中禅寺湖 しぶき氷 その2 

中禅寺湖 しぶき氷 その2 

これがしぶき氷。湖のしぶきが凍り付いて容易には解けない状態になっているのです。2月末にもなると大幅縮小形(おそらく1/10)になっていましたが、それでも造形の面白しろさは残っています。溶けかかったしぶき氷という形は、それはそれで面白い。雪で対象まで近づけませんから、coBORGが大活躍でした。300gの重さで、実質330mmの望遠レンズはただ感謝あるのみ。

Sony alpha7R (APS仕様) + coBORG (実質330mm)
cjk25.jpg

cjk26.jpg

cjk27.jpg

cjk28.jpg

cjk29.jpg

cjk30.jpg

cjk31_201502241950387b0.jpg

cjk32_201502241950382c4.jpg

cjk33_20150224195037813.jpg

cjk34_20150224195037071.jpg

Sony alpha7R + Zeiss Distagon 18mm
cjk35_20150224195036e01.jpg

Sony alpha7R + Zeiss Plannar 100mm macro
cjk36_20150224195035c89.jpg

cjk37.jpg

Sony alpha7R (APS仕様) + coBORG (実質330mm)
cjk38.jpg

cjk39.jpg

持って行ったレンズはそれぞれ、それなりの個性を発揮して、満足です。カメラとレンズは3Kgくらいでしょうが、リュックと雪対策用品、小型三脚、カメラ備品もろもろなど総計は7, 8Kgを背負っていることになります。車を使わないのは気楽ですが、荷物が重たいのはこたえます。
1、東武線の日光フリーパスは往復電車、バス乗り放題(湯元、戦場ヶ原までいける)で4千円ちょっと。快速を使えば特急料金なしで、大差ない時間で着きます。バスも1時間に最低2本あるし、電車で行くなら、日光は安上がりに異次元の世界に入れる関東一の地域でしょう。
2、奥日光ではスノーシュートレッキングは盛んにおこなわれていて、スノーシューを貸すところもあります。中禅寺湖畔でもスノーシューを使えば撮影可能かもしれません。
ところどころに、湖畔の建物に住む人が、脇道の雪かきをしているところがあります。うまくそれを見つけることができれば、雪にうずもれずに湖畔に出ることができるかもしれません。そこで、当方が何をねらっているのか、それは秘密です。
3、中禅寺湖の中禅寺温泉よりの湖畔はきっと、風下にあたるのでしょう。雪が吹き飛ばされて、積雪が少ない。湖の水がしぶきになってしぶき氷ができやすい。遊覧船や各種船の発着所および湖畔の整備が整っているから、湖畔に近づきやすい。気軽にしぶき氷をみるなら中禅寺温泉湖畔である。
4、氷はおもしろいです。無限のパターンがあります。今回は、残念ながらライト類を持って行かなかったけれど、上手く光を使わないと、単純になってしまいます。今回は、はじめてなので、下調べのつもりでしたが、面白かった。





スポンサーサイト

中禅寺湖 しぶき氷 その1

中禅寺湖 しぶき氷 その1
2015-2-21(土曜)
去年、湯元、戦場ヶ原の雪景色を撮りにいった時の帰りのバスで、中禅寺湖畔に点在するしぶき氷を垣間見て、いつか撮影してやろうと密かに思っていたのです。しかし、いざ行くとなると、氷があるのか、雪がどうなっているのか、どんな装備が必要か、さっぱりわからず、ぐずぐずと2月も末になってしまいました。中禅寺湖はこれまで一週間くらい雪が降り続き、気温も氷点下が続いています。21日から気温が上がるが、晴れは21日だけ、22日からは雨という予報です。21日しかない、ラストチャンスと意を決して、中禅寺湖、しぶき氷の撮影に向かったのです。電話で観光案内所に聞くと、湖畔の遊歩道路は雪が積もっており、歩くことは不可能ということでした。登山靴につけるスパッツと簡易スパイクまで用意しました。結果は、バスの運ちゃんいわく、今日は奇跡な晴天、こんな日は冬にそうあるものじゃないとのこと。しかし、菖蒲ヶ浜遊覧船発着所から始まる湖畔の遊歩道路にはいろうとしましたが、雪は30cmから1m、スパイクをつけても歩けません。これはスノーシューかショートスキーでないと無理です。あきらめて、茫然としていると、桟橋の屋根からツララがいっぱい下がっているのに気が付きました。それを撮り始めたら面白くなって、およそ3時間も撮っていました。

cjk1.jpg

Sony alpha7R + Zeiss Plannar 100mm macro
cjk2.jpg

cjk3.jpg

cjk4.jpg

cjk6.jpg

cjk7.jpg

cjk8.jpg

cjk9.jpg

cjk10.jpg

cjk11.jpg

cjk13.jpg

cjk14.jpg

cjk15.jpg

cjk16.jpg

cjk17.jpg

cjk18.jpg

Sony alpha7R + Pentax FD 31mm limited
cjk19.jpg

Sony alpha7R + Pentax FD 77mm limited
cjk20.jpg

cjk21.jpg

cjk22.jpg

誰にも邪魔されずに、アホみたいにツララを撮り続けていました。

Sony alpha7R + Zeiss Distagon 18mm
cjk23.jpg

湖畔にはどこからはいりこんだのか、鳥撮りの連中が大砲レンズを付けて、こちらもアホみたいに鳥のくるのを待っています。

Sony alpha7R + coBORG
cjk24.jpg

お互いにアホ同士です。

すぐそばのレストラン奥日光はこのへんでは珍しく営業していました。遊覧船は4月上旬まで営業していません。このあたりには、有名なホテルが2,3軒あるものの、遊ぶところは無いし、歩けないし、ウロウロしている人は相当変人です。レストランのオジサンいわく、タカ(正確な名前は忘れました)を撮りに来ているとおもいますが、ここのところタカを見ないから、どこかに移動してしまったようですよ。撮りに来ている人には申し訳ないけど。ここのところずっと雪で、1mはつもっています。とうてい歩けないですよ。夕方湖の上に雲があると、真っ赤に染まって、いい写真がとれますよ。とまでアドバイスしてくれました。
  来る途中の中禅寺温泉から湖で出たあたりの桟橋にはしぶき氷がまだ残っているのが見えていたので、残りの時間は、そちらに戻って、<なごりのしぶき氷>を撮影しました。なぜそちらを後回しにしたかというと、ここならだれでも撮れるから、車で来て、ちょっと撮影してしぶき氷だといって、ブログにアップする人と同じことはしたくないという、ひねくれ者の意地があったからです。でも結構おもしろいしぶき氷の写真がとれましたよ。ぜひ、<中禅寺湖 しぶき氷 その2>も見てください。









自然教育園日記 その15

自然教育園日記 その15

いつも同じような絵で申し訳ないので、明日は意を決して、中禅寺湖に<しぶき氷>を撮りに行く予定です。まだ氷が残っているか? うまく、人の行かない雪道をかき分けて湖畔に出られるか? 初めての試みなので、まったくわかりません。明日は一人で雪にうずもれて遭難し、このブログが最後になるやもしれぬとも思いながら、<その15>を書きます。

手を変え品を変えて、ユキワリイチゲとセツブンソウをこれでもかと撮り続けています。どこかで、花の状態と光と機材が上手く同調する時が来るといいのですが。

1、2015-2-11 Fujifilm X-T1 + miniBORG 60ED

220-1.jpg

220-2.jpg

220-3.jpg

久しぶりに使う機材の組み合わせで、うまく撮影条件を整えることができません。

220-4.jpg

2、2015-2-11 Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII
この組み合わせはだんだん板についてきました。

220-5.jpg

220-6.jpg

220-7.jpg

220-8.jpg

220-9.jpg

ウグイスのなかまのようです。

220-10.jpg

220-11.jpg

3、2015-2-11 Sony alpha7R + Zeiss 100mm macro

220-12.jpg
セツブンソウ

220-13.jpg
ユキワリイチゲ

220-14.jpg

220-15.jpg

220-16.jpg

4、2015-2-15 Sony alpha7R + Pentax FA 31mm limited

220-17.jpg

220-18.jpg

5、2015-2-15 Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII

220-19.jpg
コゲラの飛ぶところを撮影しようと何度も試みているのですが、この鳥の飛ぶタイミングをつかむのはまったく難しい。

6、2015-2-19 Sony alpha7R + Zeiss 100mm macro

220-20.jpg

220-21.jpg

220-22.jpg

220-23.jpg


220-24.jpg

7、2015-2-19 Panasonic Lumix GH4 + Olympus 75-300mmII

さっそくPanasonic Lumix GH4を購入しました。さすがに中古がないので、最安値新品です。いそがしくて、使い方を勉強できなく、今日はぶっつけ本番です。

220-25.jpg
シジュウカラ

色は結構きれいで、Panasonicの方がOlympusより上かもしれません。AF速度はとても速い。マイクロフォーサーズはPanasonic ボディーとOlympus レンズでもまったく問題なくシンクロします。他社同士のAFシンクロは初めての経験で、感心しています。

220-26.jpg

220-27.jpg
エナガでしょう。

220-28.jpg

220-29.jpg

220-30.jpg
シジュウカラ

おもしろい表情を取り出せるのは、超高速連写や4K Photoのメリットかもしれないと、今後を期待しています。

220-31.jpg

今回は初めてPanasonicを使うので、動画切り出し4K photoでなくて、超高速連写30枚/secで撮っています。シャッターを押してから撮影開始までのタイムラグがPanasonicの方がOlympusより大きいので、飛び鳥がファインダーから逃げてしまい、せっかくの超高速連写が生きません。ピントも皆はずれでした。しかしながら、思ったよりPanasonic Lumixは良くできたカメラで、上述のタイムラグを克服すれば、結構使えるかもしれません。超高速連写にしろ、4K Photoにしろ、出だしのタイミングをとるのは難しいので、前もって連写を初めて、鳥がうまく飛ばなかったら、すぐ消去してゆく手法に切り替えてみましょう。

CP+ 2015 レポートその2

CP+ 2015 レポートその2

4、4番目はOlympusです。

cp27.jpg

cp28.jpg

このコーナーは2つの要素が混在しています。1つはレンズカメラで、スマホとWi-Fiで連動しており、スマホで色々な遠隔操作が出来ることと、カメラ部分がWi-Fiを受けてレンズを作動させる部分と、レンズ部分の2つに分かれており、レンズ部分は他のマイクロフォーサーズが使えるということです。小さくて、ソニーのレンズカメラよりずっとやる気がします。当方勘違いしていて、レンズカメラは、このOlympusでもソニーでも直接にレンズカメラとスマホがWi-Fiで交信しているので、Wi-Fi環境のない山の中でも連動するそうです。これ買いですよ。3月何日だったか? 近々発売予定だそうです。

もう一つは3Dプリンターです。Olympus関連の色々な、たとえば、写真のようなレンズカメラ用の透明カメラボディーのようなもののデータを無料で提供するので、自分で3DプリンターでOlympusグッズを作ることができるのです。ユーザーが作るソフトの交換場所を設定しており、ユーザーとメーカーが2wayでプログラム創造の場を構成するという試みです。

Olympusはどこか頭でもぶつけたように、ここのところ突然冴えてきました。
(昔からだという声も聞こえますが?)

cp29.jpg

Olympusのマイクロフォーザーズ・ProレンズがこれからのOlympusの稼ぎのネタとするようで、すでに好評発売中の40-150mmProに続いて、夏に7-14mm, と8mm単焦点を出すそうです。300mm単焦点はいつだすのかと問いただすと、もこもこ言いながらどうやら、この夏の広角レンズでひと稼ぎしてから、秋から年末くらいに300mm単焦点をだして、またひと稼ぎを狙っているようです。

5、5番目は空撮です。

cp30.jpg
INSPIRE 1
最大飛行時間18分、4Kカメラを搭載したワンパケージ製品です。

cp31.jpg

世の中, とっても変わってきましたね。楽しそうだがお金もかかる。

これから先はただの情報です。

6、ソニーはガッカリでした。特に新しい物はなし。新しい方向もなし。今や、先進性とやる気でOlympusやCasioの後塵をはいしているとも見えます。得たい情報は3つ。1)Sony alpha9はどんな方向にゆくのか? 答え、全く影も形も無し。2)Sony alpha6000の進化形はいつどのような形になのか? 答え、全く影も形も無し。3)SonyはPanasonicであれほど売り出している4K Photoを出すつもりがあるのか?Sony alpha7Sに4K動画センサーが付いているのに記録できないが、外付け記録装置を開発する気があるのか? 答え、4K Photoってなんですか? 人をいろいろ変えて聞いてみる。4Kハンディーカムのコーナーでやっと話が通じた。そうですかPanasonic でそんなに4K Photoを売りだしているのですか、後で行ってみよう。外付け記録装置はATMOS Shogunという海外の製品で、日本びいきのメーカーさんの製品です。27万円、プロ用記録装置にくらべると破格の値段です。 自社で開発する話はありません。ニーズがないし、ムービー部門アマからプロまで相手にしているから、カメラはあくまでアマ相手なので、4K動画の記録のアマ向けは考えていないのです。Panasonicさんのシェア知ってますか、微々たるものですよ。レンズは無いし。という。 当方がレンズはマイクロフォーザーズだからOlympusのレンズを使えばいいから問題ない。ソニーの方はみなさん自分で写真とってないでしょう、鳥撮りなぞ全く知らないのでは、というと。あっさり、そうなんですよ、ソニーの人はみんな自分で写真を撮っていないのです。ガピョーンです。これではライトフィールドカメラでLytroが大きなブースを構え始めたことなぞきっと知らないのでしょう。

cp32.jpg

ソニーのコーナーで、鉄道撮りの有名な写真家がトークをしていました。しかしこの方、この後でニコンのコーナーでトークをしています。お金をばらまいても心は伝わらないと思うのですが。

Sonyのコーナーで色々トークを聞いたけれど、Sony alpha7Sはやはり興味あります。いまソニーは5軸手振れ補正付が目玉ですから、それが付いていないSony alpha7Sにも5軸手振れ補正が付くとだれもが予想する。よって、現行Sony alpha7Sはじわじわ値が下がると踏んで、そのうち買いましょう。

しかし、ソニーさん、手振れ補正はレンズに付けるといったり、ボディーに付けると言ったり、αマウントはEマウントに移行すると見せたり、いやそうではないと言ったり、方向がバラバラ。ユーザーの要求を皆1台のカメラに押し込んでゆくと、何のことは無いニコンさんの肥満カメラと同じになるではないか、何のためにSony alpha7を作ったのか、意味ないではないかと詰めよってみました。 あのね、この世界は今、ユーザーのニーズにあわせるのではないのです、伸びているメーカーは自分の方向をはっきり打ち出して、ユーザーをその方向に乗せて行くのです。井の中の蛙、ニコンさんが自分で気づかずにバランバランなのに、なんで先進、グローバルであるはずのソニーさんがバランバランなのですか。

cp33.jpg

後で思い出してみると、このディスプレイとぐるぐる鳥の模型が天井を回っているのを皆さんが試写できるコーナーがあったことから、今回はSony alpha6000等に搭載されている4D-AFと5軸手振れ補正というのが売りだったようです。しかし、どれも新しい話ではないし、Sonyさんは守りにまわってしまったという印象を持ったのは、そうおかしなレスポンスではないですよね? Carl Zeiss Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA, Sony FE 90mm F2.8 Macro G OSS,  Sony FE 28mm F2および28mmを21mm相当の広角へシフトする『ウルトラワイドコンバーター』、28mを16mm相当の魚眼レンズへシフトする『フィッシュアイコンバーター』も参考出品 という新しい情報があったことをマップカメラのレポートで知ったので、付け加えておきます。

cp34.jpg

これはニコンさんのD810の次のカメラD810Aだったか? これでもかという肥満カメラで、当方にとってはあのかつてのD800との格闘を思い出して、ぞっとしました。でも相変わらずニコンカメラをもったお客さんがいっぱいプライドを持って歩いていました。この方もニコンへのあこがれが全身に現れています。1年前でしたか、ミラーレスの攻撃で、たじたじだった、ニコン、キャノンさんも今回は何か落ち着いて自信を取り戻したようです。でも、ニコンさんはあれだけ一眼レフが売れているのに、また業績の下方修正を余儀なくされているそうです。当方には、なにかニコンさんは一定のニコンファンの中だけの世界、あるいは、自分で作り上げたニコンワールドに埋没しているように見えるのです。
  今回ソニー・ムービー・コーナーで言われたことと、プロ用動画機材コーナー(特別にゲートを設けて、プロだけのコーナーとうたっている、結構広い一角があったのです) の印象から、一つだけ新しい視点を持ちました。本格的プロ用機材はみなとんでもなく重たくて、高い。プロ用機材が頭の中心にある人からみると、ニコンさんのD810は肥満カメラでなくて、スリムカメラなのです。ニコンさんにいわせると、これだけのプロ機能をこれだけスリムに安価に提供出来たのだ。すばらしいだろう、ということなのです。ニコン810Aが肥満カメラかスリムカメラかは、みなさんの判断にお任せしましょう。

cp35.jpg

こちらは、いよいよ出てきましたよ。ペンタックスのフルサイズです。今年中に発売、KマウントでAPS-C ・Kマウントも使えますと書いてあります。ミラーレスではないようですね。K マウントユーザーは長い間待っていたフルサイズです。ペンタックスというと、当方の最初のカメラで、なにかほっとするのです。ペンタックスがフルサイズを出さないから、他のマウントに移ったので、本心はこのカメラが心の故郷です。
ペンタックスは省エネビジネスといいましょうか、先行投資を少なくすれば、売り上げが少なくてもビジネスはできるという、低地安定型の商売として、ニコンさんより生き延びるのではないかとも思えるのです。

cp36.jpg

フォクトレンダー、ツアイスは結構広いブースを展開していました。当方は係り員とLoxiaに関して、いろいろ質問。Touit 12mmはDistagon 18mmに比べてガッカリだったというと、スナップ用ですからそう思われても仕方ないですとあっさり認められてしまいました。だからオールドスタイルZeissにくらべてLoxiaががっかりすることは無いでしょうねと質問しましたが、これは答えられないですよね。まだ両方を売っているわけですから。盛んに、Loxia 35mmは2段くらい絞るとベストですと言っていました。行間を推測すると、軽さ、電子接点があること、逆光耐性、デジタル対応等の進歩はあるが、オールドスタイルZeissに対して、やはり絶対的信頼と愛着を持っているという印象を受けたのです。 マップカメラのCP+レポートでは以下のレンズが強調されていました。Distagon T* 35mm F1.4 ZM、これは20万以上で高い。フォクトレンダーの新VMレンズ『SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III』と『ULTRON 35mm F1.7 Vintage line Aspherical』(15mmはデジタル機で使用する事に照準を合わせマゼンタ被りを抑えた設計になっているレンズ)。Sony alpha7Rで色かぶりが無いなら買いです。 35mm ULTRONもVintage lineとして登場予定 大口径マイクロフォーサーズマウント。新レンズである『NOKTON 10.5mm F0.95(21mm相当の画角でF0.95)これも魅力的。やっぱりいいな、フォクトレンダー、Zeissブースは。Loxiaの広角・単焦点レンズを早くお願いしますと嘆願しましたが、どうやら今年中の発売は難しそうです。

cp37.jpg

タムロンさんのブースを通りかかって、このマクロ写真で足を止めました。APS-C用16-300mmの高倍率ズームでマクロ撮影も出来るという。フルサイズ用に28-300mmもあります。プレゼンターの上手い語り口にのせられて、高倍率ズームもここまで来たのかと感心して、買いたいと途中まで思っていました。 だんだん昔使っていたタムロンの色が蘇ってきて、気分がのらなくなってきました。ソニーFEマウント用が出たら考えましょう。
タムロンさんのこの高倍率ズームの技術は、ライトフィールドカメラ/コンピューテーショナル・ホトグラフィーの世界にすでに片足突っ込んでいる世界ですから、タムロンさんのこの努力は報われるにちがいありません。

cp38.jpg

最後にBORGさんです。BORGもここまでのブースを構えるまでになったのです。お客さんも結構多く、考え無量です。ヘリコイドをなんとかしてくれ、Zeissを見習え、ヘリコイドとドロチューブを一体化できないかとか色々言ったら、ちゃんと聞いてくれました。望遠鏡メーカーの中のある方がコツコツ、カメラ用の機材を開発して、次第に認知されてきたわけで、写真を撮る人がカメラ機材をつくる、こんな当たり前のことがソニーさんは出来ないのです。

Fujifilmさんはいったことはいったのですが、Fujifilmさんとそのファンが絶賛するFujifilmの絵はどうしても当方の好みの絵ではないという印象がぬぐえません。しかし、色と形だけ追うにはFujifilmさんの色が必要になるかもしれないと、スパッと捨てきれずにぐずぐずしているのです。 あと、Casioさんがなにやら斬新な試みをいろいろやっていました。Casioさんの斬新さに最近注目しているのです。これからはCasioさんだ、ライトフィールドカメラ/コンピューテーショナル・フォトグラフィーの先陣を切るのはCasioさんだとまで思っているのです。しかし、今回は当面のテーマと合致する物がなさそうなので、良く見ませんでした。すみません。 これでCP+2015はおしまいです。

CP+ 2015レポート その1

CP+ 2015レポート その1
2015-2-12

早速CP+ 2015に出かけて、今後の見通しをつかもうとしました。目的は、<自分の写真を大きく変えることが出来るか>という問いかけです。
印象的なプレゼンから順に御紹介します。
1、驚いたことに第一位は、プリント用印刷紙のバラエティーです。ブースが4,5あったでしょうか、各社10種以上の印刷用紙のバラエティーを販売しています。これじゃどう使った良いかわからんではないですかと言ったら、11種セットというパックがありますから、色々お試しくださいとのことでした。これまたお金がかかることですが、何と言っても魅力的です。このプリント紙の為に写真を撮るというような逆転現象が起きるかもしれません。

cp1.jpg

CP2.jpg

cp3.jpg

これは和紙ベースのプリント紙

cp4.jpg

これこそ当方のやりたいことだと思わせる女流写真家の色と形のみの作品

cp5.jpg

cp6.jpg

cp7.jpg

当方はこういう写真を撮らねばならないと思わせる作品がプリント紙のブースに点在しているのです。

cp8.jpg

プリント紙のブースで大事にしているのは<絵>です。

これに比べて、キャノンだのニコンのブースの写真は、唯それだけの<写真>でした。

cp9.jpg

cp11.jpg

cp12.jpg

ニコンさんキャノンさんの展示はいわゆる、とっても写真ぽい写真です。撮った方が素人さんかプロさんかは知りませんが、関係者が良いと思って選んでいるのですから、これがいわゆる<写真>なのでしょう。当方がこのレベルの写真がとれるかどうかわかりませんが、良くできましたパチパチでおしまいです。

cp13.jpg

cp14.jpg

これはキャノンさんのコーナーのプロのトークですから、間違いなくプロの写真。
二番目はお寺の塀に木の陰が写っているようですが、いずれにしろ、まぎれもなく<写真>です。当方がもしもこれと同じ写真が撮れたとしても、当方の思っていることからすると全然満足できません。なんだかわからないのがとっても困っているのですが、思いと違うのです。

2、2番目はPanasonic Lumix GH4 です。 4K Photoコーナーを作って、実写できるようになっていました。Panasonicの力の入れ方が伝わってきます。

cp15.jpg


cp16.jpg

ここにずらりと飾ってあるのが4K動画から切り出した4K Photoです。みんなA4版です。係りの人にどこまで印刷できるか聞いたら、特にうるさいこと言わなければA3までいけるとのことです。4Kテレビで大きく映していたので、A3楽勝じゃないですかと言ったら、4K液晶画像と4Kプリントは全然違うので、液晶画像のようにはいきませんとのことでした。

cp17.jpg

cp18.jpg

こういう絵なら、白金自然写真倶楽部との接点として、当方の方向と大きな矛盾無くなんとかやって行けるのではないかと思うのです。もう明日はPanasonic Lumix GH4の買いです。

3、3番目はライトフィールドカメラです。

cp20_2015021320104831e.jpg

スタンフォード大で開発された技術ライトフィールドカメラを基に設立したベンチャー会社、Lytro社(米)がこんな大きなブースを出しているのです。

cp21.jpg

cp22.jpg

cp23.jpg

cp24.jpg

cp25.jpg

cp26.jpg

お分かりでしょうか、撮ってからあとでピントの位置を決めているのです。写真の概念を大きく変えます。ピントの後合わせだけでなく3Dもどきやアオリレンズもときのようなこととか、色々なことが出来るし、ピント合わせが適当でいいから楽ちんというだけの単純な話ではないのです。たとえば、このスピーカーはグラフィックデザイナーが本業で、写真に文字を入れる時の背景写真のボケ具合を丁度良く調節できると言っていました。遊びでなくて実利なのです。 また、ライトフィールドカメラのやりかたですと、後で登場するソニーさんが4D オートフォースにかけた努力とプライドは意味が無くなることが、ご理解できますでしょうか? 現在20万円位しますが、これはオモチャではないですよ。当方、もう一年前くらいからライトフィールドカメラと連動するコンピューテーショナル・フォトグラフィ―により、今後、カメラは急速に変わると言い続けてきているのですが、日本のカメラメーカー、評論家、ユーザーはまったくノーレスポンス、期待のソニーは後述のように唖然とするノー天気です。画素数は実質400万画素ですから、液晶画面に騙されてはいけませんが、Lytroは実用の段階に入っていると思います。 35mm換算30-250mm。お金が有ったら買いたいくらいの出来です。

続きはまた明日。















自然教育園日記 その14

自然教育園日記 その14

2015-2-7

Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmIIはなんやかんやいっても、飛び鳥のブログ写真が一番多く登場する機材組み合わせである。みなかなりのトリミングである。よって、半切まで印刷となると、相当きついに違いない。

今日の飛び鳥
0207-1.jpg

0207-2.jpg

オナガは松の木の中に入ってしまって、暗くて邪魔物が多くて、上手く撮れない。向うも計算してそうしているのであるから、しょうがない。

0207-3.jpg

これはキジバトでしょうか。いつもヨタヨタ地面の木の実をつついているキジバトは、それでもハトだから飛ぶときは飛ぶ。結構高い木の上にとまって、しかも結構長い間動かない。だいたい、根負けして、飛ぶところが撮れない。


Olympus OM-D E-M1 + Olympus 60mm macroの世界を覗いてみましょう。AFでマクロ撮影は初めての試み。撮れてはいる。フクジュソウはガンガンにトリミング。それでも崩れないで見られる。全てが軽くて楽ちん。マイクロフォーサーズに安住してしまえば、それなりに居心地がいい。ワイドレンズも買って、なにあともあれ、常にレンズ一揃いを持って歩こうかとも考える。どんな時もとりあえず撮れることは撮れないよりはずっといい。
Olympus マイクロフォーサーズはうまいこと作り上げたもんだ。


今日のセツブンソウ
0207-4.jpg

0207-5.jpg

今日のユキワリイチゲ
0207-6.jpg

今日のフクジュソウ
0207-7.jpg

0207-9.jpg

昔の写真を見ていると、昔の写真の方がなにかいい感じに見える。miniBORG 60EDがいいのかもしれないと思って、Fujifilm X-T1 + miniBORG 60EDという昔の組み合わせを使ってみた。やはり小さな鳥の羽ばたきはみな失敗。大きなヒヨドリの羽ばたきが一枚とれただけ。ピンボケ、でもBORGはなにか迫力がある。ユキワリイチゲもピンボケだがなにか魅力がある。Olympus マイクロフォーサーズはそれだけ見ていると、良く撮れているように見えるが、世の中、違った世界もあるのである。BORGはもっとスケールの大きい世界を見せてくれる。

0207-8.jpg

0207-10.jpg

マイクロフォーサーズを追いかけると、ある時、小っこい世界に安住している自分を見つけることになるのか? それでもPanasonic Lumix GH4の4K動画の世界に興味津々で、ダメもとで覗いてみたい。
一方で、キャノン・フルサイズ一眼レフEOS 5DS/ 5D SRが発売されることが確定し、その5060万画素のセンサーがこれまた興味津々である。このセンサーはキャノンとソニーの合作といううわさがあり、とするならソニーα9に5060万画素のセンサーが搭載されるという噂は本当くさい。これでもかという、ガシっとした機材はそりゃ魅力的。しかし、キャノンEOS 5DS/ 5D SRは5枚/Secの連写速度であり、第一フルサイズは鳥撮りに向く機材ではない。ソニーα9も横並びの予想が出ている。はたして、フルサイズに5060万画素が必要なんだろうか? どうせ、5000万画素ならペンタクス645Zより軽くて安いソニー・中判カメラを期待しているのに。頭の中は真っ二つ。三脚立て前提の絵つくり・高画素/広受光面のガッシリ・カメラと軽快フットワークの鳥撮り・マイクロフォーサーズに極端に分化しようとしている。真ん中をとって、キャノンAPS-C一眼レフ+2本のF2.8ズームレンズで全てをカバーするより、きっと面白いだろうと信じている。

自然公園日記 その13

自然公園日記 その13

2015-2-4
当方、13という数字がきらいです。ゆえなく嫌いなのではなくて、13という数字で実害をこうむったことがあるからです。ところがなぜか13という数字によく出くわします。たとえば、ベンチャーをやっていた時に、今日やらねばならぬことをその日の初めに列記してゆくと13くらい書くと、それ以上思い浮かばなくなるのです。いろいろなことが13あたりに来るとデッドエンドの様相を示すのです。自然教育園日記はいよいよ13回目にはいりました。このあたりになるとマンネリ化といおうか、読む方が飽きてきてもういいと言い出す数字といおうか。それでもこの数字を突破します。ここをすぎればまた次の世界が開けるのです。

Olympus OM-D E-M1+ Olympus 75-300mmII
この組み合わせが定着してきました。軽くて実質600mmまでいくし、とにかく撮れるから難しいこといわなければ、いつでも携帯するに適当であるという結論になりそうです。

今日は、仕事で、撮り始めが15時、とにかく、撮り続けてみる。

0206-1.jpg

0206-2.jpg

0206-3.jpg

2015-2-6
昨日は雪を期待して、色々装備を整えていたのに、1mmも積もらず。そうとうガッカリ。しかし、今日は気持ちの良い、いい天気。きっと、鳥さんはお腹をすかせて、飛び回っているでしょう。朝から撮りたい気分ではあるが、それを抑えて午前は仕事。なにか意地になって、午前中は仕事と決めているみたいである。なにか束縛がないと自由がないという性(サガ)が染みついている。

同じところで、同じ被写体、メジロを撮る。飛び鳥撮りが偶然に頼るしかないのであるなら、何度も撮るしかない。そのうち面白い絵に出会うかもしれない。

0206-4.jpg

0206-5.jpg

気持ちのいい晴れで、青空と白い雲をバックに飛び鳥を撮りたかったのだが、なかなかチャンスは訪れない。

0206-6.jpg

メジロはどこまでもヒョウキンでかわいいもんだ。

0206-7.jpg

みなさんが狙っているアカゲラかもしれない。夕方のサービスタイムで撮影。

0206-8.jpg
ツグミ

0206-9.jpg


今日のメインは、昨日雪のなかの花を撮るつもりで、セットした装備で花を撮る。

0206-10.jpg

Sony alpha7R + Nikon 200mm macroを中心に組んでいます。外部液晶モニター、エーディテクノCL5585Hと、LEDランプ、Suntech LED170。 このシステムで自然教育園で撮影していると、色々な方が話しかけてきます。たいがい、<すごい装備ですね>という、いってみれば変わったことをする人に向けられた、非日常に対する半分反発、半分好奇心の言動。人が撮っていると、撮って見たくなる方が多い。なにやら、人が集まってくる。当方が場所と時間を占領して済まないと思い、どうぞ、どうぞと場所を譲ると、結構長時間撮影して、なにもいわずプイと去ってゆく。お前だけの場所じゃないでしょ、ゆずるのは当然だと言っているようだ。カメラ好きというのは、人付き合いが下手くそな人が多くて、結構性格が暗い。何度も譲っていると、まともに撮れない。入り口のそばのセツブンソウは1時間もついやしたにもかかわらず、ちっとも撮れなかった。目立つ格好はいやだ、いやだ、でも頑張ろう。

新顔登場のセツブンソウ。節分のあたりに咲く花。そうとう小さい花です。珍し花だそうです。

Sony alpha7R + Nikon 200mm macro
0206-11.jpg

Sony alpha7R + Zeiss 100mm macro
0206-12.jpg

0206-13.jpg

今日のユキワリイチゲ Sony alpha7R + Nikon 200mm macro 雪のなかのユキワリイチゲが撮りたかった。しかし、教育園の人に聞くと、雪のときは花が閉じているから、雪のユキワリイチゲは結局撮れないですよという。ウームそうか、もし撮れたら奇跡的かもしれない。

0206-14.jpg

0206-15.jpg

0206-16.jpg

0206-17.jpg

0206-18.jpg

0206-19.jpg

0206-20.jpg

0206-21.jpg


自然教育園日記 その12

自然教育園日記 その12
2015-1-31

今日のOlympus OM-D E-M1 + Olympus 60mm macro 又は Olympus 75-300mmII

ttr1_20150201200127264.jpg
60mm macro
フクジュソウがぼちぼち出てきました。

ttr2_201502012001277c0.jpg
60mm macro

まだユキワリイチゲが健在。このまえの雪の時に、仕事で撮影に行けなかったのがなんとも残念。雪のなかのユキワリイチゲに勝るものは無しなのに。
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 60mm macroは思ったより使えそうです。

ttr3_20150201200126ae4.jpg
Olympus 75-300mmII 

今日の自然教育園は何かコゲラがいっぱいでした。

ttr4_201502012001252fb.jpg

今日のSony alpha6000 + Sony 70-300mmG

ttr5_20150201200125531.jpg

ttr6_201502012001241d9.jpg

ttr7_20150201200207bc4.jpg

今日は、わざわざ、Sony alpha6000の連写スピードをmildとしてみました。その理由は1)どうせ飛び出すタイミングを予測できないなら、連写スピードがHighでもMildでも同じではないか? かえって、無駄なショットによりタイミングを逃しているのではないだろうか?2)今買いたいと思っているSony alpha7Sは連写スピードがalpha6000のMild程度がMaxであるから、これで鳥飛びがとれるのか? というわけで試してみたのです。
結果はOlympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mm II で、High speed 連写がベターでした。
Sony alpha7Sを購入するか考慮中なのです。1)高感度対応に特化したSony alpha7Sの作る絵は極めて魅力的。暗いなかでもコントラストがついた絵をたたき出す、このカメラでしか作れない絵という点がオンリーワンの魅力 2)暗い望遠レンズでも高感度特性の利点を生かして、高速シャッターが切れる。3)スロー・シャッターで動画が撮れる。そうするとスロー・シャッター静止画で見つけたような面白い絵が連続として撮れて行く、これもオンリーワンの絵が作れる。4)alpha7Rよりオールド広角レンズに良く対応する。色かぶりが少ない。5)そして、5番目が最も重要な点です。4K動画が撮れるセンサーを有している。4K動画が何で革命的かというと、4K動画から切りだした静止画像は、一時代前の一般的デジタルカメラの画素数、800万ピクセル程度の絵を切り出せるのである。つまり、鳥飛び撮影がなんなく出来てしまう。動画で撮っておいて、都合のいい場面だけを切り出すことが出来るのです。
  ここまで調べて、もう完全にSony alpha7Sを買うつもりでいました。Fujifilm関連の機材を皆売って、20万円をたたき出して、Sony alpha7Sを買うのです。最後の確認にソニービルに出向きました。ところがカメラ本体で4K動画を記録することが出来ないのです。外付け記録装置が必要です。さらにところが、ところがです、外付け記録装置をSonyは販売していません。なんだこりゃ? Sonyが把握している外付け記録装置は外国製で20万円するといいます。では何んで4K動画が撮れるとうたっているのだと質問すると、カメラと4Kテレビを接続して写すのであるというのです。一般ユーザーにとっていったいそりゃ何がおもしろいのじゃ? もっと安い外付け記録装置は現在調査中。4K動画が記録できないとすると、鳥撮りは連写となる。ところがSony alpha7Sは5枚/secがマックスである。ということで、Sony alpha6000のmildスピード連写で羽ばたき撮りができるかを試す必要があったのです。結果はノーでした。期待させておいて、裏切られるのが一番ショックが大きい。Sony alpha7Sを買いは今の所急ブレーキ。もうすぐ来るCP2015を待って、今後の展開を見た方がいい。Sony alpha7の上級バージョンSony alpha9の状況がわかるかもしれない。4K外付け記録装置発売の話がでるかもしれない。それともSony alpha7IIに付いた5軸手振れ補正の拡大でお茶を濁したおしまいかもしれない。当方には5軸手振れ補正なぞどうでもいいのである。どうせ、鳥撮りにはシャッタースピード1/500~1/1000は常用なのだから。花撮りには三脚をつかうからこれも手振れ補正は無い方がベターなのである。4K動画の小型記録デバイスはそう簡単なテクノロジーではないことは分かっていますが、Sonyさんはそれをやって初めてSonyでしょ。

4K動画を記録できるのはPanasonic Lumix GH4だけらしい。マイクロフォーサーズだから、容量的に録画が楽なのでしょう。Olympus OM-D E-M1用に買ったレンズが皆使える。鳥撮りにはPanasonic Lumix GH4で十分かもしれない。Sony alpha7Sは4Kを忘れて、それ以外のメリットに注目すればいいのかも。 2/12(木)~2/15(日)のCP+ 2015で決着しよう。Sonyさんがどう出るか?

2015-2-1

今日の鳥飛び
Olympus OM-D E-M1 + Olympus 75-300mmII

ttr8_20150201200206f62.jpg

ttr9_20150201200205903.jpg

ttr10_20150201200204e00.jpg

今日はエナガがいるそうだ。これはエナガだろうか、エナガはなにかとてもかわいい。

ttr11_20150201200204c74.jpg

ttr12_20150201200203c0f.jpg

今日の鳥飛び撮りはみな失敗。このまま鳥飛び撮りをして意味あるのか? それとも極めるべきか?
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック