湖西線の旅  近江高島  その3 (最終回)

湖西線の旅  近江高島  その3 (最終回)

ts-32_convert_20110915184841.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-33.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

なぜか、稲の穂がほとんど倒れている。台風のせいか。 その倒れたパターンをねらう。

ts-34.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

だんだん、頭が、山と田んぼのパターンに同調してゆきます。

ts-35.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

畑での撮影はまったくダメと思っていましたが、後から見てみると、結構善戦しています。皆さんはどう思うか知りませんが、あの棚田をこう撮るかと、自分に結構感心しています。棚田を撮影に来たグループが2,3いました。みんな畑の棚田を満足しているのだろうか。帰り際に、土地のおじさんに、いい写真が撮れましたかと声をかけられました。正直な私は、答えにつまってしまいました。

ts-36_convert_20110915184913.jpg

ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-37.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-38.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

遠くの棚田は綺麗に見える。 あちらの棚田の方がいい写真が撮れるかもしれない、などとかんがえるのですが、いってみると、こちらの方が良かったりするのです。

ts-39.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-40_convert_20110915184945.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-41.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA 200mm

遠くの棚田と近くの棚田が重なり合って、幻想的な風景とおもうのですが。

ts-42.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA 200mm

いくらまっても日が差さない。あきらめて曇り空で撮影して、バス停にもどると、さっと晴れてきます。憎ったらしいこと。

ts-43_convert_20110915185016.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA200mm
最後にちょっと出てきた★DA200mmはいかがでしょうか。100mm macroとはまた一味違った、幻想的絵が撮れるでしょう。

13時54分、来た時の次のバスにのれました。ラッキイーです。 また一人、途中で御孫さんをつれた御婆さん。さっきの御婆さんかな??
まだ早いのですが、もう疲れたので、帰ることにしました。また琵琶湖の輝きと、民家の瓦の輝きに心を奪われながら、山科に向かいます。あっけない旅でしたか? 心の傷は、そう簡単に癒せないものなのです。

ts-44.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-45.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-46.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-47.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-48.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

琵琶湖の南に近づくと、しゃれた別荘や、プレジャーボートにヨット、とってもすてきなリゾートの雰囲気になります。カナダ、トロントとオンタリオ湖の関係の様に。これほどの環境があればいくらでも素敵な地域を形成できるだろうと思いました。当方はやっぱり海でないと満足しませんが。
当方のワンルームから5分の地下鉄東山駅から、山科まで3駅、そこで湖西線にのれば、誰も観光客のいない自然から、高級リゾート地まで、湖西線で簡単にアクセスできます。これから時あるごとに湖西線の各駅を探検してゆきましょう。
でも、グジ(アマダイ)の開きを肴に、ハクレイの<ひょうたんからこま>を飲む時、6年間、京都の生活が出来たことに対して感謝の気持ちでいっぱいになるのです。もう、それだけで、それ以外のいやなことはどうでもよくなってしまうのです。
スポンサーサイト

湖西線の旅 近江高島 その2

湖西線の旅 近江高島 その2

ts-16.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

白ひげ神社はとっても琵琶湖らしい神社です。

ts-17_convert_20110914190027.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

白ひげ神社の祭神は猿田彦命。

ts-18.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

ts-19.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-20.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-21.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

ts-22.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

ts-23.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

DA 16-50mm も15mm limitedのような臨場感の表現力がありますが、15mm limitedの方が上でしょう、15mm limitedの軽さから考えると、なんで、わざわざこんな重い物振り回さねばならないのかと思ってしまいます。

ts-24.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro
乙女池

白ひげ神社までの往復は6km以上あるようで、33度くらいの炎天下をてくてく歩くには、うれしくない距離です。 自転車用道路があって、琵琶湖には自転車が一番いいようです。途中で乙女池に寄りました。

ts-25_convert_20110914190102.jpg

ずいぶんと雑な看板ですね。いかにも湖西線らしい。

ts-26.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

ts-27.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

釣をするお兄さんがいました。いいな、釣は。静かな自然と一つになるひと時です。


近江高田からバスで20分くらいのところに、棚田100選で選ばれた<畑(はた)>という場所があると滋賀県の観光案内地図に小さく出ていました。稲の田んぼを撮ってみたかった。畑に向かいました。バスは1時間に1本有るか、無いか。12時10分のバスまであと20分というところで、レストランに駈け込んで、カレーライスとビールを流し込んで、バスに飛び乗りました。お客さんは当方、一人。途中で御婆さんが乗りましたが、終点まで2人のお客さん。

ts-28.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

山に近い村落だから、田んぼも棚田になるわけだ。

ts-29_convert_20110914190137.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

ts-30.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

棚田に行く途中にある、神社もなにやら、日本の原風景的な雰囲気が満ちています。

ts-31.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

確かに棚田ですが、なにかスケールに広がりが無い。当方のイメージの棚田ではない。急な坂を上らないと上からの棚田の風景がとれません。ビールが回ってきて、足がよれよれで、目が回る。田んぼのあぜ道から落っこちそうになる。

湖西線の旅 近江高島 その1

湖西線の旅 近江高島 その1

9月11日
昨日は、歯科再生医療学会のテクニカルセミナーでしゃべった、なんとか我々の電子バイオテキストブックを売り込みたい。営業活動とは、上手くゆくか、いかないかわからなくても、コツコツやるしかない。自分の信じることを、お客さんに伝えるしかない。先は見えない状態で、自分を信じて暗闇を進んでいる、こんな時でも、元気付けてくれる人もいれば、ブログではかたれない、理不尽な罵声を浴びせる人もいる。一緒に苦労している人の罵声ならいいが、自分は身の安全を確保しながら、観客席から罵声をあびせる人がいる。世の中とは、結局そんなものなのか?  
日曜は、どこかに行こう。はっきりと行く先も決めずに東山から地下鉄東西に乗り、山科でおりて、湖西線にのるか、浜大津までいって、石山寺に行くべきか。いつのまにか、人のいないところへ、いないところへと足が向く。結局、湖西線、近江高島で下りました。
この前の湖西線の旅で行かれなかった、白ひげ神社に向かいました。

ts-1.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-2.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-3.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

湖西線から見る琵琶湖の輝きと、街並みの瓦の輝きは、いつも引き込まれる。湖西線は好きなのです。

近江高島から、白ひげ神社までは、思ったより距離がありました。途中で、鵜川四十八体仏像群に立ち寄る。

ts-4.jpg

ts-5_convert_20110913211018.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-6.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-7_convert_20110913211114.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-8_convert_20110913211219.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

ts-9.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

ts-10.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

石像を撮ると100mm macroと16-50mmズームの違いが顕著に出てしまう。100mm macroの心に語りかけてくる絵と無難なズームの絵とのちがいです。伊藤若冲のデザインした石像の写真を石峰寺(セキホウジ)で、この両レンズで撮ったとき、この違いに気づいて、これをきっかけにズームから単焦点レンズに移行していったのです。 旅行用に買った18-135mmがダメだったので、もう一度、16-50mm と100mm macroで旅行用レンズセットを試してみたのですが、やっぱり高級ズームは重たい。機動性と撮れる絵を考えると、旅行には15mm limited, 43mm limited, 100mm macroの3本で、カメラ2台という組み合わせが一番のような気がしてきました。だけど、ペンタックスK20Dって、いいカメラだな。一番いいカメラだ。なんたって一番いい絵を作る。

ts-11.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

秋の七草のブログを書いた時に、クズの花が見つからなくて苦労しました。ところが、この地域のクズはどこでも見事に花が咲いています。これは地域性なのでしょうか、タイミングの問題なのでしょうか。京都のクズの花は全然さいていません。

ts-12.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

琵琶湖でも丹後半島でも、瓦にこる家が多くて、当方にはとても楽しい。

ts-13.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス★DA 16-50mm

道端の花、これは何と言う名前ですか。

ts-14.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

白ひげ神社には琵琶湖の中に鳥居があります。

ts-15.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

水上バイクでやってきて、お祈りしている方々がいるというのも面白い。

京都、晩夏の花 2011 その6 (最終回)

京都、晩夏の花 2011 その6(最終回)

8月21日

今日は、黒谷、真如堂、哲学の道コースです。 バスは岡崎神社前でおります。

bh101.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 43mm limited

岡崎神社の左隣、岡崎別院です。

bh102.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 43mm limited

サルスベリの花は京都のあちこちにあります。はやり、京都の晩夏の花の代表です。

bh103.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 43mm limited

岡崎別院の裏にあるお庭です。この庭は初めて訪れました。家からバスで5分くらいのところにあるので、紅葉の時など、静けさと、美しさを独り占めに出来るかもしれません。

bh104_20110902205223.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

bh105.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited
岡崎神社です。

bh106_convert_20110902203904.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

bh107_convert_20110902203944.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

岡崎神社の暗くて細い脇道。黒谷の南門へつづきます。

bh108_convert_20110902204016.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

黒谷、南門が見えてきました。

bh109_convert_20110902204052.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

金戒光明寺への道は、石で作ったクレーの絵のようです。どう見ても、完全にパターンがランダムであり、アンシンメトリーであり、面白い。

bh110.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

京都ではスダレはまったくの常用物。私にはとても美しく見えます。

bh111.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

bh112.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

真如堂の入口にムクゲがさいていました。

bh113.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

bh114.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

真如堂入口

bh115_convert_20110902204124.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

真如堂のなかにもムクゲがさいていました。なぜ真如堂にきたかというと、このもてなしの心があるお寺に、かならずその季節の花がさいているだろう、今咲いている花は、真如堂の方が、愛すべき晩夏の花と認知している花に違いない。真如堂はムクゲを晩夏の花と認めているということです。

bh116.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

bh117.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

青紅葉で有名な真如堂ですから、晩夏の花とは関係なくても、やっぱり撮ります。

bh118_convert_20110902204204.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

bh119.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

bh120.jpg
ペンタックスK5  ペンタックス 15mm limited

bh121_convert_20110902204241.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

真如堂からいつものように、白川通りにおりて、さらに哲学の道に入ります。

bh122.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

やっとフヨウに会いました。

bh123_convert_20110902204318.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

哲学の道では、フヨウが晩夏の花と認知されているようです。

bh124_convert_20110902204350.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

いいですね、フヨウとムクゲは優しくて、好きです。京都、晩夏の花です。


bh125_convert_20110902204423.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

bh126_convert_20110902204459.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

bh127.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

これ何の花でしょうか。アベリア(ウツバネウツギ)でしょうか。春から秋にかけて、長い間咲いているそうです。よくみる花ですが、まじまじと見ると結構かわいいでしょ。

bh128_convert_20110902204529.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

bh129.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

bh130_convert_20110902204600.jpg
ペンタックスK7  ペンタックス 100mm macro

結構よく見かける花です。白川の土手にさいていました。

錦林車庫からバスで五条坂へ。いつもの古い陶器を売る青華堂へ。いつものように割れて修復した明治時代の鉢を500円で買う。 店内にあった、同じデザインの、一見、手持ち部分なしコーヒーカップのような器があって、ソーザーまでついている。これが3500円か?とすごく買いたくなる。いろいろお店を見て、結局、ここの3500円が一番コストパフォーマンスがいいと考え、再び青華堂に入いりました。買おうと思ったら、カップとソーサーそれぞれ3500円ですといわれて、とたんに買う気がなくなった。

茶碗坂に入ってすぐの清水焼の店にはいる。京陶器 竹内さんだと思います。ここはよいものしか置いてない。店のおじさんといろいろ話す。何百枚作ってもピタリと同じ形につくるのだ、腕が違う。安いものを買いたかったら他の店に行ってくれ。おそろしいプライドである。

さらに、何度も買いものをしているに東五六入る。若旦那さんが親切に説明してくれる。徹底的に薄いぐい飲みがあった。2万円弱だったか? 酔っ払ったらつぶしてしまいますねと2人で笑う。家内が黄色の交趾釉(こうちゆう)、黄交趾でチョウの模様のある湯呑に興味があるというので、黄交趾いろいろ見せてくれましたが、気に入ったのが無くて、あきらめて店をでました。いつも行く安木さんはお休み。

bh135.jpg

例えば、これが黄交趾です。交趾は酸に弱いので、使い方に気を付けなければなりません。

最後に、東哉(トウサイ)に入る。御店のおじさんとまたいろいろ話す。先代が作ったという上絵用釉薬の生み出す色に引き込まれる。これは、赤も緑も青も皆、なんともきれいだ。

bh136.jpg

この彩色をつかったデミタスカップはとても魅力的である。

bh137.jpg

色々なデザインがあって、皆素敵である。東京に出店があって、絵付け教室を開くそうです。行きましう。

bh132_convert_20110902204737.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス15mm limited

茶碗坂の脇道もいろいろ味のあるお店があります。凌霄葛花(ノウゼンカズラ)は夏から秋にかけて咲きます。平安時代に中国から入ってきたといいます。京都の晩夏の花の候補でしょう。

bh133.jpg
ペンタックスK5 , ペンタックス 100mm macro

黒谷にさくノウゼンカズラ。もう、花が少なくなってしまったようです。

bh134.jpg
ペンタックスK5 ペンタックス15mm limited

もう秋ですから、晩夏の花はさっさと終了しましょう。今回は、ペンタックス100mm Macroが、どんな状況でも信頼できる絵をつくることはもちろんですが、ペンタックス★DA 200mmの描く優しい絵は惚れます。 一度、惚れると、いつまでも、そのレンズのもつ味が脳裏に焼き付くのです。 うまい物の味がいつまでも忘れられないように。

京都、晩夏の花 2011 その5

京都、晩夏の花 2011 その5

さて、植物園を出て、賀茂川を歩きます。

bh84.jpg
ペンタックスK5 シグマ8-16mm

bh100.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA200mm

賀茂川の木陰を歩くと、川風が木陰のトンネルを吹き抜けて気持ち良い。

bh86.jpg
ペンタックスK5 シグマ8-16mm

シグマズームの色とペンタックス★DA200mmの色を比較すると、ペンタックス200mmはさすがにやさしい色使いで、うれしくなります。人がその時、撮ろうと思った気持ちをそのまま、伝えてくれるのです。シグマはクール過ぎますよ。形を正確に反映するより、気持ちを正確に反映してくれる方が楽しいですよね。

bh87.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA200mm

川岸に昼顔が少々。

bh88.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA200mm

同じく川岸に、問題の外来種、オオキンケイギクでしょうか?

bh89_convert_20110901210021.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA200mm

bh90.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA200mm

bh91_convert_20110901210053.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA200mm

賀茂川沿いの民家には川沿いの庭に花を育てているところが多く、私設植物園のようです。なごりのヒマワリとユリがありました。このユリは丈夫なのでしょうか、街中でも結構見かけます。

賀茂川を離れて、下賀茂神社に入ります。

bh92.jpg
ペンタックスK20D ペンタックスDA200mm

参道横の河合神社へ入ります。鴨長明が神官であったことがある関係で、鴨長明の移動式庵が再現されています。鴨長明は晩年、役職を捨てて、この庵で各地を転々として、方丈記を書きました。この<方丈の庵>が、下賀茂神社で興味がある物、その1です。

bh93.jpg
ペンタックスK5 シグマ8-16mm

bh94.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス43mm limited

鴨長明の<方丈の庵>

bh95_convert_20110901210123.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス43mm limited

方丈の庵の内部。床の間もあって、結構、最低限のものがそろっています。鴨長明は方丈庵を付き人に運ばせて、各地を転々と住処を変えて、歌を詠んだり、方丈記を書いたりしたのです。行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。この中にある人とすみかと、またかくの如し。玉しきの都の中にむねをならべいらかをあらそへる、たかきいやしき人のすまひは、代々を經て盡きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。或はこぞれ(やけイ)てことしは造り、あるは大家ほろびて小家となる。住む人もこれにおなじ。
所もかはらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。あしたに死し、ゆふべに生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。又知らず、かりのやどり、誰が爲に心を惱まし、何によりてか目をよろこばしむる。そのあるじとすみかと、無常をあらそひ去るさま、いはゞ朝顏の露にことならず。或は露おちて花のこれり。のこるといへども朝日なし。

bh96.jpg
ペンタックスK20D ペンタックス100mm macro

bh97.jpg
ペンタックスK5 シグマ8-16mm

下賀茂神社への道、糺(タダス)の森です。

bh98.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス43mm limited

一の鳥居の横に、お休み所があります。鴨の氷室の氷を再現した、初雪のようなかき氷を食べることができます。黒蜜と餅ダンゴがはいったかき氷をたべました。おいしい。推薦です。

bh99.jpg
ペンタックスK7 ペンタックス15mm limited

上賀茂神社で<方丈の庵>と共に2つ目の興味ある物、<さざれ石>。 君が代にさざれの、のさざれ石。石が集まって大きな石に育ってゆく石です。 あちこちの神社仏閣にありますが、ここの石は由緒ありげです。雨が降り始めました。錦市場に向かいます。いつものようにハクレイの<ひょうたんから駒>(2000円)を買って、つまり一升瓶をぶら下げて、鯉の飴たきを買って、家内がはまっているきゅうりの古漬(100円/1本)を買って、帰路につく。ちなみに<ひょうたんから駒>は崩れたお米を原料に使うので、安いのですが、美味しい。それでひょうたんから駒という名前を付けたのです。ひょうたんから駒の中でも春先の生酒がベストです。

プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック