富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは旅の友になるか?

富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは旅の友になるか?

東北被災地復興支援ツアーで2日間、富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mm で通しました。写真はもう載せました。 今日は、同じ組み合わせで、横浜、赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットでちょっと夜の風景を撮影。感想は申し訳ありませんが、特にありません。旅の友としては、富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは何の問題もなく、推移しています。 全部MFです。 右上のview modeボタンを押してEVFを拡大し、手動でピントを合わせて、もう一度view modeボタンを押すともとの倍率にもどるので、もう一回フレームをとってシャッターを半押しにして、露出が合わなければ、画面の中心をずらして、丁度よい露出を出すポイントで半押ししてそのまま元のフレームに戻してシャッターを押しきる。露出を一定にアンダーやオーバーにするときは、右上の露出補正ダイアルで補正する。無論、露出補正を全部ダイアルでやってもいいのですが、結局両方の方法を混ぜて補正しています。旅の時は時間がないので、ホワイトバランスはあまりいじりません。ライブビューですから、撮れる画像が見えているので、露出のズレは気になりますから、露出の補正をデジイチのときよりずっと頻繁に行うことになります。だいたい時間が無いので、ピントを完ぺきに合わせたつもりでも、ズレていることもありますし、手ブレや相手がブレることもありますから、それは撮ってから見て、撮り直すことになりますが、しかし、大きいモニターでみないと結局、成功か失敗かはよくわからないので、2,3枚とって、次に行ってしまうことが多い。以上、MFは大した手間ではありません。AFでじたばたしているより早いかもしれません。 まあ、旅の友・撮影はいい加減です。いってみれば、適当モードの撮影を旅の友と言っているということです。
この組合せでいいところは
1、 バリオゾナーでもちゃんとツアイスの色がでる。
2、 解像度はよろしい。この点、ツアイスとX-E1のなせる技である。
3、 操作性に問題なし。ライブビュー/EVFは何度も言っているように大変結構である。 これが富士フィルムX-E1の真髄である。使ったことのない人は、使って、その御利益を承知したうえで、文句がある方は文句を言うようにしましょう。
4、 ツアイス・バリオゾナー16-80mmの写角が大変よろしい、特に16mmがあること。
5、 いまのところ周辺光量が不愉快に落ちることは無い。
6、 高感度撮影でも特に気にならない。必要に応じてガンガン、感度を上げて撮影するので、レンズが暗いことはあまり気にならない。 今や、暗いところを撮影するからといって明るいレンズをつかうという概念がなくなりつつある。暗いところでも、高感度に設定すれば、EVFはちゃんと見えてくれて、ピントを合わせることが出来る。
7、 とうとうアダプターが3種になってしまった。 AマウントからXマウントへ絞り付き、KマウントからXマウントへ、絞り付きと絞りなしの2種。物置から数十年昔のミノルタMDレンズを3本見つけたのでMDマウントからXマウントアダプターを買い足そうかと思っている。そのうち一本はF1.4だものね。どんどんX-E1に付けられるレンズが増える。
問題点は
MFでは動く物は撮れません。旅の友でも、たまに動く物を撮る必要が出てきます。その時はあきらめる。居合抜きスナップをやろうと思うと、それはできません。解像度のいい組み合わせと言っているのですから、ピントはいい加減では無理です。軽量化といっているのですから、富士フィルムレンズでAFの方が旅の友にはいいに決まっています。レンズキットを買っておけばよかった。 キットレンズは18-50mmですから写角はバリオゾナー16-80mmの方がずっと使いやすいですがね。旅の友で、ダブルズームというのはあまりいただけません。一本で済ませるべきでしょう。今日もペンタックス単焦点を2本しのばせましたが、結局使わなかった。 旅の友・撮影はいい加減撮影ですから、面倒なことは無しです。旅の友には富士フィルム18-50mmAFでも、ツアイス・ズーム16-80mmMFでもどちらも問題があるということです。 居合抜きスナップには別のカメラが向いているということですか? 18-50mmAFの範囲か単焦点でやれということでしょうね。まあ、とにかく富士フィルムX-E1はじっくり撮影するために買ったので、三脚を持って単焦点をいっぱい持ってライブビューでじっくり撮りましょう。ということで、今回のような旅の友撮影にはあんまりまじめな感想がないのです。 横浜の写真は気が向いたら明日載せます。いい加減撮影ですからね、気が向いたらです。
スポンサーサイト

富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは旅の友になるか? その2

富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは旅の友になるか? その2

横浜、赤レンガ倉庫クリスマスマーケットの写真を載せましょう。カメラは全て富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmです。家内はドイツが好きで、一人で冬にドイツ旅行をした時の思い出があって、ドイツからの資材で作っている横浜、赤レンガ倉庫クリスマスマーケットに行きたいというので付き合うことにしました。 当方の目的はマーケットでなくて、歩くことです。毎日1万歩と多少のダイエットによって緩やかではあるが間違いなく体重の減少が起きるはずであるという仮説を立てて行動を始めて3カ月になります。家内と2人で活動量計を使い始めてから、毎日の歩く量にとても気を使うようになりました。休みの時は、なにかとイベントを作って歩く。まだ、週3日はデスクワークですから平均1万歩は達成出来ていませんが、休みの時は平均1.5万歩はいっているでしょう。これに基礎代謝をアップする汗をかく運動が加われば間違いなく体重減少が加速するだろうという予感がしています。こういう動機がなければ、当方がイルミネーション主体のイベントに行くことはまず無いでしょう。このイルミネーションは最近大はやりですが、当方にとっては、イルミネーションというのはアメリカの何もない原野の真ん中の都市が、景気付けにやる手法という過去の記憶が支配しています。何もない原野を走ると、ポツンとホテルに出会って、何から何までイルミネーションで飾りまくる、そのまわりは真っ暗な原野という具合です。まあ、若い方の夢を壊してもしょうがありません。イルミネーションの写真をいっぱい載せます。 富士フィルムX-E1のISOを最初は1600,後半は3200にしてノイズリダクションを+2にして、手持ちで撮影しています。これでいいのか、いけないのかわかりません。当方は写真は夜に撮るものでないと思っているので、夜景はまじめに撮ったことがありません。なぜって、そこには色がないからです。イルミネーションは自然の色ではありません。明るい単焦点レンズを持っていったのですが、富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmで問題ないので、結局使いませんでした。
  予想通り、富士フィルムX-E1の価格が1万円近く下がっています。まだ1カ月しか経っていないのに。 富士フィルムX-E1を高級コンデジのつもりで使うと、高い上にレンズが無い。昨日も言ったように、1本のレンズで旅に出られない。 デジイチの代わりとして使ってもレンズが無い。現状では当方みたいに、アダプターを付けて、他社のレンズを付けてMFで撮影する目的にしかフィットしない。この目的では現状ベストのミラーレスと思います。三脚付けてじっくり撮影です。 この前、価格comで富士フィルムX-E1のレビューをずっと読んで行ったら、とてもペンタックスファンが多くて、ペンタックスリミテッド単焦点レンズとツアイス単焦点レンズを付けている方がいっぱいいました。当方と同じ考えの方が富士フィルムX-E1を買っているのです。しかし、これはカメラ人口から言ったら、まったく微々たる人数です。当方がいくらEVF/ライブビューやミラーレスによるレンズ中心主義を唱えたって、ほとんどの方は何をいっているのか理解もしなければ、興味もない。 シルバーがいいだの、皮ホルダーがいいだの、せいぜいAFが早いだの言っているだけです。富士フィルムさんはX-E1をいっぱい売ろうとおもって沢山作ったものだから、供給過多になって値下がりしているのでしょう。予想通りです。といってももう買ってしまったのだから、値下がりしようがしまいが関係ありません。当分2台目を買うこともないでしょう。フルサイズミラーレスの出現まで、お金をとっておく必要があるからです。在庫がはければ値下がりがストップするでしょうから、皆さんは買い時の判断が難しいでしょう。2月初旬くらまで下降が続くか、もっと前にとまるか? 富士フィルムX-E1はいいカメラですよ、一般の方がそう簡単には理解できないだろうと思っているのです。 いいカメラだから絶対買いなさいと言ったって、現状ではレンズの種類が皆さんの要望を満たすことができないのですから。 将来を考えて、今のうち買っておきなさいという理由もないし。 三脚立てて富士フィルムX-E1を使おうと思う方以外はせいぜいシルバーがかっこいいと言って買うくらいでしょう。
富士フィルムX-E1を買って、使えることがわかったので安心しているのですが、特にうれしいという感激はないのです。ツアイスや単焦点の良さはペンタックスK5で知っているし、ローパスレスやEVF/ライブビューの良さはリコーGXRで知っているし、富士フィルムX-E1で重量も軽くしたし、あと撮影で残っている問題点は自分の力量だけになってしまいました。追い詰められて、これはとっても憂鬱です。富士フィルムX-E1は人を憂鬱にするカメラかもしれません。 もう言いわけがなくなって、問題点は自分の力量であることを思い知らされるカメラだからです。

il1_convert_20121220185934.jpg

il2_convert_20121220190012.jpg

il3_convert_20121220190036.jpg

il4_convert_20121220190105.jpg

il5_convert_20121220190135.jpg

il6_convert_20121220190159.jpg

il7_convert_20121220190300.jpg

il8_convert_20121220190326.jpg

il9_convert_20121220190350.jpg

il10_convert_20121220190412.jpg

il11_convert_20121220190439.jpg

il13_convert_20121220190530.jpg

il14_convert_20121220190600.jpg

il15_convert_20121220190625.jpg

ホットワインです。

il16_convert_20121220190649.jpg

il17_convert_20121220190715.jpg

il18_convert_20121220190746.jpg

il19_convert_20121220190816.jpg

il20_convert_20121220190844.jpg

il21_convert_20121220190912.jpg

il22_convert_20121220190939.jpg
 
  ここからは五反田から上大崎間の目黒川のピンクのイルミネーションです。 

il23_convert_20121220191003.jpg

il25_convert_20121220191051.jpg


il24_convert_20121220191027.jpg

富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは旅の友になるか? その3 (最終回)

富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは旅の友になるか? その3 (最終回)

今回の試みでわかったこと、ツアイス・ズームは使えるかもしれないという気がしてきました。ズームでも色気がでる。 フルサイズ用ツアイス・ズームを買ってもいいかもしれない。
Vario-Sonnar T*ズームレンズ(24-70mm F2.8 ZA SSM) SAL2470Z 希望価格225800
円、最安値 166410円 重量995g
Vario-Sonnar T*ズームレンズ(16-35mm F2.8 ZA SSM) SAL1635Z希望価格 272000円、最安値175800円 重量 860g
を買ってもきっと後悔しないだろう。 
ズームでも単焦点と同様の絵が得られるとするならば、ニコンのナノクリスタル 大三元ズームはどうだ。こちらも単焦点を越していると言われている。
Nikon AF-S NIKKOR 14-24mmF2.8G ED 希望価格272,000 最安値171800円 1000g
Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED 希望価格273,000 最安値156800円955 g
Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II希望価格315000 最安値186900円 1540g
この戦いは面白い。全く違う絵を作るような気がする。高次元の戦いだ。
富士フィルムX-E1で両方を戦わせることが出来るのだ。ソニー・ツアイス αマウントにするのか、ニコンFマウントするのか。MFなら富士フィルムX-E1で両方使えるのだ。 しかし、AFもどうしても必要だ。富士フィルムX-E1で両方試して、気に入った方のフルサイズAFカメラを買おう。すなわちソニーα99かニコンD800Eか。フルサイズミラーレスがでたらそっちの方を優先。これはソニーが先行するだろう。すなわち、AFはソニー、MFは富士フィルムX-E1がソニー・ツアイスとニコンナノクリを使い分ける。 APS-Cとフルサイズは1.5倍写角が違うから、富士フィルムX-E1がAPS-Cを受け持ち、ソニーがフルサイズを受け持てば、レンズ1本で2本分の働きをする。
どうだ、これで決まりだ。富士フィルムX-E1+総計100万円の世界だ。
これで富士フィルムX-E1の存在意義がわかりましたか?レンズが中心軸でカメラが交換されるのです。この次元になるとMFもAFも重要です。三脚立てた時はライブビューで、焦点、露出、ホワイトバランス、時のよっては色温度まで現場で調節することになるので、焦点だけAFという意味が全くないのです。手持ちの撮影、ポートレート、居合抜きスナップ、動き物はAFで。これはαマウントかFマウントか決めなければなりません。さあ、どっちになるか。

富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは旅の友になるか? その4  追加

富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは旅の友になるか? その4  追加

12月24日
 しようがないね東京は、年末に行くところが無い。 京都が懐かしい。一日一万歩達成のためにまた散歩イルミネーション。一番人気のイルミネーション、東京ミッドタウンのスターライトイルミネーションに出かける。休みの日、クリスマスイブ、 予想通り、イルミネーションを見るための列が延々と続いていました。とても付き合っていられません。マルシェ・ド・ノエル(ガレリアB1F)に行きます。
  なんで、しょうこりもなくイルミネーションを書いているかというと、これまでの撮影で、いろいろケチを付けましたが、富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmは使えると言う結論になりそうだということをお伝えしたかったのです。ブログ画面ではわからないかもしれませんが、富士フィルムX-E1+ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmの絵は、何とも言えない魅力があるのです。ツアイスの色と端正な描写を富士フィルムX-E1がサポートしています。 以前、この組み合わせは破綻すると書きましたが、その後は破綻することは無く、順調に推移して、結論に達しました。破綻した時も、おそらく修正可能でしょう。ソニー・ツアイス・バリオゾナー16-80mmはナンチャッテ・ツアイスかもしれませんが、中古4万円以下でツアイスを味わえるのですから、買いですよ。もう、マップカメラで売り切れかもしれません。

rg1_convert_20121225201411.jpg

マルシェ・ド・ノエル、つまりクリスマス・マーケット

rg2_convert_20121225201456.jpg

rg3_convert_20121225201525.jpg


スターライトイルミネーションがガレリアから見えました。

rg4_convert_20121225201548.jpg

rg5_convert_20121225201611.jpg

rg6_convert_20121225201633.jpg

rg7_convert_20121225201656.jpg

rg8_convert_20121225201723.jpg

六本木ヒルズへ向かいます。

rg10_convert_20121225201809.jpg

rg11_convert_20121225201830.jpg

rg12_convert_20121225201856.jpg

六本木ヒルズのクリスマス・マーケット。クリスマス・マーケットのはしごです。

rg13_convert_20121225201924.jpg

rg14_convert_20121225201951.jpg

rg15_convert_20121225202015.jpg

rg16_convert_20121225202042.jpg


rg17_convert_20121225202108.jpg

rg18_convert_20121225202140.jpg

rg19_convert_20121225202210.jpg

rg20_convert_20121225202241.jpg

今年のイルミネーションはおしまい。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック