間使うにはNDフィルターが必須です。

0815-17.jpg

0815-18.jpg
ViltroxDG-NEX Extenson Tube


いかがでしょうか。 当方はマクロレンズ的にF1.4のボケを使うことを、Contax/Zeiss Planar 85mm F1.4から初めて、とっても興味を持っています。ZeissはZeissの色に惚れ、Sony FE 85mm F1.4 GMは期待通りのミノルタ系ボケに満足、レンズには金をかけるべきだなと思わざるを得ない。

下取りに出した6本のレンズのうち5本はマイクロフォーサーズ・レンズ。 これでマイクロフォーサーズとはすべてお別れです。Olympus, Lumix, フォクトレンダー全部下取りに出しました。マイクロフォーサーズのフットワークに意義を感じはしますが、プロ用レンズの値段が高すぎる。Olympus 300mm 単焦点を30万円で売り出したことに腹を立てて、マイクロフォーサーズから完全撤退しました。 どうせ同じように高いなら、フットワーク・メッセージ写真をとるか、耽美主義・ノンメセージ写真をとるかの2択しかない。耽美主義・ノンメセージ写真にはっきりと舵をとった。Sony FE 85mm F1.4 GMはその先駆をなす。

Sony alpha7RIIとレンズ達 その7 Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0

Sony alpha7RIIとレンズ達 その7 Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0

2016-8-7

以下 Sony alpha7RII + Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0
全体的には、やはりCosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0は神レンズと思います。 しかし、接近が一歩足りません。APS-Cの時は実質150mmになるのでOKだったのですが、フルサイズではマクロ撮影の迫力がでません。以下のツリガネニンジンはトリミング拡大しています。解像は卓越しているので、トリミング拡大すれば迫ってきますが、撮影時に、撮っている本人が迫力を感じながら撮らなければリアリティーがでません。この点Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8の優位点となります。なんとかCosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0をさらに接近戦に持ち込む方法を考えなくては。
ダブルレンズアダプターでクローズ・フォーカスでも効果はあまりない。接写リングを使うしかないようです。

0807-30.jpg
ひょうたん池

パープルフリンジ発生が見えます。

0807-31.jpg
コバギボウシ

0807-32.jpg
コバギボウシ

この辺の絵柄はCosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0の恐るべき力を感じるのです。

0807-33.jpg

0807-34.jpg
ツユクサ

0807-35.jpg

0807-36.jpg
ツリガネニンジン

0807-37.jpg
ツリガネニンジン

0807-38.jpg
ツリガネニンジン

特に変わった絵柄がみられることはありませんが、こういう時にふとこのレンズの恐ろしさを感じるのです。

0807-39.jpg
ツリガネニンジン

0807-40.jpg
ツリガネニンジン

0807-41.jpg
自然教育園はフシグロセンノウのシーズンに入りました。

冷房の部屋にずっと閉じこもっていると、外に出ると目がクラクラする。そこで30℃超え真昼間に自然教育園ウォーキングに2日間挑戦。いい感じに30℃超えに順応。しかし、今度は冷房27℃が寒くてしょうがない。困ったもんだ。
しかしながら、昨日今日(8/8, 9)、連日、37℃超で、いくら何でも自然教育園ウォーキング撮影は無理だよ。 おかげで、連日器作り4時間も格闘。しかし、撮影はこれからどうしようか??  

Sony alpha7RIIとレンズ達 その6 Contax/Zeiss Planar 100mm macroとCosina/Zeiss distagon 21mm-2

Sony alpha7RIIとレンズ達 その6 Contax/Zeiss Planar 100mm macroとCosina/Zeiss distagon 21mm-2

2016-8-2, 4 (自然教育園)

ツリガネニンジンを中心に撮影

0807-20.jpg
Sony alpha7RII + Cosina/Zeiss distagon 21mm F2.8

0807-21.jpg
Sony alpha7RII + Cosina/Zeiss distagon 21mm F2.8

0807-22.jpg
Sony alpha7RII + Cosina/Zeiss distagon 21mm F2.8

0807-23.jpg
Sony alpha7RII + Cosina/Zeiss distagon 21mm F2.8

以下、 Sony alpha7RII + Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8 このレンズで花の実体なぞどうでもいいから、面白い色と形が生まれないかと格闘します。

0807-24.jpg
Sony alpha7RII + Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8

0807-25.jpg
Sony alpha7RII + Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8

0807-26.jpg
Sony alpha7RII + Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8

0807-27.jpg
Sony alpha7RII + Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8

0807-28.jpg
Sony alpha7RII + Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8

0807-29.jpg
Sony alpha7RII + Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8


Contax/Zeiss Planar 100mm macroF2.8は重たくて死にそうなレンズですが、今までに経験したことのないような、不思議な絵が生まれます。


Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0とどう違うのだろうか? Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0はスリリングなレンズ、 Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8はずっとマイルドなレンズという印象か? もう一度Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0に戻ってみよう。2本持って比較するのは重いからやりません。

この後に、Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0でツリガネニンジンを撮って、Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8との違いが明確になりました。 スペック的にCosinaの最短撮影可能距離が44cmm、Contaxが41cmとわずか3mmしか違いませんが、実際はContaxのほうがずっと寄れるのです。だから、ボケも大きい。これは小さな被写体では決定的な違いになります。
撮影距離とは、カメラにある「距離基準マーク」から被写体までの距離ということで、
レンズ先端から被写体までの距離はContaxのほうがずっと寄っていると思うのです。

また明日

Sony alpha7RIIとレンズ達 その5 Contax/Zeiss Planar 100mm macroとCosina/Zeiss distagon 21mm

Sony alpha7RIIとレンズ達 その5 Contax/Zeiss Planar 100mm macroとCosina/Zeiss distagon 21mm

2016-7-31

Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8はCosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0の問題点である、遠景におけるパープルフリンジとザワザワボケの発生を逃れることが出来るかもしれないと思って、購入しました。

0807-1.jpg
Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8

0807-2.jpg
Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0

見るからに、Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0の方が明るそうですが、Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8 も不思議な魅力があります。

ちなみに、カメラ、レンズ、アダプター込みでContax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8は実測1453g、Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0は1384g とCosinaの方が若干軽い(カメラ654g)。 公表スペックはContax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8 740g, Cosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0 660g。

以下、Sony alpha7RII + Contax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8

0807-3.jpg

0807-4.jpg
ミソハギ、アゲハ

0807-5.jpg
ツリガネニンジン

0807-6.jpg
ヌマトラノオ

0807-7.jpg
コバギボウシ

0807-8.jpg
コバギボウシ

0807-9.jpg
クサギ

確かに、ザワザワボケにはならないようです。パープルフリンジも今のところ気になりません。Cosina/Zeiss Planarはこの100mm macroも50mmもザワザワボケになります。Contax Planarは85mm も 100mm macroもザワザワボケになりません。おなじZeissの設計図によるものと思うのですが、なんで違うのでしょう?? 

Cosina/Zeiss distagon 21mm F2.8は最高の広角レンズというので、安売りを狙って買いました。
うまい使い方がわからずに、何しろ重たいので、あまり出番もなかったのですが、フォクトレンダー・クローズ・フォーカス・アダプターをかましたダブルレンズアダプターで超接近撮影が可能となって、出番がぐっと増えました。

0807-10.jpg
Cosina/Zeiss distagon 21mm F2.8

カメラ、レンズ、ダブルレンズアダプター 総計実測1463gと半端でない重さ(カメラ654g)。

0807-11.jpg
Cosina/Zeiss distagon 18mm F3.5

ちなみに、以前、多用していた18mm(フードがボロボロだよ)より21mmはずっと大きくて重たい。

以下、Sony alpha7RII + Cosina/Zeiss distagon 21mm F2.8

0807-12.jpg
ツリガネニンジン

0807-13.jpg
ヨツスジトラカミキリ

0807-14.jpg
ダイコンソウ

0807-15.jpg
コバギボウシ

0807-16.jpg
コバギボウシ

0807-17.jpg
ヌマトラノオ

0807-18.jpg

0807-19.jpg
クサギ

以前は、ペンタックスK5とか富士フィルムX-E1のAPS-CにCosina/Zeiss Planar 100mm macro F2.0 とCosina/Zeiss Distagon 18mm F3.5の2台体制がスタンダードでしたが、今後Sony alpha7RIIとContax/Zeiss Planar 100mm macro F2.8とCosina/Zeiss Distagon 21mm F2.8がスタンダード新2台体制になるかもしれません。しかしこれは重たいです。いずれもカメラ + レンズで1.5kg弱。サポート部品とリュックにいれれば5kgコースで、さらに三脚が入ります。10000歩歩くと腰に来ます。 Batis 18mm, 50mm, 100mm macro(後2者は発売されていないけれど、願望です)の体制に移行できれば、軽量化できてとってもありがたいのですが。

この新2台体制はまだ続きます。



HandMade market その6(HandMade In Japan Fes 2016最終回)

HandMade market その6(HandMade In Japan Fes 2016最終回)

HandMade In Japan Fes 2016 (東京ビッグサイト2016-7-23, 24)の続き。

8、その他もろもろ

0802-1.jpg

この女性のもつ器、パッと見面白いとおもいました。正確にはわすれましたが、値段が安かったので、なんでこんなに安い値をつけるのですかと聞いたら、まだ始めたばかりで、自信がないのです、とのこと。器は木製で、別のところで作成され、彼女は金箔をはるのが仕事。なにか、夢を追うけなげなさといいましょうか、このフェアのもつ一面を見た様な気がして、作家さんも、このフェアも頑張ってほしいと思うのです。

0802-2.jpg

0802-3.jpg

ハンドメイドの特徴といいましょうか、小さなもので、小さな空間を作って、そこに夢を託す商品が少なくありません。それはそれでいいと思います。当方も現在作っている商品よりスケールダウンした方がいいのではと思っています。 あまり単価を上げられないとすると、小さくして、材料費や調整費を下げないとビジネスになりません。小さくてコストパフォーマンスが一番出るのがアクセサリーということになります。事実、今回はご紹介しませんが、この会場の半分以上はアクセサリーのブースで、訪れる方もほとんどが面白いアクセサリーを手に入れようとする若い女性なのです。

0802-4.jpg

0802-5.jpg

このブースは貝を使ったアクセサリーを扱っています。これがとっても人気で、ごったがえしていました。これから海のレジャーのシーズンですから、安くて海っぽいアクセサリーを手に入れようというわけでしょうか。当方も海をテーマとして、貝シリーズの器を作っていますから、このブースの異常な人気は興味あるのです。この手の貝殻は安く多量に手に入るので、それをちょこっと細工して、アクセサリーとして売るとい商売は、抵抗があります。なにかアーティスティックなクオリティーを感じません。 むしろ、ちょこちょこっとおいてある陶器の文鎮(?)を面白いと思いました。きっとこのアクセサリーを作っている方はセンスのある人なのでしょう。浜辺のお土産屋さんの貝殻細工とは違うと女性は敏感にそのセンスを感じて、興味を示すのでしょう。だけど、当方はこのままではいやですね。このアクセサリー分野で、なんとか当方流にアイデアを考えてみましょう。

0802-6.jpg

これよくわかりません。このようになにかキャラクターを作って、これが当たれば、ぱっとビジネス展開ができるという方向は少なからず存在しているようです。いまのところ、当方はやる気もないし、できそうにない方向です。しかし、一定の主張を繰り返すということは、このネット時代には必要なことだと感じています。その方向が万人に受け入れられなくても、情報はお金をかけずに世界に拡散して、小人数でも誰かがレスポンスすると、それをきっかけにレスポンスが広がってゆくことがあります。しかし、主張が揺れ動くと、レスポンスは拡大することがありません。

0802-7.jpg

0802-8.jpg

2つ前の時計レポートにいれわすれた。下はTシャツなので、どうやら、デザイン自体が売り物らしい。デザイナーの絵柄の出口が時計とTシャツというわけか。追加しておきます。

0802-9.jpg

こういう絵柄をイラストレーターでデジタル情報化すれば、あとはレーザープリンターでなんにでもプリントして行けます。

0802-10.jpg

陶器に砂で彫刻する、醤油をいれると絵柄が浮き出す。これはかなり気を入れて売り込みをしていました。

0802-11.jpg
おそらく本物の花びらをレジンで封じたアクセサリー

きりがないのでこの辺で、やめましょう。

0802-12.jpg

こちらはアクセサリーとその素材のコーナー

0802-13.jpg

表では屋台がいっぱい出て、これも楽しい。

0802-14.jpg

0802-15.jpg


中央にはスワロフスキーの大きなコーナーがあって、アクセサリー作りの体験コーナーもあり、盛況でした。

以上、HandMade In Japan Fes 2016 レポートを終わります。

プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック