京都の紅葉 2011 東福寺からトロッコ列車へ その1

京都の紅葉 2011 東福寺からトロッコ列車へ その1

今年の紅葉です。現在の京都はもう紅葉のまっただ中です。

家内はメジャー好み。まずは人気一番の東福寺の紅葉へ。京都一時間ルールに従って、8時に東福寺につきました。しかし、例年とは違って、8時30分のオープンということで、すでに多くの人が並んでいます。洗玉澗(せんぎょくかん)という渓谷があり、西から東へ臥雲橋、通天橋、偃月橋という3本の橋(東福寺三名橋)が架かる。入口の臥雲橋から通天橋を見れば、もう、紅葉の絶景が展開されます。


kk1_20111130205854.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

kk2_20111130205854.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス100mm macro

kk3_20111130205854.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス100mm macro

入場前ですから、通天橋はまだ誰もいません。これが30分後には人で埋まるのです。

kk4_20111130205854.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス100mm macro

通天橋が入場できるようになって、対岸の臥雲橋をみれば、当然、人でいっぱい。向うからこっちをみれば、やっぱり人でいっぱい。

kk5_convert_20111130205542.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

人ごみの中でも、静けさを探します。

kk6_20111130205848.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス100mm macro

kk7_20111130210035.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

kk8_20111130210035.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス100mm macro

東福寺は何度も燃失している。昭和9年(1934年)に完成したこの本堂が、当方には最も魅力的、東福寺のかなめと考える。東福寺の境内のどこからでも、この凛とした本堂がのぞまれ、禅寺の背筋を伸ばすストイックなオーラを放っている。
紅葉と通天橋、紅葉と本堂、紅葉と経蔵の3つがここの撮影ポイントとこころえる。その中でも紅葉と本堂が今日の本命だ。

kk9_convert_20111130205659.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス100mm macro

kk11_20111130210035.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

kk12_20111130210035.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス100mm macro

kk13_20111130210110.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

開山堂もこの人ごみ。

kk14_20111130210110.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス100mm macro
スポンサーサイト

フォトチャネル

フォトチャネル

とても忙しくて、しばらく新しいブログが書けません。 もう一つのブログ、Goo ブログのほうで、昔の写真ですが、フォトチャネルに京都や滋賀県の紅葉の写真を連載しています。高画質の写真です。ぜひこちらの方をご覧ください。フォトチャネルを開いてください。

Goo ブログ  http://blog.goo.ne.jp/birdeye77

次第にGoo ブログへ主流を移してゆきますので、こちらに乗り換えていただければ幸いです。

湖西線の旅 (志賀、堅田) その6 (最終回)

湖西線の旅 (志賀、堅田) その6 (最終回)

st-66_convert_20111102233103.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-67.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

琵琶湖最狭部だから琵琶湖大橋が架けられたのでしょう。

st-68.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

いいですね、ぼんやり釣をする。これがやろうと思えばいつでもできるのですから。

st-69.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

出島のあたりは、なにか特別な雰囲気があります。この崩れそうな湖畔の家もなにか面白い。いろいろな歴史が詰まっている気がします。

st-70_20111103132722.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

このあたりは、あちこちで玉ねぎがほしてあります。

st-71.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

崩れそうな家には美しい花が咲くのです。だんだん、家と自然の境目がなくなってくるのでしょう。

st-72_convert_20111102233139.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

出島灯台への路端の家々は昔の湖族歴史の延長上にあるように見受けられます。

st-73.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

地方にゆけばゆくほど住んでいる方は自動車に頼ることになるので、伝統的家と新しい車が同居する風景になります。

st-74.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

琵琶湖への入江のほとりで、畑を作って、野菜を育てて、おそらく今日の惣菜を採りに来ているおばさんがいました。とても、皆さん、琵琶湖と共に生きているように見えます。ふと、50年前の我が家を思いだしました。家の裏の森と家の間の敷地で、何か野菜を栽培していた記憶があります。現在ではそこは我が家の土地でないことが明確なのですが、土地が空いていれば、勝手に何かを栽培しているというのは、どこでも見られた風景だったのでしょう。農業をやっているはずはない祖父母の田舎でも向かいの線路をこした畑で、トウモロコシをとって食べた記憶があります。まさか、人の畑を荒らしているわけではなく、少しずつ、何かを栽培していたということでしょう。どっと、大昔の記憶がよみがえってくる一日でした。

st-75.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-76.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

この辺の家の周りには色々な植物が育てられています。京都そっくりです。

st-77_convert_20111104203253.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

お地蔵さんがあちこちにあるのも京都と同じです。この一帯はとても京都と似ています。

st-78.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

このあたりの家の屋根は綺麗な瓦ふきです。これが、湖西線からみる美しい瓦の列はこれらの家の瓦だったのだ。

st-79.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

堅田の駅までテクテクあるきます。街中にも畑があって、湖西線だなと思うのです。

さて、志賀、堅田の旅は終わりです。

湖西線の旅は、これといった、目立った観光地があるわけでなく、わざわざ出かけるには、インパクトに乏しいようにおもいますが、あとから振り返ってみると、なんとなく、茫漠としてはいるが、かえってとてもユニークな、とても深い印象が残るのです。点在する小さな、控えめな観光スポットを探しながら、湖畔をてくてく歩くことそのものが、心にしみてゆくのです。


そうそう、ペンタックス18-135mmはペンタックスに修理に出したら、合焦がうまくゆくようになりました。相変わらず周辺光量の落ちは気になりますが、画像修正できるそうですから、それを前提に設計されているのでしょう。このレンズまあ使えるかもしれません。

湖西線の旅 (志賀、堅田) その5

湖西線の旅 (志賀、堅田) その5

st-62.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

浜通り商店街を歩いてゆくと、居初(イソメ)氏庭園(天然図画亭)という表示がありました。インターホーンをおさないと入れてくれない、なんとなく入りにくい所でしたが、思い切って入ってみました。 <堅田豪族のひとり、居初氏が居住している書院に広がる名園。琵琶湖を借景とした見事な枯山水庭園(名勝)で、江戸前期に活躍した茶人藤村庸軒(ようけん)と地元郷士の北村幽安(ゆうあん)とが協力して作庭したもの>というネットの説明より、ここでいただいたパンフレットの沿革の記述のほうが面白い。<堅田は昔比叡山の荘園であった1090年、下賀茂神社の御厨となった。当家はその供御人の系譜に繋がるものである。その頃、堅田には三つの党があり(居初、刀弥、小月の殿原衆)、各々切(宮の切、東の切、西の切)を根拠地として活躍、御厨となって約90年堅田衆は次第に力をつけ、琵琶湖の湖上特権を確立していった(漁業、回運、造船)。1182年伊豆神社に宮座を成立し、堅田殿原衆が中心になって惣の運営を計るようになった。後世、泉州境と並び称される中世自由都市である。1587年豊臣秀吉が大津百船制度を設け約500年続いた堅田衆の、湖上特権が衰徴するようになった> 


st-63_convert_20111102221605.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm


st-54.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-55.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-56_convert_20111102212009.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-57_convert_20111102221327.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-58_convert_20111102221449.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

st-59.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

st-60.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

st-64_convert_20111102233025.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-65.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

出島灯台へてくてく歩く。琵琶湖の最狭部に、明治8年の作られた、県下最古の灯台だそうだ。

湖西線の旅 (志賀、堅田) その4

st-40.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-41.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

st-42.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-43.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

さっきから、対岸の三上山が見えているのにお気づきですか? 広角ですから小さいですが、とても目印になる山です。

st-44.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

浮御堂を立てようと思わせる、何ともいえない魅力を、大昔から現在にいたるまで、琵琶湖は持っているのでしょう。

st-45.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

琵琶湖大橋です。

st-46_convert_20111101193349.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

たった一本ききょうが咲き残っていました。

st-47_convert_20111101193419.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

浮御堂の山門。

st-48_convert_20111101193444.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

浮御堂のそばにある伊豆神社。平安時代中頃の創建、祭神は大山祗命です。
室町時代、堅田大宮ともいわれ、湖上水運に特権をもっていた堅田全域の総鎮守として信仰を集めていた。この近くに「湖族の郷資料館」という建物がありました。入りませんでしたが。「湖族」とは、司馬遼太郎さんが使った用語だそうで、後で出てくる「堅田衆」のことです。

st-49_convert_20111101193511.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-50.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

浮御堂のそばに、湖畔に出る道があり、ベンチが一つぽつんとありました。ここでおむすびを食べて昼食。キャッシュカードのトラブルでお金を引き落とせなくなり、とにかく貧乏な旅です。

st-51_convert_20111101193537.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

st-52.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

浜通り商店街には、趣のある民家がところどころにあります。

st-53.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス18-135mm

柊鰯(ひいらぎいわし)とは、節分に、魔除けとして柊の小枝と焼いた鰯の頭を門口に挿したものをいい、柊鰯を挿すのは古くからの日本の習慣である。やいかがし(焼嗅)、やっかがし、やいくさし、やきさし、ともいう。柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、また鰯の臭いで鬼が近寄らないと言う(逆に、鰯の臭いで鬼を誘い、柊の葉の棘が鬼の目をさすとも説明される)。ここでは節分だけでなく、柊鰯を挿している。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック