京都花便り(ハス編) -1-


京都花便り―ハス編― 7月18日(土曜)

これまで、ハスの葉っぱが面白くてあちこちで写真を撮りました。�͂�ς��
葉っぱを撮りながら、葉っぱもいいけどやっぱり、ハスの花が咲いているのも見なくてはと思っていました。
それは京都府立植物園、勧修寺、三室戸寺の三か所です。

なんだ、先月行ったところとぴったり同じではないか。�I�I
あまりに代わり映えしないので、ネットで探すと、上述のお寺もご推薦ですが、さらに法金剛院がいいと書いてありました。7時から開いているので早く行った方がいいとも書いてありました。

ここ数日、いそがしくてあまり寝ていないのに、また早起きかいなと思いながら、前日、ろくに用意もせずに、倒れて寝てしまいました。�Q��
目覚し時計をチェックしていなかったら、6時に起こされました。���v

もうろうとした状態で法金剛院に出発です。
地下鉄東西線が二条までのびて、JRとクロスしたことは大変大きな進歩です。�d��
東山から二条へ、JRで2駅、花園でおりてすぐです。

ここから、妙心寺、仁和寺、龍安寺に歩いていかれます。西京の寺にもいかれます。
そうか、京都駅に出なくても、こんなルートがあったのかと東西線のありがたみを発見です。���d��

それにしてもJRはしっかりしてください。1駅、2駅のるのに、20分待たねばならないとは。せめて10分間隔で普通電車を走らせてください。
東西線のおかげでもっと周辺が発展するはずです。
JRがネックになっています。�ނ��E�E�E

法金剛院では蓮鑑賞会と謳っていました。
とにかくハスの花を撮りましょう。�J����

hasu1_convert_20090831123445.jpg
広角ズーム(★16~50mm)の広角で、近づいて撮ると意外に奇麗な写真が撮れます。
最近発見して、よく使います。

hasu2_convert_20090831123456.jpg

hasu3_convert_20090831123506.jpg


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

スポンサーサイト

クローズアップ葵祭り -12-


aoi69_convert_20090820140632.jpg

aoi70_convert_20090820140644.jpg

aoi71_convert_20090820140657.jpg

aoi72_convert_20090820140710.jpg
勅使が二の鳥居の中に消えて、一般の人の葵祭りはお終りです。
あとは関係者だけで神事がおごそかに行われます。

我々は急いで、京都府立植物園に、バラの撮影に向かいました。
もう夕暮れです。�[��
このあとの夕日に輝くバラ達は京都植物園―花便り-バラ編をご覧ください。

aoi73_convert_20090820140723.jpg

最後に葵祭りに提言�I

1、天皇代理が参列するのであるなら、天皇が参列しても差し支えないはず。���d��
天皇遷都物語に書いたように、葵祭りに天皇が参加することをお願いします。

2、行列が通る道々は観客で埋め尽くされる、すなわちこのお祭りの集客力は大変なものです。それならば、京都市や京都のお店はこのお祭りにもっと投資してもよいのでは。男女各5人でいいですから、プロを行列に入れてください。絵になるプロです。どの分野のプロかはよく考えてください。
掲載した写真は比較的いいものを載せていますが、全体に、下を向いてだらだら歩く人が多くて、残念です。���[��
もっと毅然とやってください。そうしないと集客力を維持できなくなります。

3、この祭りを維持している京都の方々に心からの敬意を表します。����



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

クローズアップ葵祭り -11-


aoi62_convert_20090820140335.jpg

aoi63_convert_20090820140357.jpg
この方は絵になる方。

aoi64_convert_20090820140411.jpg

aoi65_convert_20090820140429.jpg


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ続きます。
下行「続きを読む」をクリックして、続きをご覧下さい。


クローズアップ葵祭り -10-


aoi54_convert_20090820135827.jpg

aoi55_convert_20090820140105.jpg
あの子は相変わらず、堂々とやっています。�A�b�v���[�h�t�@�C��

aoi56_convert_20090820140122.jpg
次々、きれいどころが登場します。�菑�����V���[�Y����

aoi57_convert_20090820140137.jpg



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ続きます。
下行「続きを読む」をクリックして、続きをご覧下さい。


クローズアップ葵祭り -9-


aoi47_convert_20090820135450.jpg
だんだん、神事の準備が整ってきました。���[

aoi48_convert_20090820135516.jpg
要人が登場、警護の人が立ちあがって、見守ります。

aoi49_convert_20090820135608.jpg
花笠が到着、花側は二の鳥居の右側にならべて飾られます。���Ƃ�-���A���s���N

aoi50_convert_20090820135627.jpg



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ続きます。
下行「続きを読む」をクリックして、続きをご覧下さい。


クローズアップ葵祭り -8-


aoi39_convert_20090820135059.jpg
上賀茂神社に向かう途中で、太田神社の小さなお祭りに出会う。
<やすらい花>という祭りらしい。地域でがんばっています。���傤����

aoi40_convert_20090820135129.jpg
途中の家々に葵の絵柄の提灯がつるされています。
町をあげて葵祭りを盛り上げています。すてきです。�n�[�g

aoi41_convert_20090820135156.jpg
上賀茂神社につきました。ここは、参道に観客席がびっしりと設置されて、フリースペースはほんのわずかしかありません。
我々は二の鳥居の前に陣取りました。�t�@�C�g
ここですと横顔しか撮影できませんが、他に場所がありません。�J����

行列の皆さん一は鳥居の前で乗り物を降りて、まとまって参道を歩き、この二の鳥居をくぐって、この境内で神事がとり行われます。
招待の方しか中には入れません。�֎~

aoi42_convert_20090820135211.jpg
見覚えのある先頭の連中がやってきました。


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ続きます。
下行「続きを読む」をクリックして、続きをご覧下さい。


クローズアップ葵祭り -7-


aoi31_convert_20090820134819.jpg
九條池と拾翆亭

aoi32_convert_20090820134850.jpg
やれやれ、疲れた。緑を見てしばしほっとする。clover

aoi33_convert_20090820134922.jpg
ホテル平安会館で、1000円のバイキング。味は1000円でした。�H��

aoi34_convert_20090820134939.jpg
なかなか落ち着く庭です。
みなさんは下鴨神社へ追っかけをやっていますが、我々は、下鴨神社をとばして、上賀茂神社へ向かう。



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ続きます。
下行「続きを読む」をクリックして、続きをご覧下さい。


クローズアップ葵祭り -6-


aoi24_convert_20090820133547.jpg
この方が最も重要な女性��

aoi25_convert_20090820133605.jpg
なかなか決まっています。

aoi26_convert_20090820133620.jpg
まだまだ、きれいどころが続きます。�ɂ�

aoi27_convert_20090820133635.jpg


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ続きます。
下行「続きを読む」をクリックして、続きをご覧下さい。


クローズアップ葵祭り -5-


aoi14_convert_20090813132044.jpg
ほんと頑張ってます。

aoi15_convert_20090813132058.jpg
この方は偉い方です。すみません、お名前、肩書きはわすれました。立派です。���L�b

aoi16_convert_20090813132111.jpg

aoi17_convert_20090813132124.jpg
いよいよ、きれいどころの登場です。�ς��ς�


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ続きます。
下行「続きを読む」をクリックして、続きをご覧下さい。


クローズアップ葵祭り -4-


aoi5_convert_20090813131752.jpg
いよいよ、先頭が現れました。�A�b�v

aoi6_convert_20090813131823.jpg
ちょっと日本人離れした雰囲気の面々が現れます。�}������

aoi7_convert_20090813131859.jpg
これなら日本人らしくてよろしい。GOOD

aoi8_convert_20090813131915.jpg
結構かっこいいぞ、頑張れ。�t�@�C�g



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ続きます。
下行「続きを読む」をクリックして、続きをご覧下さい。

クローズアップ葵祭り -3-


aoi2_convert_20090813131716.jpg

aoi3_convert_20090813131728.jpg

aoi4_convert_20090813131741.jpg

この騎馬隊、クローズアップ葵祭りの中で数少ないプロです。�ȌI�єn
行列の馬が暴走した時の対応として配置されたそうです。
たしか昨年か一昨年かに御苑で暴走がありました。

この騎馬隊はとにかくカッコイイ。nico
表の通りでは行列の先導をします。

このころになると、行列が通る道の両脇はびっしりの観客。�т����
もう移動することはできません。
現在の場所を死守しないと、後ろのオジサンが物も言わずにビデオを構えてズリズリと侵入してきます。�y����



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

クローズアップ葵祭り -2-


御所を10時30分出発です。�݂����܂�

京都の原則<1時間前にゆけば何とかなる>ということで御所につきました。

建礼門からまっすぐに伸びる道を正面から写真を撮れる場所はすでに、報道機関の方や、写真家で占拠されていました。�A�b�v���[�h�t�@�C��
この道にそって観客席が設けられています。

その前側の席は、旅行社に買い占められていて、とっくに占拠されています。うしろの席は当日券がかなりあります。
しかし立ってはいけないというのに前の人が立って撮影するので、結局、後ろの人は撮影困難であるといわれました。�~
後ろの席の人気は無く、当日券を買う列はたいしたものではありませんでした。

我々は建礼門から一直線の道が門(名前をしりません)から丸太町通りに出るところで直角にS字に曲がる地点、目の前を通るところと、S字の正面を両方撮影できる地点に陣取りました。
ここは、フリーゾーンで、来たときは数人しか観客はいませんでした。GOOD

aoi1_convert_20090813131653.jpg

これが出発1時間前のS字地点です。
向かって右に曲がると建礼門からの一直線の道です。�R��

行列が左に曲がる角を写真家が占拠しています。
やっぱり、御所と行列が両方画面に入れられるから、この場所が人気なのですね。�L���L��
我々の周囲はほとんど人がいません。

この写真の前の道を左に行くとすぐ丸太町通りへ出る門となります。
ほんとにここでいいのだろうか不安ですが、決心して拠点を築きます。�撣�邼�B���[��B

数少ない隣の方が話しかけてきます。
横浜からきたそうで、もう定年退職されたのかなと思える方です。
日帰りで葵祭りを見に来ているのです。

固定高倍率ズームをつけた小型カメラをもっていました。�f�W�J��
ほんとはこの手のカメラが旅行にはもっとも実用的と認識しています。
ふいと旅に出る自由人とお見受けしました。���т�
一応、重装備(プロや凝った人からみたら全然重装備ではありませんが)の当方のカメラを見て、昔は自分も写真に凝っていたとか懐かしそうで、いろいろ話しかけてきます。


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

クローズアップ葵祭り -1-


クローズアップ葵祭り�t

なぜクローズアップなのかというと、今回に葵祭りは、参加している方、一人一人を描写する試みをしようと決めていたからです。�J����
本当のことをいうと、レンズを交換するのが面倒なので、★50-125mm一本で済ませようという怠慢な魂胆からはじまったのですが。��

葵祭りの写真撮影は難しい。まず、観客が多くて場所の確保が難しい。���[��

静の祭りといって、ただひたすら静かに歩くだけで、踊りも音楽も何らパフォーマンスはない。����l
基本的には京都の一般人の気持ちで実行されている祭りで、特にプロフェッショナルな人が参加しているわけではない。
たとえば、阿波踊りのプロとか、ねぶた祭りのねぶた作りのプロとか、花火大会の花火のプロとか、そういう絵になる人はいません。jumee��DaNcE2 �ԉ�

ただ、ただ雅(みやび)なことだけが取り柄の行事です。��{
従って雅な雰囲気をあらわす写真が、旅行パンフレットや本には掲載されます。
そういう観点からすると、このクローズアップ葵祭りの企画は成功だったか、失敗だったか? 

クローズアップしてみると、なにか、参加している方、一人一人の個性がみえてきます。����
何らかの事情でいやいや参加している人、アルバイトだからしょうがないと参加している人、名誉だから参加している人、一度はやってみたいと参加してみたはいいけれど、とにかくはずかしいという人。�t�@�C�g �ނ��E�E�E ����[ ����
この時とばかり雅を満喫している人、とにかく疲れたという人、盛り上がる仕掛けのない祭りですから、参加者は自分で毅然と盛り上がるしかありません。

結構大変なお祭りです。���Ƃ�-��



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

ちょっと祇園祭り -9-


7月17日金曜日10時30分の河原町御池交差点です。
山鉾の出発点の四条通りはとても近づけるしろものではありません。
道の反対側にゆくことも全く不可能な人ごみなのです。�A�b�v���[�h�t�@�C��

gion37_convert_20090810130000.jpg
先頭の長刀鉾が見えてきました。いままで仕事をしていたので、出遅れると、こんな状態で写真をとるしかないのです。

gion38_convert_20090810130053.jpg
本ものの稚児が乗っています。

gion39_convert_20090810130108.jpg
ここで、河原町通りから御池通りへ直角に回転するのです。
これが大変、竹のコロを敷いて、3回くらいに分けて回ります。
鉾は10トンくらいあります。
みんなの息が合わないと回れないし、けが人が出るかもしれません。�t�@�C�g

gion40_convert_20090810130133.jpg
だいぶ回ってきました。

gion41_convert_20090810130145.jpg
もう少しです。

gion42_convert_20090810130221.jpg
そして、ここで、当方は事務所に呼び戻されて、当方の祇園祭はあっけなく終了となりました。�������



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

ちょっと祇園祭り -8-


gion32_convert_20090810125848.jpg

gion33_convert_20090810125900.jpg
松坂屋さんの古いお店がありました。
この新町通りはますます面白くなってきました。��

gion34_convert_20090810125918.jpg
人だかりがしているので、のぞいてみると、この家では芸妓さんを呼んで宴会をやっています。町内会の鉾の管理者の名家なのでしょうか。

gion35_convert_20090810125936.jpg
それぞれ、持っている宝物を飾って、通りを歩く人は、みんな窓越しにながめるのです。���ዾ

gion36_convert_20090810125947.jpg

最後に、この写真で祇園祭りがなんだか分かってしまいました。�A�b�v���[�h�t�@�C��
祇園祭りとは、ようは、京都の人たちが、町内を上げて楽しむ祭りなのです。
かれらが主役であり、かれらの京都プライドのぶつかり合いも取り混ぜて、自ら人生を楽しむ為のお祭りです。waaaai

我々観光客に見せるために祭りをやっているのでは決してないのです。
我々が観客で、祭りをやる方が観客にむかって演じると思い込んでいました。
立場は逆なのです。我々観光客は町内会の皆さんのお祭りを、楽しみを盛り上げるための道具なのです。���́[



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

ちょっと祇園祭り -7-


gion27_convert_20090810125628.jpg

gion29_convert_20090810125735.jpg

gion30_convert_20090810125819.jpg

なんでこんなにうちわの写真を載せたとおもいますか? 
これが正に、当方のやろうとしていることだからです。

これまで当方が撮った花の写真がそのまま、このうちわの絵柄になっています。���x���_�[
京都の方の自然を見る目がこのうちわによく表れています。

でも当方のやることはちょっとちがいます。同じ事をやってもかないませんから。
当方は座右の銘のように、もっとデフォルメすることで、真実を表したいと密かにたくらんでいるのです。��

それにこのうちわ1万円だそうです。当方は、もっと安価な日本文化を作りたい。
なぜなら、みんなに日本文化を楽しんでもらいたいから。��{�H

当方はうちわ屋さんになるわけではありません。
自然のパターンから模様をおこすのです。
ですから写真をとっているので、写真愛好家でも写真家になりたいのでもありません。

でも、ネットで調べると、紫織庵とするなら、ここの商品はうちわ、1本1575円からと書いてありました。安い物もデパート等で売っているのでした。���ƂƁ|���܂���

gion31_convert_20090810125835.jpg

うーん、結構素敵。とっても素敵。���������I
買いたくなってきた。
伝統の技はさすが手ごわい。当方も負けてはいられない。�A�b�v���[�h�t�@�C��


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

ちょっと祇園祭り -6-


もう一つ、道端のお店のショウウインドウの紹介です。
これはちょっといっぱい写真をのせますよ。�J����
2年前もここで写真をとりました。

うちわ屋さんでしょうか������、和装用品屋さんでしょうか?
ネットでしらべると由緒ある<紫織庵>というところの展示と思われます。
<京のじゅばんと町屋の美術館>を開いているとかいてあります。
めちゃめちゃ行きたい。�L���b

gion23_convert_20090810125520.jpg

gion24_convert_20090810125539.jpg

gion25_convert_20090810125552.jpg

gion26_convert_20090810125615.jpg



ブログランキングに参加しています。京都好きの方、クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

ちょっと祇園祭り -5-


gion18_convert_20090805143641.jpg
子供たちが、歌をうたいながらろうそくを売っていました(伝統的歌なのでしょうか。どういう歌詞かわすれました)。��
かわいいので人気を集めています。
子供たちにとってこういう思い出は一生わすれないでしょう。
ほんとに素敵です。�΂�
こうやって日本がDNAに刷り込まれてゆくのだと感激しています。

gion19_convert_20090805143655.jpg

gion20_convert_20090805143710.jpg
新町通りには、いわくありげなお店がいっぱいあります。
着物のお店、和風雑貨のお店、センスやうちわのお店。
この道は2年前も通りました。面白そうな道ですね。
今度、京都道シリーズ第3弾はここにしましょう。�t�@�C�g

gion21_convert_20090805143724.jpg
和風雑貨<くろちく>さんバーゲン会場の一つへの路地。

gion22_convert_20090805143740.jpg
元は何屋さんなのでしょうか?jumee��whyR
和風雑貨の<くろちく>さんがバーゲンと称して、何軒もお店を出していました。
とにかく行けども、行けども <くろちく>さんです。どういうことなのでしょう?

当方も反物端切れというやつを2種1000円で買って、計7枚のハンカチをつくって使っています。なんたって日本の着物の柄は楽しいです。�䂩��


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

ちょっと祇園祭り -4-


gion12_convert_20090805143503.jpg
これは函谷鉾の次で月鉾です。���i���F�j
提灯の月の文字パターンが面白い。ここから四条通りを北へ、新町通りに曲がってみます。狭い道に鉾がいくつも置いてあって、両側を屋台が取り巻いて、もう人の渦状態。

gion13_convert_20090805143516.jpg
放下鉾が見えてきました。たこ焼き屋さんと放下鉾。�����₫

gion14_convert_20090805143527.jpg
団子屋さんと南観音鉾。

gion15_convert_20090805143541.jpg
もつ煮込みがやたら受けてます。�˂�

gion16_convert_20090805143617.jpg
放下鉾、南観音鉾、北観音鉾、八幡鉾と続きます。提灯のパターンを追いかけます。
南観音鉾の天女さんが見えます。

gion17_convert_20090805143629.jpg
北観音鉾は、おはやしが大熱演です。����
提灯パターンをさらに追いかけます。�݂����܂�


ブログランキングに参加しています。お祭り好きの方、クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

ちょっと祇園祭り -3-


gion7_convert_20090805143327.jpg
もう一つ、屋台の元気に注目。
町内会のお姉さん、おばさんが張り切って<ちまき>などを売っています

gion8_convert_20090805143407.jpg
元気印のお嬢さん達です!!

gion9_convert_20090805143421.jpg
使える提灯のパターンを探して、赤白と無地の提灯の対比列。
赤白のところは一般の方が鉾を見学している渡り廊下です。

gion10_convert_20090805143432.jpg
同じく、無地提灯列と赤白提灯列

gion11_convert_20090805143449.jpg

鉾の上端(鉾頭)まではあまりに距離(25m)があるので、写真を撮りづらい(近づけないから、下から見上げるようには撮れません)。�J����
プロはビルの上から見下ろす格好で撮ります。
祇園祭りの写真は、撮るポジションの確保で大半が決まってしまいます。
特に山鉾巡行の時は決定的です。

思い切って空を入れてみます。����
見上げると、空がちょっと心配、明日は雨が降らないといいのですが。
2回とも大雨では、当方は祇園祭りに参加してはいけないということになってしまいます。��


ブログランキングに参加しています。京都好きの方、クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック