Sony α7RII試写 ~その5-2 鎌倉・晩夏の花2015~

Sony α7RII試写 ~その5-2 鎌倉・晩夏の花2015~

瑞泉寺から杉本寺に向かいます。

kbkh21.jpg

道端のスイフヨウ、夕方になるとしぼんでしまいます。

kbkh22.jpg
フォクトレンダー ウルトラ・ワイド・ヘリアー12mm

間違えて杉本寺を行き過ぎたことが幸いして、閉門ぎりぎりに報国寺にはいれました。竹林が有名で、寺にむかう若い方がぞろぞろと続く、鎌倉にしては珍しい若者人気のお寺です。

kbkh23.jpg
フォクトレンダー ウルトラ・ワイド・ヘリアー12mm

kbkh24.jpg
フォクトレンダー ウルトラ・ワイド・ヘリアー12mm
男の子がかっこつけて彼女を鎌倉に誘う、そんな時、報国寺の竹林が目玉になるようです。この時も男の子が庭の何かの花を珍しいだろうというと、女の子がうちの田舎では一杯さいているよとにべもなく言っていたことが面白い。報国寺の竹林は確かに立派ですが、単に竹林でしたら、京都周辺には東京の雑木林のごとく、あちこちにいっぱいあるのです。薄っぺらなスマフォ情報で動く若者達、それでもいいですよ、若者が日本文化に興味を持つことはなにはともあれとってもいいことです。

kbkh25.jpg

報国寺の竹林は16時が閉門。16時少し前に出て、あわてて杉本寺に戻ります。杉本寺入口のおばさんは16時15分には閉門しますと、いかにも早く帰りたい雰囲気です。看板には16時30分閉門と書いてあるのに。

kbkh26.jpg
フォクトレンダー カラースコパー21mm

この苔むした階段は上がれません。脇道を登ります。

kbkh27.jpg
フォクトレンダー カラースコパー21mm
まあ、登るのが大変なわりには、特に被写体が無いお寺でした。

kbkh28.jpg
フォクトレンダー カラースコパー21mm

kbkh29.jpg
フォクトレンダー カラースコパー21mm


再び鶴岡八幡宮にもどって、なごりのハスを撮り直し。

kbkh30.jpg

フルサイズ、デジタルズームx2で撮ってみました。さらにトリミングしています。

kbkh31.jpg

なんとか見られますかな? いずれにせよ、デジタルズームは緊急対応に使うしろものでしょう。普通に撮って後でトリミングした方が綺麗と思いますが、デジタルズームのいいところは、その場で、ピントも含め、一応の出来上がりの絵をみながらシャッターを切れることにあるのでしょう。

kbkh32.jpg

最後の力を振り絞って、鶴岡八幡宮の参道、若宮大路からちょっと東に入ったところにある妙隆寺にフヨウを撮りに行きました。ここは観光スポットとはいえない普通のお寺さんですが、落ち着いてフヨウの撮影ができます。

kbkh33.jpg

kbkh34.jpg

サルスベリをバックにフヨウが撮れました。もう日が陰っているのが残念ですが。

kbkh35.jpg

kbkh36.jpg

kbkh37.jpg

もう一度若宮大路(現在若宮大路は完全リニューを目指して大工事中で、中央の参道は完全にフェンスに囲まれています)に戻ります。なんと、いまごろになって日がさしてきました。

kbkh38.jpg

kbkh39.jpg

いつものように、井上蒲鉾店で紅梅はんぺんと小判揚セット750円、長嶋家で粒あんおはぎと六方焼(この小町通りにはいってすぐの和菓子屋さん、おいしいですよ)を買ってお帰りです。

撮り直しによって、結局 32000歩の旅になってしまいました。帰って、ビールと日本酒を飲んで、その後、発熱はしませんでした。今回のストレス負荷療法は上手くいったようです。チップ入れ忘れというショックでボケた頭がいっぺんに目が覚めて、32000歩がだんだんといつものウォーキング状態に体を戻してきたようです。


さて、Sony α7RIIの試写感想を書きましょう。
1、Sony α7RIIの五軸手振れ補正+AFは高画素数と接近マクロ撮影のおけるシビヤーなピントフォーカスを手持ちでも完全に可能にしている。試写その3で示したように手持ちマクロレンズ撮影で極端に拡大しても細部まで解像している。これは驚異的。しかしながら今回の手持ちMF撮影では五軸手振れ補正をもってしても細密なピントを得ることは出来なかった。マクロレンズ撮影で自由なポイントにフォーカスするには、手持ちでフレキシブルポイントAFを使うか、MF+三脚を使うかの2択となる。すなわち、手持ち撮影はAFが必須と思われる。フレキシブルポイントAFは今後トライするが、結局は従来通り、マクロ撮影はMF+三脚に落ち着くのではないかと思っている。オールドレンス中心の撮影では三脚が必須アイテムになるだろう。それくらい高画素数のピントはシビヤーであることと、Sony α7RIIの五軸手振れ補正+AFのコンビネーションがそのシビヤーさをオーバーカムしている点を強調しておく。

2、フォクトレンダー12mmおよび21mmの試写により、Sony α7RIIは明らかに周辺減光および色にじみにおいてSony α7Rの問題点をクレア―した。高画素数でありながら低画素数のSony α7Sと同等あるいはそれ以上に周辺減光および色にじみを回避している。Sony α7RIIはSony α7Sに代わって、オールドレンズの母艦となるであろう。

3、特別に高感度撮影が必要な場合以外は、当方はISO10000まで常用できれば良しとしているために、現状ではSony α7RII一台で、Sony α7RおよびSony α7Sに比して不都合な点は見いだせない。Sony α7RおよびSony α7S 双方を処分してSony α7RII二台体制へ移行することも視野に入ってきた。

4、Sony α7RIIの高感度特性に期待して、Sony α7RIIの露出でM(マニュアル)を選択することが多くなった。シャッター速度と絞りを指定して、ISOで露出を調節する。Sony α7RIIはマニュアル撮影、MF/オールドレンスというマニアックな撮影と純正FEレンズ+AFを駆使した近代的撮影の双方を満足させることができる。

5、以下はタワゴトであるが、Gレンズを使う限りではSony α7RIIの色調は最近のペンタックスの色調に酷似している。ペンタックスの技術者をスカウトしたのではないかとすら疑っている。当方は本来ペンタックスの色調を最も好んでいるのだが、最近のペンタックスの色調は濃厚からライト感覚へシフトしている。Sony α7RIIも傾向としては同じであるが、許容範囲内と思う。今回撮影は曇りに対応して、ビビッドをつかったが、富士フィルムのベルビア・記憶色偏重しすぎのビビッドよりバランスのとれた色調とおもう。

今のところの感想は以上です。
スポンサーサイト

Sony α7RII試写 ~その5 鎌倉・晩夏の花2015~

Sony α7RII試写 ~その5 鎌倉・晩夏の花2015~

2015-8-29
突然の40℃の熱を出してから2週間弱経ちます。病気になった時に、思い切って強いストレスを与えることが正常にもどる早道であることがよくあります。数日前に、熱は平熱なのですが、何となく調子悪い。思い切って自然教育園で10000歩、歩いてみました。もう1周目から調子悪くて、2週目になると写真を撮る気力も全く無くなって、3週目になると、チンザノ+赤ワイン(1:1)に氷をいれて飲むことばかりを考えるようになって、帰ってから、夢に見たチンザノ+赤ワイン(1:1)をガブガブ飲んで、ビールも飲んで、とするとバーっと熱が出てきて、37.7℃で、またもやダウン、社会復帰に失敗しました。しかし、ここ3日くらい平熱が続いて、何とか復帰できるかもしれないと、今日はむりやり鎌倉に出かけてみました。<晩夏の花>なんて、カッコつけるつもりは無く、何も期待せず、ぼーっと、ふらふらと鎌倉に向かったのです。北鎌倉でおりて、建長寺にはいり、鶴岡八幡をすぎて、鎌倉宮、瑞泉寺を目的に歩きました。瑞泉寺を出て手打ちそば宮前で十割そばを食べながら、ふとカメラをみると、メモリーが入っていませんと表示。愕然としたがどうしようもない。このカメラは<チップ無し>をしつこく教えてくれないみたいだ。ここからがすごい、病み上がりにもかかわらず、再び瑞泉寺に戻って、もう一度撮らせてくれと頼みこんで、しょうがないな、本当は再入場はダメだけれど、まあいい。ということで再度撮影。何でこんなに熱心に撮ったかというと、瑞泉寺で新しい<晩夏の花>を見つけたからです。
 タマアジサイです。<若い花序は大形の苞(ほう)に包まれて球形。開花して中央に淡紫色の小花を多数と,周囲に大形の中性花を数個つける。花期は7~9月>とあるように、晩夏に咲くアジサイなのです。
荏柄天神社と建長寺の写真は残念ながら撮り直しできませんでしたが、他は殆ど根性で撮りなおしました。ということで、写真が結構あるので、2日に分けます。最後にSony α7RII試写の感想を書きましょう。
写真に特に説明が無い場合はSony α7RII + Sony 90mm macro Gレンズ。使用カメラはSony α7RIIのみです。

kbkh1.jpg
タマアジサイ

kbkh2.jpg

丸い球がはじけて、アジサイらしき花が出てきます。

kbkh3.jpg

kbkh4.jpg

kbkh5.jpg

kbkh6.jpg

kbkh7.jpg

手前は萩らしい。手でもって後ろの紅葉と同一画面にいれこんだのだが、カメラと充分距離がとれずにビンボケとなりました。

kbkh8.jpg
紅葉なりかけのモミジとムクゲ

kbkh9.jpg
フヨウ

kbkh10.jpg
サルスベリ

kbkh11.jpg
スイフヨウ(酔芙蓉) 一日の内で白から赤へ酔っ払いのごとく変身する、当方お気に入りのフヨウです。

kbkh12.jpg
ムクゲ
ここまでが瑞泉寺とお寺の周りの花たちです。瑞泉寺は建長寺からの天国ハイキングコースの終点で、鶴岡八幡宮からくると、山の中腹になります。静かな推薦のお寺です。

kbkh13.jpg

もうシュウカイドウがあちらこちらで咲き始めました。

kbkh14.jpg

kbkh15.jpg

kbkh16.jpg
キキョウ

kbkh17.jpg
ノウゼンカズラ

kbkh18.jpg
コムラサキか?

kbkh19.jpg

このあたりまでは瑞泉寺から鎌倉宮を過ぎて、<岐かれ道>へ向かう道々の個人宅の花です。

kbkh20.jpg

杉本寺に向かいます。

続きはまた明日。

Sony α7RII 試写 ~その4、東京湾野鳥公園編~

Sony α7RII 試写 ~その4、東京湾野鳥公園編~

8月17日(月)の夜から突然、高熱(38~40℃)を出してダウン。4日間寝たきりで、今日8月21日(金)はなんとか起き出してPCをいじれるようになりました。デング熱なのかインフルエンザなのか?
ダウンする前日に以下のブログを書いたのですが、どうしても<AF追尾>なるものが良くわからない。あまり間違ったことを書くとまずいので、17日の昼間、ソニービルにAF追尾の方法を聞きに行きました。AF追尾とはパターン認識で、鉄道、飛行機、子供の運動会など動く方向が単純なものにしか応用できない、鳥や蝶のように動きが複雑なものは難しいとのことでした。以前よりだいぶカメラに対する相談窓口が充実してきたようで、楽しくディスカッションできました。DMFや4 K動画からの切り出しなどもいろいろ聞きました。これはまた後程。

コンティニュアスAFでAFロックですから、AFで捉えたことを示す枠は出ますが、ピイという音はしません。ちゃんと意図した対象のパターンを認識したかはよくわからないのです。 その枠が対象を捉えてついて行けばAF追尾が成立していると判断するということで、実際に結果を見て成功かどうかを知ることになります。一旦追尾が途切れても再びパターンを捉えれば追尾が再開することもあるそうです。鳥や蝶でも止まっている時にうまくパターン認識させれば、飛び出して画面から消えるまでくらいは追尾しそうな気もします。しかし、この場合は5コマ/秒ではせいぜい1コマか2コマということになります。当方の目的での<AF追尾>はSony α7RIIに大きく期待することは無理と言う結論になります。 Sony さんにいわせるとこういった使い方ではSony α77IIが一番向いていると言っていました。確かに、トランスルー・ミラー、79点AF、12コマ/秒連写など、から考えるとそうなりますね。当方としては<AF追尾>はPanasonic Lumix GH4に振りましょう。なにしろ40コマ/秒の連写ですから。
結局、以下のブログの<AF追尾>は上手くいっていないと考えた方がよいようです。
上手くゆかない責任を全てSony 70-300mm G SSMに押し付けてしまったようで、申し訳ありません。しかし、書いてある結論はかわりません。


2015-8-16
東京湾野鳥公園でAF追尾の試写をトライ。コンティニュアスAFでAFロックという設定にします。鳥を撮る機材はマイクロフォーサーズに移動してしまったので、フルサイズSony α7RIIに使えるAF望遠はSony 70-300mm G SSMしかありません。これでは鳥撮りには無理なので、デジタルズームで2倍にしてみました。600mmです。結果はよくありません。デジタルズームはSony α7RIIになっても、あまり使いたくないしろものです。
肝心のAF追尾の試写はどうなったか? すみません、当方はAFに弱いので、AF追尾が上手くいっているのかいないのかよくわからないのです。とにかく手持ち、コンティニュアスAF・AFロック、5コマ/秒連写、シャッター速度1/1000~1/2000で動く鳥を狙って1000枚くらいとりました。当方は何度も言うようにいわゆる鳥撮りには興味ないので、珍しい鳥を撮りたいとは全く思っていません。ということで、その1000枚からおもしろい鳥の表情を引き出せたら、AF追尾が意味あったと思うことにしましょう。

yck1.jpg

yck2.jpg
しつこく2枚のせたのは単にバックの波のラインが面白かったからです。

yck3.jpg
サギは足の表情が面白いのです。

yck4.jpg

yck5.jpg
せっかく採ったカニを落としてしまった場面。

yck6.jpg
落としてしまって、バカだなおまえは。    うるせえ! という場面。

yck7.jpg
ま! いいか! という場面。

yck8.jpg
超ひまだー! うるせーボケ!  と叫んでいる場面。

yck9.jpg

yck10.jpg
しるか! アホ! という場面。

yck11.jpg

yck12.jpg
鳥が好きな方には、どんな鳥が見られるか興味あるでしょうから、掲示板をのせておきます。これは珍しい鳥を見たひとが申告するものです。一枚目がお客さん、二枚目がレンジャーさん。いつもいる鳥は野鳥公園のHPに出ているでしょう。

yck13.jpg
周りのバードウオッチングのオジサン・オバサンの集団がコチドリとさわいでいました。
この一匹であーだこーだ30分くらいさわいでいる。

yck14.jpg

yck15.jpg

yck16.jpg
一つ前をトリミング。ANAと日航、両方のせないと悪いと思って。いずれもAF追尾の試写のつもりで撮っています。

yck17.jpg

yck18.jpg

yck19.jpg

yck20.jpg

yck21.jpg

yck22.jpg

yck23.jpg
この東京湾野鳥公園はもっぱら鳥を見に来る人の為の公園で、周り中、鳥の話が飛び交っています。当方にはなんとも居心地の良くない公園なのです。家から車だったら30分くらいで来られるのに、公共交通機関では3回から4回乗り換えで、1時間くらいかかる、行きにくい所で、うれしくないのです。AF追尾の試写だからしょうがない、観察小屋やネイチャーセンターがあって、日蔭で撮影できるから、この暑い時に、ここしかないと思って来たのですが、なんともスッキリしない気分で、帰路に着きました。今回の帰りに、初めて品川南口を乗り継ぎ点として2本のバスでつないでみました。一回乗り換えで45~50分くらいで着きました。これは発見なのですが、まず、また来ることは無いでしょう。Sony α7RII + Sony 70-300mm SSMの組み合わせも、もういやです。この旧型のSony 70-300mm G SSMは、色、解像、AF、全てにおいて、Sony α7RIIのセンス・先進性をスポイルしています。今後、Sony α7RIIにはAF・Long望遠はつけませんし、鳥も撮りません。高いAF・Long望遠レンズを買う気もありません。Long望遠は手持ちのMF, 200mm(coBORG)、350mm (miniBORG60ED)とSony/Zeiss Sonnar 135mmですませます。買い足すとしてもZeissかライカの中望遠まで。Sony α7RIIは鳥撮りなどというガサツなことに使う機材ではありません。こういう世界はマイクロフォーサーズが受け持てばいい。ということで、AF追尾は結論なして、終了します。1000枚撮っても、美味しくない料理をいっぱい食べさせられたごとくに気分が悪い。Sony α7RIIにはいいレンズをつけて、いいものを撮らなくては。

Sony α7RII 試写 ~その3 Sony FE 90mm macro レンズ編~

Sony α7RII 試写 ~その3 Sony FE 90mm macro レンズ編~

今日は野鳥公園にいってAF追尾のテストを行うつもりでしたが、天気が悪そうなので、あきらめて、自然教育園でSony FE 90mm macro レンズの試写を軽く行いました。
以下、全てSony α7RII+Sony FE 90mm macroです。この組み合わせは双方のいいところを生かすとても良い組み合わせではないかと思います。貯金を皆はたいて、Sony FE 90mm macroを買ってよかった。

itg1.jpg

一応、AF追尾が出来ているように思います。5コマ/秒連写を使っています。

itg2.jpg

同じくAF追尾のつもりです。

itg3.jpg

itg4.jpg

ゲンノショウコの花が咲き始めました。一つ前の写真のトリミングです。

itg5.jpg

itg6.jpg

itg7.jpg

itg8.jpg

一つ前の写真のトリミングです。

itg9.jpg

itg10.jpg

itg11.jpg

一つ前の写真のトリミング

itg12.jpg

1つ前の写真をさらにトリミング

itg13.jpg

itg14.jpg

一つ前の写真をトリミング

itg15.jpg

itg16.jpg

itg17.jpg

一つ前のトリミング

全体の感想は、1)AF追尾はいけそうです。今のところはっきり結論付けられませんが、望みはありそうです。今後、さらに追いかけます。
2)これまでのAFはピンポイントで合焦させようとすると、場所によっては頑なに拒否される場合が多かったが、今回はポイントを動かし、再トライすることにより、柔軟に合焦するようです。これはα7RIIのAFポイントが増えたことも一つの理由と思いますが、AFのインテリジェンスが向上しているように思えます。もう一つのインテリジェンスの向上にSony FE 90mm macro レンズのしくみが貢献しているようです。例えばヘリコイドリングを前後の動かすことによりAF/MFの切り替えがスムースに出来ます。このシステムにはDMFも連動しており、使い込めばAF/MFを自由自在に駆使できる希望がもてます。全体に使う人の意向によりそう、インテリジェンスの向上と捉えることが出来ます。
3)画質に関してですが、高画素数のメリットは充分感じられます。これは問題ないでしょう。色に関しては、まだ結論がでませんが、何となく感じるのは、設定の変化により、より敏感に色調が変化するように感じます。先日、日蔭部分の色とノッペリ感に文句をいいましたが、これは暗所の色がつぶれないように自動的に動いている為と考えられます。言葉をかえると、使い手が設定を色々動かすと、カメラがどんどんついて行くというこれもインテリジェンスの向上という表現が当たっているように思うのです。

ニコンのように、色々な仕組みを付加することにより、使い手の意図が実現するようにもってゆく。すなわちプロ仕様がバックにあり、どこまでプロ仕様を価格内で提供できるかという方向ですが、Sonyは思想が違うと思います。Sonyは40万円を超すSony α7RIIですら、プロ用とは言わずに、アマチュア・ハイエンドの機材として位置付けています。使い手の意図をいかに機械が汲みとることができるかが目的なのです。機械のインテリジェンス能力を上げて行こうという方向です。
カメラ雑誌の評論家はSony α9で早くプロ機材を出せと言っていますが、そんなことは無視しましょう。プロ機材はプロ機材、それはそれ。アマチュア機材はプロ機材のレデュース版であってはいけない。もっと使い手が自由に楽しめる機材を目指すのでいいのです。過去の写真・カメラの世界を越えて、新しい世界をめざしてこそSonyでしょう。

ここのところ、Sony α7RII一台だけを持って撮影に行っています。この一台を徹底的に使いこなすことにより、相当な程度に、使い手の意図を自在に実現出来る予感がするのです。

言い過ぎかもしれませんが、このカメラは見た目は従来のカメラであり、操作自体も従来のカメラで、決して異次元未来性を全面に出だすことはしていませんが、内在する思想はコンピューターやスマホに内在される、使い手の意図に従って動く、インテリジェント・メカの始まりのような気がするのです。

とにかくやる気になる機材です。

Sony α7RII試写 ~その2 新宿御苑編~

Sony α7RII試写 ~その2新宿御苑編~

2015-8-12

今日はSony α7RIIのAF追尾能力のテストのはずだったのですが、後でも書くように、今日はそれが出来ずに、Sony のZeissレンズとGレンズの比較のお話しになってしまいました。
今日使ったのはSony 70-300mm G SSM (正式にはSony70-300mm F4.5-5.6 G SSM SAL70300G)とSony/Zeiss 16-35mm(正式にはSony Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z)です。

当方のいままでの経験では
1)Zeiss Planar 100mm macroでも50mmでも近景に対する解像は抜群であるが、遠景になるとボケがザワついてうるさい。ZeissでもSonnar 135mmではそういうザワつきがない。
2)解像に徹底的にこだわったZeissとちがって、ミノルタの流れをくむGレンズは光を集めることにこだわっており、設計方針が全く違うらしい。その結果、ボケがきれいであるという評価である。SonyのSonnar 135mmとDistagon24mmでの撮影を受け持ったあるプロさんが、次はボケのGレンズを使ってみたいと言っていた。これは意味深です。
SonyのAマウント、135mmはZeiss (Sony Sonnar T* 135mm F1.8 ZA SAL135F18Z)
とミノルタ系Sony 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28の2種があって、値段も同じくらい、人気も2分している。この古いMFのSTF SAL135F28のボケによる人気は異常なくらい高い(当方は持っていないのでわからないが。そのうち購入したいものだ)。当方はSony Sonnar T* 135mm F1.8 ZA SAL135F18Z を絶賛しており、それと人気を二分するミノルタ系レンズとはいったい何者なのだ。

当方を魅了しているZeissの色は単に色調だけではなくその卓越した解像能力の連動が重要であると思っています。一方、最近フォクトレンダーF0.95レンズによって開眼した<ボケの世界>は、ボケとその色調は一体となって、Zeissとは全く違う世界を形成していると思うようになりました。

Zeiss一本やりで来た当方にとってこのミノルタ系レンズのボケは興味があります。しかし、後述の様に、当方の持つ唯一のGレンズ、Sony 70-300mm G SSMはZeissに対抗できる画質とは思えないのです。そこで、本日(2015-8-13)はとうとうSony FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28Gを最安値店で購入。これでGレンズの本当の力を知ることが出来るかもしれない。Sony FE 90mm F2.8 Macro Gの話はまた後程として、今日はSony 70-300mm G SSMで我慢していただきます。なお最近Sony 70-300mm G SSMの後続、70-300mm F4.5-5.6 G SSM II SAL70300G2が発売になっているので、画質が改良されているかもしれません。その分、値段も10万円を超えています。値段を上げて、儲けるための改良で、そんなに良くなるはずはないという身内のSony関係者の意見もありました。

gzc1.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM

今日は夏雲をテーマにしてみました。自然教育園と違って、新宿御苑は広場が大きいので空を広々と写せて、幸せです。

gzc2.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM

最初から文句をいうと、この日陰の色は嫌いです。全体にのっぺりとした感じ。なにか今回のSonyα7RIIはペンタックスK7, 5 の日蔭の色に良く似ています。良い意味ではありません。ペンタックスK20DからK7に変わった時に受けたのっぺり感です。同じCMOSイメージセンサなのに、なぜか違うのです。CCDイメージセンサペンタックス645DからCMOSイメージセンサ645Zに変わったときに色調に文句を言っている人がいました。
Sony α7RIIは裏面照射型センサーに変わったということで、色調はとても気にしています。

Sony Gレンズのせいかな? この色調の問題は今後の課題、延長戦です。

gzc3.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM

オートフォーカスのいやなところ。中央のメシベかオシベに合わせたかったのですが。AFは勝手に花びらに合わせてしまいます(こういう時はDMFでやればいいというでしょう。 そんなら最初からMFでやりますよ、ばかばかしい)。

gzc4.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM サルスベリ

gzc5.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM サルスベリ

この辺の色もツアイスとは違って、色気無し。

gzc6.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM キョウチクトウ

gzc7.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM ムクゲ

なごりのムクゲが一輪残っていました。やはりメシベ、オシベにピントが合いません。

gzc8.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM

この色も無難だが色気無し。

gzc9.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM サルスベリ

gzc10.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM ミナヅキ

光が強ければ、なんとか見られますが、このGレンズの色は無難だが色気無し。やっぱり売ってしまおうか?

gzc11.jpg
Sony α7RII + Sony/Zeiss 16-35mm  サンゴシトウ

gzc12.jpg
Sony α7RII + Sony/Zeiss 16-35mm アガパンサス

やはりツアイス・レンズの色はほっとします。

gzc13.jpg
Sony α7RII + Sony/Zeiss 16-35mm マルバチシャノキの実

明暗の激しい難しい場面ですが、やはりツアイスは安心します。なんでだろうか? うまく説明できない。

gzc14.jpg
Sony α7RII + Sony 70-300mm G SSM サルスベリ

最後に再びGレンズ。AFの試写ということで、しかたなくSony 70-300mm G SSMを使いましたが、こういう静物を撮る時はSony 70-300mm G SSMではあんまりやる気でません。

ここまで載せた絵はみんなAFで撮っています。Sonyα7RIIは特に問題なくAF撮影出来ています。目的はAF追尾能力を試すことだったのですが、AF追尾する被写体を見つけられず、それよりも、帰ってからAF追尾のセッティングを間違えていたことに気が付きました。AFをスナップ撮影以外に全く使わない当方はAFレポーターとしてはぜんぜん向いていないのです。気をとりなおして、もう一度、次回にAF追尾をトライしましょう。今回は役立たずのレポートですみません。

Sony α7RII 試写 ~その1 自然教育園編~

Sony α7RII 試写 ~その1 自然教育園編~

2015-8-9
当方のSony カメラの保有状態の変遷は次の通りです。

2013-11 NIKON D800E + Sonyα7R
(NIKON D800Eは2台目のSonyα7Rの資金源として売却)
2013-12 Sony α7R 2台
2014-7 Sony α7R 2台 + Sony α6000
2015-3 Sony α7R 2台 + Sony α6000 + Sony α7S
(Sony α7R 1台とSony α6000はSony α7RIIの資金源として売却)
2015-8-7 Sony α7R + Sony α7S + Sony α7RII

ということで、現状Sony α7R 、Sony α7S 、Sony α7RII の3台がならんでいるのです。
これをどう使い分けるか?
あるいはどれか必要ないなら売ってしまいましょう。どれがいらないのでしょうか?

一応、適当にスペック概略を書いておきますが、カメラはスペックよりフィーリングと実績ですよ。

sr2-1.jpg
Sonyα7シリーズは世界唯一のフルサイズ・ミラーレスです。当方は一眼レフは念頭にありません。ミラーレスの利点は何度も書きましたが、1)軽い 2)連続したライブビュー 3)他社のレンズが皆使える の3点です。3)だけはどうころんでも一眼レフにはできません。ソニーさんにははやいところ中判サイズのミラーレスをお願いします。このあたりは最後にまた議論しましょう。

Sony α7R + Sony α7Sに、Sony α7RIIが加わったからといって、一見、とりたてて大きな飛躍はないように見えます。
スペック的にはSony α7シリーズの中で最上位ですが、47.4万円(ソニーストアー・税込)にみあう、スペック上のセールスポイントを感じるのは難しいでしょう。Sony α7RIIを買う人の大半はおそらく、Sony α7シリーズを経験して、Sony α7RIIの意義を十分承知の人か、あるいは<本体記録できる4K動画>のために買っていると思います。動画に興味ある人は<本体記録できる4K動画>一発で、Sony α7RIIを買うでしょう。当方は<本体記録できる4K動画>に興味が十分ありますが、動画は撮ったことがないので、当面はスチールカメラとしてのSony α7RIIの意義をコツコツ追うことになります。

当方は腰痛が完治していないので、ヒョコタンヒョコタンとやっとこ自然教育園に出向いて、なんとかSony α7RIIのメリットを探します。

まずはフォクトレンダーNOKTON 50mm F1.5を付けます。

sr2-2.jpg

sr2-3.jpg

sr2-4.jpg

sr2-5.jpg

ここまででも、かなり画素数の高さを感じています。色については特に感心することはありません。

sr2-6.jpg

Sony α7RII + フォクトレンダーNOKTON 50mm F1.5

しつこく、ミツガシワと入道雲にこだわって撮りつづけています。

sr2-7.jpg

次にフォクトレンダー・ウルトラワイドヘリアー・12mm

sr2-8.jpg

Sonyα7Rのときの周辺の色にじみが消えています。多少の周辺減光はありますが、Sonyα7Sなみかそれ以上に周辺減光が抑制されています。これはびっくりです。画素数を向上しながら、周辺減光をおさえることができるとは予想していませんでした。

sr2-9.jpg

sr2-11.jpg

sr2-12.jpg

一つ前の画像をトリミングしたものです。上では気が付かなかったアリの存在が主張をもってきました。このように撮った時に気が付かないことが、トリミングで見えてくるというのが、高画素数の存在意義の一つです。ペンタックス645Dの高画素を表現する時に盛んにこの表現が使われました。

sr2-13.jpg

sr2-14.jpg

次はcoBORGです。仕様をAPS-Cに変更しています。残念ながら、よい被写体が見つからないうちに、自然教育園3周、10000歩が終了してしまいました。

sr2-15.jpg

sr2-16.jpg

このクロアゲハはかなり暗いところで休んでいました。かなりノイズが抑えられています。
なにかSony α7Sよりノイズが抑えられているような気がします。そんなはずはないのですが。スペック的にはSony α7Sの方が高感度特性がずっと上のはずなのです。

それからシャッター・フィーリングはずいぶんとよくなりました。Sonyα7Rのグチャというガマガエルをふみつけたようなシャッター・フィーリングは、苦心の末やっとこ一枚の絵を切り取ったというような、達成感があって嫌いではなかったのですが、Sonyα7RIIはずっとスマートになりました。無音にもできるようです。

今回はわずかな、試写でしたが、ひいき目なしで、正直なところSonyα7RIIの総合的力を垣間見た感じがします。フォクトレンダーのような他社の広角レンズがSonyα7RIIで使えると言うことは、びっくりの朗報でした。こればかりはやってみないとわからないので、Sonyα7RIIを買おうと思っている方にはこの情報は貴重でしょう。

今回はすべてMFでした。次回はSonyα7RIIのAF能力をテストしてみましょう。お楽しみに。ところで当方 Sony用AFレンズをあまり持っていないのです。最近発売されたSony FEマウント90mm macroがSonyα7RII にもっとも適したSony用AFレンズと思って、これを狙っています。これを買うと当方の昨年のLifeSeq㈱での稼ぎはほぼ底をつきます。さびしい。今年の稼ぎに精を出さねば。



自然教育園日記 その45 夏の風景その2

自然教育園日記 その45 夏の風景その2

2015-8-5
日曜に陶芸にいって、2時間半の間ずっと同じ姿勢で立体を作っていた後、完全に腰痛になって、日曜の午後、月曜、火曜と寝たきりになってしまいました。テニスを再開したことが、腰に負担を与え、中腰の撮影と陶芸が完全な腰痛を発生させたようです。水曜は、いつまでも寝ていると寝たきり老人になってしまうことをおそれて、自然教育園に向かいました。重たい荷物がもてないので、最小の機材を選びました。それはSony alpha7S + coBORG, フォクトレンダーNOKTON 50mm F1.5+フォクトレンダークロースアダプター+接写リングです。最小の機材として、この組み合わせは、もっとも軽く且つ使える絵が撮れることを考えての布陣です。予備バッテリー、予備チップ、携帯電話、虫よけスプレー全部Sony Body Bagにいれて、実測1.74Kg。

以下に載せるように、飛び物からクローズアップまでをこの布陣でこなすことができています。自然教育園の午前中は常連さんが皆、集まっていました。今日はちょっと風があるので、9時から11時くらいまでは森の中は何とかトレラブルです。

ntf1.jpg
Sony alpha7S + coBORG

ntf2.jpg
Sony alpha7S + coBORG

ntf3.jpg
Sony alpha7S + coBORG

ntf4.jpg
Sony alpha7S + coBORG

実は、今時のチョウはよく見るとボロボロなのです。ボロが目立たない角度の写真だけを載せています。クロアゲハなぞ見るもかわいそうなくらいにボロボロです。

ntf5.jpg
Sony alpha7S + coBORG

これはサギの群れだろうか? 白と黒(カラス)が行き違う。

ntf6.jpg
Sony alpha7S + coBORG コバギボウシ

ntf7.jpg
Sony alpha7S + coBORG

ntf8.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーNOKTON 50mm F1.5 + 接写リング

写真クラブの方が見つけて教えてくれました。道端で10分くらいこの格好で、まったく飛ばずに撮影されていたオニヤンマです。これは奇跡的ですよ。真正面から接写しようと思ったら、さすがに飛び去ってゆきました。

このオニヤンマの眼と翅は魅力的色とパターンを持っているから使えるかもしれない。使えるというのは、<自然からの色とパターンの収集対象>として、陶芸や絵画のモチーフとして使えると言う意味です。

2015-8-6
9時に自然教育園に入ると、まだほとんどヒトがいません。ヒョウタン池にカワセミさんがいました。

ntf9.jpg
Sony alpha7S + coBORG

ntf10.jpg
Sony alpha7S + coBORG

ntf11.jpg
Sony alpha7S + coBORG

ntf12.jpg
Sony alpha7S + coBORG

このグロアゲハは孵化直後と写真クラブの方はいっていたが、すでにボロボロで飛べずに地面をはっている。

ntf13.jpg
Sony alpha7S + coBORG

またもやオニヤンマ。オニヤンマはいつも池の上を飛んでいると思っていたのですが、結構道端の日蔭の枝で休むようだ。

ntf14.jpg
Sony alpha7S + coBORG コミスジ

ntf15.jpg
Sony alpha7S + coBORG

クロアゲハ、これもボロボロ

ntf16.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーNOKTON 50mm F1.5  夕暮れに入道雲

これは夕方家から撮ったもの。

今日は10時には自然教育園の森の中でもすでに30℃を越えたようです。それでもまだ森は元気に生きています。心配なのは鳥や虫。虫はまともに動けず、木陰にかくれ、その虫を食べるスズメバチ、トンボはどうやって生きてゆくのだろう。カワセミもコサギも魚がとれるのだろうか? 池にはアオコがびっしりと覆う。 こいつらは動けなくなったら死ぬしかない。 

一方、当方は、腰痛をかかえつつもなんとか10000歩を達成して、11時には家に帰って、朝風呂に入って、ビールを飲む。これ結構、天国です。

明日は予約しておいた、新発売Sonyα7RIIを買いに行きます。どうなることやら。



自然教育園日記 その44 真夏の風景

自然教育園日記 その44 真夏の風景

この暑さ、お手上げです。

mnf1.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダー NOKTON 50mm F1.5  フシグロセンノウ

mnf2.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダー NOKTON 50mm F1.5

今日も昨日に続いて35℃の中、フシグロセンノウだけは撮ろうと自然教育園に向かいました。これだけ暑いとフシグロセンノウはそう長くはもたないと思ったのです。薄暗い木影に一か所だけフシグロセンノウが咲いていて、何かいい考えはないかといろいろ試みてみましたが、結局これ以上撮り様がありません。撮影は3時半から5時のわずかな時間で歩きもせずに、フシグロセンノウだけを相手にしたのですが、その晩の水の飲み方と体温の状態から熱中症気味になっていることがわかりました。さすがに、しばらくは撮影は危険と思わざるをえません。(2015-7-31)

mnf3.jpg
Sony alpha7S + coBORG  ヤブラン

mnf4.jpg
Sony alpha7S + coBORG  キツネノカミソリとヤブラン

春は紫と黄色の花が多い、夏は紫とオレンジの花が多い。これは何故だろう?(2015-7-31)

mnf5.jpg
Sony alpha7S + coBORG  メジロ

mnf6.jpg
Sony alpha7S + coBORG  メジロとシジュウカラ

mnf7.jpg
Sony alpha7S + coBORG  メジロとシジュウカラ

突然、メジロ、シジュウカラ(おそらくコゲラ)が一か所に集まってさわいでいる。集団で水を飲んでいるようである。また、突然、全員消えていました。夏の小鳥たちはいつもこんな具合です。(2015-7-31)

mnf8_20150801192014fe9.jpg
Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mm II

コミスジは羽をあまり大きく羽ばたかずに水平にして飛ぶことが多く、ヒンラリヒラリと頼りげないが、春はじっとしていない。初夏の今頃からは暑すぎるのでしょうか、結構止っているコミスジに出会うようになります。(2015-7-26)

nmf9.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーNOKTON 50mm F1.5  コバギボウシ

nmf10.jpg
Sony alpha7S + coBORG

チョウも暑くてフラフラ、水分を求めて地面に口をつっこみます。近付いても逃げようともしません。(2015-7-24)

nmf11.jpg
Sony alpha7S + フォクトレンダーNOKTON 50mm F1.5

ミツガシワと入道雲。今日は入道雲が出ています。実際に帰りぎわに夕立と雷に襲われました。(2015-7-24)

プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック