京都桜便り -32-


sakura175_convert_20090529132303.jpg
余韻を残して、醍醐寺を後にする。

sakura176_convert_20090529132317.jpg
最後の〆のつもりですが、ピンボケで残念。090529-1

醍醐寺は太閤秀吉の息がかかったお寺です。
秀吉の成金センスが垣間見えて、なんとなく好みでないので、推薦のお寺にいれていないのです。しかし、桜は文句なく醍醐寺です。�i�C�X

この日はまだまだがんばります。ライトアップの清水寺へ。�d��
茶碗坂の上の方の奥まったところにある喫茶店(よく行くのですが名前をしりません)でぜんざいとナントカ弁当(これも名前をわすれた)を食べて、6時30分開場の清水寺を待ちます。

sakura177_convert_20090529132331.jpg

sakura178_convert_20090529132351.jpg



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)
スポンサーサイト

京都桜便り -31-


sakura167_convert_20090529131959.jpg

sakura168_convert_20090529132017.jpg

sakura169_convert_20090529132034.jpg
<銀レフ(反射板)がないと、きつい陰影になって気に入らない写真ですけれど。人物と桜が同居していないと、雰囲気が伝わらないかもしれないと思ったので家内にはすみませんがまた登場していただきました。>


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -30-


sakura157_convert_20090529131632.jpg
この国宝の五重塔、以前来たときは、不細工な五重塔という印象だったが、今回は少しみなおした。

sakura158_convert_20090529131649.jpg
ガッシとして、力強い。この塔の周囲が不細工なので、この塔が泣く。もう少し演出したらいいのに。
ただ地味な玉垣が植えてあるだけ。色彩のバランスを考えて、なんとかしなさい。�{��


sakura159_convert_20090529131709.jpg

sakura160_convert_20090529131723.jpg
お坊さんが呼び込みをしています。写真をとったら睨まれました。�A�b�v���[�h�t�@�C��


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -29-


sakura149_convert_20090519131049.jpg

sakura150_convert_20090519131104.jpg

sakura151_convert_20090519131119.jpg

sakura152_convert_20090519131135.jpg



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -28-


sakura141_convert_20090519130839.jpg

sakura142_convert_20090519130857.jpg

sakura143_convert_20090519130914.jpg

sakura144_convert_20090519130930.jpg
こうなってくると、うまい写真だ、いい写真だもあったもんではありません。
なんでもいいから撮りまくるという加熱状態。��



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

桜の写真が満載です。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -27-


sakura131_convert_20090519130551.jpg

sakura132_convert_20090519130606.jpg
<瓦屋根があって桜があるからいいのです>

sakura133_convert_20090519130622.jpg
<再び山科疎水>

sakura134_convert_20090519130638.jpg


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、
続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -26-


sakura122_convert_20090519130316.jpg

sakura123_convert_20090519130333.jpg
3番目の売りがお庭です。しかし、桜はありません。秋の紅葉の時がベストのお庭です。�g�t�������~�W�o�t�E�̗t02�i�����w�i�t���j ��SbWebs��

sakura124_convert_20090519130349.jpg

sakura125_convert_20090519130405.jpg
今回は背中合わせのサルと狸に登場していただきました。jumee��monkey1�A���C�O�}


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

桜の写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -25-


sakura114_convert_20090519130024.jpg

蹴上から地下鉄東西線で山科へ。
山科をおりて毘沙門堂跡へ。����l

sakura115_convert_20090519130110.jpg

琵琶湖から京都へ水を送る、山科疎水。
これをうまく使って、山科の観光を発展せたらいいと以前いいました。
土地のボランティアが川沿いに菜の花を植えています。����ۂ�
屋台が出て、土地の女学生のブラスバンドが盛り上げます。�X�l�A�h�����i���邢�w�i�p�j ��SbWebs��clarinet�G���������͂��Ă�������

sakura116_convert_20090519130127.jpg

sakura117_convert_20090519130147.jpg
毘沙門堂の入口にはちょっとした石段があり、家内はそれを見て帰ろうといいだしました。
まったく、苦労します。��


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -24-


sakura104_convert_20090519125723.jpg

sakura105_convert_20090519125741.jpg

sakura106_convert_20090519125757.jpg
この貯水池みたいなところでUターンします。

sakura107_convert_20090519125812.jpg
<船の屋根は橋をくぐる時にジーといって低くなります。ぎりぎりです>



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -23-


sakura94_convert_20090519125421.jpg
白川ぞいにも桜が咲いています。��Ԃт�

sakura95_convert_20090519125446.jpg
平安神宮の真赤な鳥居は、立派です。最近、とても鳥居の意味がわかるようになりました。


sakura96_convert_20090519125502.jpg
岡崎疎水です。ここを十石船で周遊するために早起きしたのです。

sakura97_convert_20090519125519.jpg



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

十石船で周遊中に撮った写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -22-


sakura86_convert_20090519125126.jpg
いつものコース、上賀茂神社から賀茂川ぞいを歩いて京都府立植物園まで歩く。つもりでした。

sakura87_convert_20090519125158.jpg

sakura88_convert_20090519125222.jpg

sakura89_convert_20090519125245.jpg

ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ写真が続きます。下行「続きを読む」をクリックして、是非続きをご覧くださいマウス(左クリック)

京都桜便り -21-


雨の中を、高麗美術館までいってみました。上賀茂神社のすぐそばです。
朝鮮の蒔絵の展示会をしていました。
うるし塗りも蒔絵も朝鮮の技術を日本が学んだことをおしえられました。
蒔絵がヨーロッパでJAPANと言われることを朝鮮の人はどう思っているのでしょうか。
朝鮮の蒔絵も十分、魅力的工芸品です。 �L���L��

二階には、すでに亡くなった高麗美術館の創始者、鄭詔文さんのビデオが放映されています。�e���r
6歳のときに日本に来て、それ以来、朝鮮には帰らずになくなりました。ビデオで、分裂している朝鮮を訪ねたくない、北にも南にも親族がいる。どこに行けばいいのか、と話していいました。ボーっとくらしている日本人には想像もできない、厳しい世界です。

このビデオで、とても印象的なことに出会いました。�d��
鄭詔文さんが司馬遼太郎と、砂鉄の道という本のための取材をしているビデオです。
鉄細工師のルーツを訪ねて新潟に行った時に、鄭詔文さんは電話帳をめくって、百済という姓の鉄細工職人が、同じ地域に何人も暮らしていることを見つけます。そこを訪ねると、たしかに百済外来人としての系譜が記されていました。そうか、外来人はその技術の為に、上層部に入り込んでいる人ばかりではないのだ、一般の人に交じって、その技術で暮らしている人がいっぱいいたのだ。故郷をわすれないために百済という姓を名乗ったのだ。
そして、百済さんは今、完全な日本人です。
ますます、外来人に関して真実が知りたくなりました。
  
高麗美術館はいつのまにか、館内撮影禁止となっていいました。
残念です。�G���������͂��Ă�������外の写真だけ載せます。
sakura80_convert_20090511130213.jpg

sakura81_convert_20090511130228.jpg

sakura82_convert_20090511130243.jpg

sakura83_convert_20090511130258.jpg




ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだ写真が続きます。続きをご覧になりたい方は下行「続きを読む」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

京都桜便り -20-


雨はいっこうに上がる気配がありません。
今日はどうしても上賀茂神社にゆかなくては。����
新年度の初めの挨拶にゆくのです。
いつものように、河原町今出川から4番にのって上賀茂神社に。�c�t���o�X

まずはお参り。
このとき、神様に参拝する人がなぜ、手を清めたり、装束をあらためたり、いろいろな儀式をするのか突然理解しました。神様に祈るとは、自分を見つめることである、そこまではわかっていたのですが。その時に、自分の精神がごちゃごちゃではいけないのです。
自分の本心はなにか、心をしずめて、一心に自分は何か。自分はどうしたいのだ。だからなにを祈るのか。ごちゃごちゃの自分を一心にするために、いろいろな儀式がつくられたのだ。
そう気がつきました。

この時もごちゃごちゃで、この一年を無事すごせたことの御礼をすることより先に、これからの一年、力を貸してくださいとお祈りしてしまいました。��
後であやまりました。まず御礼です。先のことはわかりません。
まず確かなこと、これまでの一年を無事すごせたことを感謝しなければいけないのです。jumee��faceA78

sakura74_convert_20090511130035.jpg
有名な上賀茂神社のしだれ桜です。相当の雨です。写真を撮るのもままなりません。

sakura75_convert_20090511130049.jpg


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ桜の写真が続きます。是非続きをご覧下さい。
下行「続きを読む」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

京都桜便り -19-


御苑を後にします。
御苑の北の出口を出て、同志社の前を少し東に行けば、我々のラボです。

雨の中を食べるところをさがして、ラボの前の、謎の喫茶店にはいりました。
この喫茶店、前から謎でした。�͂Ă�

店の前には石像が立ち、メニューは外に出ていない。 
なにを食べられる不明。 ウイークデイは3日しか開いていない。
3年間ラボにかよっているのに、一度も人の出入りを見たことが無い。

李青といいます。
家内がいるし、雨も結構ふっていますので、ここに入る決心をしました。

sakura73_convert_20090511130021.jpg
この写真は後で撮ったものですが、この時も開いていませんでした。

中にはいると、普通の喫茶店です。
ただし、韓国料理です。�؍�
それに韓国の本がいっぱい置いてあるのです。
ビビンンパとトックを食べました。
<日本文化の中の韓国>とか、当方の興味の中心である本がずらずらとおいてあります。
これはいったいどういうことだ。���[��c

高麗美術館のポスターがいっぱいはってあります。
お店の人にきいてみました。
KORYO美術館とはどういう御関係ですか? 高麗(コウライ)美術館のことですか? KOYO museum と言わねばならなかったのです。 
コウライとは日本読み、KORYOとは朝鮮読みか英語よみ。

答えを聞いてびっくり。����
「ここは高麗美術館の創始者の娘さんがやっているお店です。」
これですべての謎がとけました。


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

京都桜便り -18-


sakura68_convert_20090511125855.jpg
メジロさんでしょうか?ツグミさんでしょうか?みんなの注目を集めながら、一心に桜の花(蜜?)を食べています。

sakura69_convert_20090511125910.jpg

sakura70_convert_20090511125925.jpg
こういう満開の桜の写真にはコメントはいらないのです。

sakura71_convert_20090511125946.jpg
実はもう雨が本降りになっているのです。

sakura72_convert_20090511130006.jpg



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

京都桜便り -17-


sakura62_convert_20090504142705.jpg

sakura63_convert_20090504142828.jpg

sakura64_convert_20090504142846.jpg

sakura65_convert_20090504142902.jpg


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ桜の写真が続きます。是非続きをご覧下さい。
下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

京都桜便り -16-


sakura54_convert_20090504142442.jpg
これはただきれいだからとった、木蓮の花

sakura55_convert_20090504142459.jpg

御所の北側は様相が違います。
桜が固まって咲いていて、人がいっぱい集めっていました。
南側から御苑にはいったことを感謝します。
北側からはいったら、これからの写真をとってそれでおしまいとなったかもしれません。

sakura57_convert_20090504142542.jpg

sakura58_convert_20090504142600.jpg



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ桜の写真が続きます。是非続きをご覧下さい。
下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

京都桜便り -15-


sakura47_convert_20090504142220.jpg
倒れた松の木から生えている桜の木

sakura48_convert_20090504142240.jpg
このハイブリッドは建春門のそばにある。

sakura49_convert_20090504142258.jpg
その気でみるとハイブリッドがあちこちにある。

sakura50_convert_20090504142317.jpg
見事なハイブリッド



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

まだまだ写真が続きます。続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

京都桜便り -14-


sakura42_convert_20090504134614.jpg

sakura43_convert_20090504134634.jpg
家内が登場。レンズが変わって、何故かポートレートがうまくいかない。
やっと一枚だけ登場。

sakura44_convert_20090504134706.jpg
松の木のバック

sakura45_convert_20090504134723.jpg
レンズが変わって、広角の遠景がやたらきれい。

sakura46_convert_20090504134749.jpg
建春門あたりから、すこし変わった自然をお見せします。これも御苑のなせる技。


ブログランキングに参加しています。写真が奇麗だと思ったらクリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

京都桜便り -13-


sakura35_convert_20090504134259.jpg

sakura36_convert_20090504134345.jpg

sakura37_convert_20090504134401.jpg
木の幹が印象を与える

sakura38_convert_20090504134423.jpg
力強い木のフォルム



ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いしますポッ・・・
 PFマウス

桜の写真が続きます。続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック