PF周辺の物語 -21-

注意マーク注意書き<以下、目黒自然教育園の写真はすべて無断使用禁止です>注意書き注意マーク


PF周辺物語 (49)

PF周辺物語 (16)

PF周辺物語 (17)

ブログランキングに参加しています。緑に癒された方はクリックをお願いしますポッ・・・
 PFマウス
スポンサーサイト

PF周辺の物語 -20-

注意マーク注意書き<以下、目黒自然教育園の写真はすべて無断使用禁止です>注意書き注意マーク

これが面白い。
PF周辺物語 (13)

PF周辺物語 (14)

PF周辺物語 (15)


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
 flowerマウス

PF周辺の物語 -19-

最後に、奇跡的な原始林(ちょっと言い過ぎ)が山の手線の内側にあるお話をします。木

目黒自然教育園です。キラキラ
我々のラボからすぐこの森の一角にぶちあたります。
(目黒自然教育園の隣はハイセンスな庭園美術館がありますが、大変有名なので今回での紹介はパス)


PF周辺物語 (48)

400~500年前の豪族、白金長者の館からはじまり、宮内庁の白金御領地を経て、天然記念物および史跡に指定され、S37年、国立科学博物館付属自然教育園として公開されました。にこにこBrilliant.

20ha(東京ドームの4.3倍)の森ですビックリびっくり

出来るだけ自然に任せることがコンセプトですから、植物園というよりはまったくの森です。
自然を知るための教育的配慮は大いになされていますが、遊ぶには、そっけないかぎりです汗とか

せっかくの都会の真ん中にある貴重な自然なのに、少し硬すぎませんかorz
もう少し味付けしたら、楽しむ人が数十倍になるのにと思ってしまいます。ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星

自然林を守るというコンセプトはわかりますが、なにも都会の真ん中でそれをやらなくても他にいっぱいあるでしょうに。がっつイオナズン

バラ園赤薔薇とか、お花畑tulip4を作って、京都府立植物園に匹敵する植物園にすることができるのに、お堅いことです。泣き顔



少し、森の中をご紹介しましょう豆電球
ちょうど、桜も咲いていない、紅葉もまだの、夏の終わり、秋のはじめころの写真です。jumee☆camera1a
地味な森の地味な時期ですから、当方の注目ポイントは木の肌です。
キラキラ(緑)待ち合わせ場所虫眼鏡かお



キラ~ン次回予告キラ~ン

次回からしばらく、「木の肌」特集となります音符

何をするのかと言うと、厳選された「木の肌」の写真をたくさん載せているのですclover
(もちろん、無断使用禁止ですてろてろちゅういjumee☆faceA175)

写真に対する率直なコメントお待ちしておりますkissDNニコニコ。 横向き

また、東京、京都周辺で良い撮影ポイントなどの情報もあわせてお待ちしております太陽

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
  flowerマウス

PF周辺の物語 -18-

プラチナストリートのお店は、ガイドブックにいっぱいのっているでしょうから適当にして、この道に続く、レトロな商店街、白金北里通り商店街(北里大のキャンパスと病院があるのでこういう名前となりました)の話をちょっとします。
ファルマフロンティアの連中はおしゃれなプラチナストリートより、庶民的北里通りを根城としています。


PF周辺物語 (12)
<土屋鞄製作所、1.5年前から開業した、オリジナル鞄屋さん、興味あるでしょ。>

PF周辺物語 (45)
<お昼時、ここの席を確保できるとラッキーと思う。人気のお店、嵯峨>



ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -17-

我々の昼食はいつもイタリアンというわけにはいかないので、歩いて1分ので、昼は日替わりランチ(ここの、まったくの家庭料理がいいのです)を食べています。2階からプラチナストイリートを見下ろしながら、お味噌汁に、ホッケの焼いたのとお浸しとかを食べています。

PF周辺物語 (11)
<あんかというのは安価ではなくて、錨という意味です>


PF周辺物語 (43)
<あんか以外は、プラチナストリートが終わって、外苑西通りが高速道路にそって右に折れて、広尾の方にむかう、高速道路下の庶民の店で食べています。人気の丸金ラーメン。手前は花屋さん>


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -16-

PF周辺物語 (10)
<白金交差点からプラチナストリートに並行する、裏道に入ってすぐにho-ho-hoというベトナム料理店があります。PER REGALOの右裏で、このビルの3Fです。ベトナムのおそば、フォーが人気です。べトナムコーヒーとかベトナム春巻きとか、楽しくておいしいお店で、よく食べに行きます。>

PF周辺物語 (41)
<白金台交差点を目黒方向に数十mすすんで、目黒自然教育園のはす向かいに、老舗のイタリアンレストランCARIFONEがあります。最近ランチをやるようになり、我々も気軽にその料理を食べられるようになりました。ここだけの話、この界隈ではこの店が最もおいしいイタリアンレストランと思います。外観は古いですが、内装は素敵で、プラチナストリートからちょっと足をのばして、ここの料理を楽しんでください。>


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -15-

PF周辺物語 (37)
<プラチナストリートの途中にソニーのビル(ソニー・エンターテイメント)がありましたが、どうやら撤退したようです。2000年度に建築業協会賞、グッドデザイン賞、日本建築学会作品選奨などの賞を受けた建物だそうですが、ソニーの看板が見当たらなくなっています。残念です。世界のソニーさん頑張ってください、我々も頑張っています。>


PF周辺物語 (38)
<元ソニービルの裏手に松岡美術館があります。とても洒落た美術館です。古代エジプトから始まって、ローマ、ガンダーラ・インドの彫刻から、ヘンリー・ムア、エミリオ・グレコ等の現代の彫刻までが並んでいます。東洋陶磁、日本絵画、ヨーロッパ近代絵画もあります。松岡清次郎という実業家のコレクションです。現在、美人画展をやっています。>

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -14-

PF周辺物語 (33)
<ブルーポイントのすぐ隣に、ボエームというオープンカフェをもつ、似たようなお店ができました。このオープンカフェにはペット連れのお客さんがパスタとワインで楽しんでいます。店の中はおどろくほど広く、若いお母さんたちのたまり場で、時々子ども達を引きつれてパーティーをやっています。合同誕生パーティーでしょうか? 気軽にはいれる楽しいお店です。>

PF周辺物語 (8)
<ボエーム>
PF周辺物語 (9)
<夜のボエーム、撮影がクリスマスシーズンだったので、派手な飾りとなっています>
PF周辺物語 (34)
<我々のラボのすぐ近くのイタリアンレストランL’ ECAILLERです。この前、ここでメンバーの送歓会をやりました。値段がリーズナブルで美味しくてグッドでしたが、そのあと直ぐに閉店となってしまいました。とても、とても残念です。>

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -13-

PF周辺物語 (28)

PF周辺物語 (29)
<このお花屋さんは楽しそうでしょう。超いいセンスのお花屋さんです。医科研西門の隣にあります。>


PF周辺物語 (30)
<お花屋さんのとなりはブルーポイント。以前はこのお店くらいしか、プラチナストリートにはお店がありませんでした。老舗中の老舗です。日本のオープンカフェのはしりで、近くにいっぱいある大使館関係外人のたまり場でした。>


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -12-

PF周辺物語 (26)
<我々のラボからすこしプラチナストリートを上がると東大医科学研究所の西門があります。ここの食堂でリーズナブルなおいしい食事ができますが、偉そうな先生方に囲まれて毎日食事をするのは、ちょっとパスです。>


PF周辺物語 (27)
<プラチナストリートやその裏道には変わった建物がポツポツあります。この建物の地下に、フレンチレストランOZAWAがあります。老舗のすてきなレストランです。この建物になぜかプラネタリウムがあるのですが、不思議ですね。>




ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -11-

PF周辺物語 (4)
<プラチナストリートからトランドウにはいる小道の入口にミシュランで三ツ星となったフレンチレストランふるーつ☆Cultivation・キラキラ星、Quintessens(カンテサンス)があります。
テレビテレビでシェフが料理をしているところが紹介されましたが、さすがに日本人のセンスを生かした、ユニークで美味しそうな料理を作っていました。コック帽キラキラ・オレンジ2
いつも2か月先まで予約で埋まっています拍手
明日送歓会をやりたいのですが、予約できますかと聞いたら、店の人に笑われてしまいました汗


PF周辺物語 (25)

<夜のカンテサンスです。月こちらは洋装の美しきご令嬢、ご婦人達が夜な夜な出入りしております。女ハート
この上の階にはイタリア人が経営するイタリアンレストランLuxorがあり、土日の夜は大使館関係外人達がたむろしています星




ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
←最後までご覧いただき、ありがとうございますマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -10-


PF周辺物語 (22)
<体の中で働いている分子(タンパク質)の相互関係を網の目のようにつないでそのパターンから、体の中で何が起きているかを見つけ出します。仕事もパターン、遊びもパターンで、頭の中はパターンだらけです。複雑なパターンを見るので、30インチや25インチの大型ディスプレイが必須です。>

PF周辺の物語(23再)

PF周辺物語 (24)
<御車の京都研究所や京大ゲノム教室とつながっているテレビ会議システムがあります>


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
←最後までご覧いただき、ありがとうございますマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -9-


PF周辺物語 (21)
<ここはとにかくPCだらけです。うしろのフォロンがかいたタイトロープという絵が我々ベンチャー企業の実態を現しています>

PF周辺の物語(21と22の間)


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
←最後までご覧いただき、ありがとうございますマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -8-

PF周辺物語 (17)
<ファルマフロンティア東京研究所のあるマンション、トランドウ。トランドウとは32という意味です。なぜそういう名前となったかは知りません。デザイナーヅマンションというだけあって、しゃれた雰囲気で、アーティスティックなビジネスをやりたくなります�n�[�g
PF周辺物語 (18)
<なぜか、マンションの前に、同じオーナーが作ったと思われる艶というバーがあります�A�b�v���[�h�t�@�C��

PF周辺物語 (19)

PF周辺物語 (20)
<我々の商品、DNAmicroarray解釈用データベース、の作り手の一人です>

ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
←最後までご覧いただき、ありがとうございますマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -7-

さて、東京研究所の紹介に移りましょう。�����^���[

以前、港区白金台といえは、知る人ぞ知る、隠れハイソスポットでした。
長い間、最寄り駅が無かったのですが、最近地下鉄白金台駅ができて、急速にお店がふえて、有名になりました。�d��

犬をつれて散歩する、ハイソな<シロガネーゼ>という言葉が知れ渡るようになりました。
本当のところ、白金台に住む人は、ビニール袋(今はエコバック)を下げるか、買い物キャリアーをころがして、どうでもいいカッコであるいているので、<シロガネーゼ>とは最近住むようになった若い人とか、どこからかたずねてくる人です。

当方は10年以上前に、バブルがはじけて、当時、地価が日本で一番下落したといわれる白金台の土地を獲得して、住むようになりました。

我が家から歩いて5分くらいの所に、事務所専用のマンションがあったので、ファルマフロンティアの事務所兼研究所としました。�݂����܂��f�p�[�g�̃G���x�[�^�[
PF周辺物語 (15)
<白金台の中心、プラチナストリートはイチョウが色づく季節に一番美しくなります���t�����C�`���E�̗t�i���K���K�j�m02�i�����w�i�t���j
PF周辺物語 (16)
<ベンツ、ポルシェ、BMW、ジャガーその他ヨーロッパ車オンパレードのストリート�ԐF�̎�


東京もいいなと思ったら、クリックをお願いします。
←最後までご覧いただき、ありがとうございますマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -6-

お茶の場合はとにかく出てきた焼き物を褒めなければいけないということで、思ってもないことを言うことが全くできない当方にはこれが恐怖です。�A�b�v���[�h�t�@�C���E���ߑ�
家内は、あなたはそれができないから世の中をうまく渡れないのだから、お茶を習いなさいといいます。

それはそれとして、この美術館から不明であった隣の森がなんであるかよく見えました�A�b�v���[�h�t�@�C��

それは四君子苑という、お茶室だったのです。����
この美術館と連動しているようで、由緒あるお茶室とそれをとりまく庭園だったのです。
PF周辺物語 (14)
<北村美術館から四君子苑をのぞく>

いつも扉がしまっており、ごくたまに、和服姿の美しきご令嬢、ご婦人達が出入りするので、興味深々ではあるが何だかわからない場所でした。���ꒅ

四君子苑の中はすばらしいそうなので、特別公開の時に写真を撮ってご紹介しましょう。�J������

その向かいには<はやし>というガイドブックにでている小さな料亭があって、ときどき、これまたご令嬢、ご婦人達が出入りする。�������ǂ�

こちらも敷居が高くて入ったことがありません。���́[
PF周辺の物語(14と15の間)
<料亭、はやし>
お店情報:http://r.tabelog.com/kyoto/A2603/A260302/26000305/


京都好きの方、クリックをお願いします。
←最後までご覧いただき、ありがとうございますマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -5-

PF周辺物語 (13)
<手前のレンガが北村美術館、土壁が四君子苑、その隣がクリエイションコア

PF周辺の物語(13と14の間)
<この、ちょっとしたモミジが粋なのです�g�t。手前が四君子苑、レンガが北村美術館

先日、北側の森がどんなところであるか少し判明しました。

その森のさらに北隣には北村美術館があります。
茶道に関係する美術館ということです。����

当方は茶道に詳しくないので、敷居が高かったのですが、お隣さんなのに全く知らないのは申し訳ないと思って、去年の暮に意を決して、訪ねてみました。�撣�邼�B���[��B

小さいけれどきれいな美術館で、茶道に関する展示を不連続的に行っています。
このときはお茶に関する秋を題材とした焼き物の展示でした。

魯山人の焼き物などもあって、悪くはないのですが、お茶を知らない当方には、先入観無しに見ると、大半の焼き物は抜きんでた焼き物とは思えませんでした。
茶道具というのは見方のポイントが違うのでしょう。���[�ށc

創設者、北村謹次郎さんごめんなさい、当方に見る目が無いのです���邤��


森の実態が気になったら、クリックをお願いします。
←最後までご覧いただき、ありがとうございますマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -4-

PF周辺物語 (10)
<我々のラボ、ごく普通のラボです>

PF周辺物語 (11)
<DNAmicoarrayの装置が見えます>

近隣に迷惑をかけないように、隣との間の窓はすりガラスで、開閉禁止ですから、ほとんどの部屋は閉ざされた環境にありますが、我々のラボは賀茂川に面しているので、窓は透明、窓もあけられます。k-7

賀茂川に面したテラスがあり、そこからは賀茂川と大文字焼きの大の字���啶��がありありとみえる好位置にあります。�Ί�

8月16日の送り火の時はクリエイションコアの屋上で、大文字焼きバーティーが開かれます。
�������W���[�X �X�e�[�L �ްټޮ�� �s�U

クリエイションコア京都御車の北隣は小さな森のような一角で、その実態はずっと不明でした。No04�n�e�i

PF周辺物語 (12)
<我々のラボの隣にある賀茂川に面したテラス、北隣の森が見えます>


森の実態が気になったら、クリックをお願いします。
←最後までご覧いただき、ありがとうございますマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -3-

クリエイションコア京都御車はもともと京都大学の御車会館があったところで、閑静な住宅街に囲まれていいます。

隣は幼稚園と由緒ある茶室庭園ですお茶喜び


PF周辺物語 (7)
<クリエイションコア京都御車>

我々のラボ(研究室)は賀茂川を窓越しに見ることができる、クリエイションコアの中でも数少ないベストロケーションのラボです太陽うふ


賀茂川沿いを散歩してみたい人はBlog星Rankingをクリックして投票お願いします。
←続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)

PF周辺の物語 -2-

賀茂川
(正式には鴨川鴨鴨川という書き方は嫌い ブーで、興ざめ jumee☆ohwell3Rです。
かってに賀茂川と書きます。ごまかし1口笛1パソコン
上賀茂地域を特別な場所にするために、上流と下流の漢字を区別した、これが粋なのだと京都の人はいうのでしょうが、どうしても鴨川と書きたくありません汗とか
は、京都にとって重要な意味を持つと思いますキラキラ・赤

京都市も、賀茂川を美しくするために巨額の資金を投じています。散財 散財

それはまったくの正解と思いますふるーつ☆Cultivation・!赤




この賀茂川が、京都の風情に連続性を与えているのです拍手拍手 パチパチキラ~ン

五条大橋、四条大橋、三条大橋、賀茂大橋、その間にいくつかの橋があります。

それぞれ東西の道筋には、京都の風情を作っている、歴史遺産や現代の京都をささえるお店があります。鳥居

大事なのはそれらの風情をバラバラにしないで、連続性を持たせているのが賀茂川だということです。キラキラがっつ

これで初めて京都の風情が生まれます。




そのうちブログに登場させようとおもっている山科のお寺達はそれぞれ魅力的ですが、それらは点で、風情をつなぐ連続性を与えるものが無いのですjumee☆uuummm1b
(山科疎水があり、その風情を大切にしようという意図は感じられるのですが、現状では力不足です。もう一歩、山科疎水を活かすように力をいれれば、山科地域全体がぐんと人を引き付ける魅力が生まれるはずです。)。

一つのお寺で、日本を感じても、次の場所に行く道筋が、どこにでもある新建材の家並みやマンションでは、風情が途切れてしまい、情緒が積み重なってもりあがっていかないのです。



PF周辺物語 (4)
<賀茂大橋から北を見るjumee☆camera1b。加茂川(賀茂川と同じで、鴨川上流部分を賀茂川または加茂川というようです)と北野川が合流して鴨川となる地点です。森のむこうに下賀茂神社(ほんとうは賀茂御祖神社または下鴨神社、まぎらわしい苦笑汗)があります。たぬきち風木木



賀茂川沿いを散歩してみたい人はBlog星Rankingをクリックして投票お願いします。
←続きをご覧になりたい方は、下行「...read the rest」をクリックしてくださいマウス(左クリック)
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック