特別編 おもわず書いてしまったミラーレスパンドラの箱

特別編 おもわず書いてしまったミラーレスパンドラの箱

おもわず飛び込みコメント
最近、新しいカメラの発売がいっぱい予告されて、楽しいやら、迷うやら忙しい。最近の週刊ダイアモンドにカメラ激変という特集が組まれて、当方がこれまで書いてきたことと同じことが書かれています。ミラーレスがパンドラの箱を開けてしまった。キャノン、ニコンVS アップル、サムスンの対立になるだろうという話です。 ミラーレスが激変の中心にあること、こういう対立が生まれることは当方と同意見ですが、記事の内容はなにかズレているきがします。当方が主張しているのは、ミラーレスになって、デジタルの電子機器部分とアナログのレンズ部分の在り方が大きく変わるということです。記事はスマホのカメラ部分が発達して、スマホがカメラにとって代わるという筋立てですが、そんなことはどうでもいいのです。コミュニケーションツールとして画像が発達し行くでしょうが、ユーザーは必要に応じての性能が必要なだけで、現在のカメラの全機能を必要とすることは無いのです。 写真はコミュニケーションツールの為だけにあるのではないのですから、違った2つのニーズを併せ持たせるか、別々にするかだけの話で、そんなことはどうでもいいのです。スマホにミラーレスのレンズを付けた合成写真をのせて、今後カメラはこうなると言っていますが、誰がそんなでかくて重たいスマホを買いますか。サムスンが容易にスマホカメラを作れるようになったといいたいのでしょう、ごちゃごちゃいわなくてもだれでもそんなことはわかってますよ。 ニコンもキャノンもコミュニケーション能力を付加したカメラを相次いで発表しています。かれらはちゃんと先をみています。一方で、ソニーさんがカメラの次世代をしっかりと見据えています。 α99でミラーレスのメリットをEVFと位相差AFに振り分けたといっています、そして軽量化した。OVFよりEVFの方がいいと言い切っている。うれしいですね。 当方はさらにレンズの互換性向上、ひいてはレンズの統一規格化がその次にあるのですが、彼らは戦略上わざわざそれを主張しません。ニコン、キャノンともにフルサイズレデュース版を出してきました。軽くなったことはありがたいことですが、機能を落として小さくすることは、ただフルサイズがほしいというユーザーを取り込むことがだけが目的で、なにやらいかがわしい。ソニーのα99はミラーレスのメリットとして、機能を向上させて重量を下げている、これが本筋でしょう。ソニーのフルサイズコンデジ、サイバーショットDSC-RX1は最初その意味がわかりませんでしたが、徹底的に重量を落として、高性能を追及していることはミラーレス(とはいわないのか?)の将来を見据えています。 25万円と価格は冗談みたいですが、とんでもないステータスになるでしょう。 アメリカでの予約数はα99をしのいでいるそうです。 当方はサイバーショットDSC-RX1がレンズ交換式になることを待ちます。これが当方の理想的カメラです。 富士フィルもミラーレスのレデュース版 X-E1を出してきました。半分賛成で、半分反対です。 OVFでコストと重量が上がるくらいならそれを省いて軽量なEVFオンリーの機種を出したらいいのにと思っていたので、すぐにでも買いたいくらいです。しかし、いつのまにかソニーNEXと変わりないカメラになってしまいました。持つ者の心をくすぐる部分が無くなってしまったのです。フルサイズのサイバーショットDSC-RX1の方が魅力的です。いつこのレンズ交換式が出るのでしょうか。 フジフィルムと画質の勝負はどうなるのでしょうか。気がもめます。 それにしてもカメラが軽くなるベクトルがはっきりしてきてうれしいな。 もうレンズもデジタルにしてしまえ。 考えてみればコンデジにはデジタルズームというのがついていたきがします。 画素数を上げて、解像力をもっと上げれば、デジタルズームでフォトコンクラスの写真が撮れるようになるかもしれません。ボケもデジタルで自由に付ける。こうなると今でもLPレコードで真空管アンプがいいといっているオーディオファンのように、アナログレンズを何本も持って歩く人と、一本のレンズでデジタルズームで行く人と二手に分かれるかもしれません。なんとカメラは今の高級コンデジが主流になるのです。ソニー・サイバーショットDSC-RX1がその先駆けです。 うむ、ソニーさんはサイバーショットDSC-RX1でデジタルズームを進化させるのかな??ここまで書いてくると、結局<デジタルの電子機器部分とアナログのレンズ部分の在り方>の問題提起がされたというのがミラーレスのパンドラの箱ということです。 画像とコミュニケーションツールの問題は、昔からある方向で、何もミラーレスがあってもなくても大差はないのです。いまは、ほとんどの日本カメラメーカーはアジアの下請け会社で製造されているわけで、サムスンに限らずこれらが成長してデジタルカメラを出してくることは目に見えているのですから。   そうすると、これからはやっぱりソニーかな。αマウントにどんどん魅かれます。どの問題もソニーさんの十八番(オハコ)の分野ですから。 秋になっても645Dミラーレス版発売のハの字も言えないペンタックスさんは早いところソニーさんと何らかの提携関係を結ぶべきです。つまり、はやく発表しなさいとしびれを切らしているということです。
スポンサーサイト

特別編 ミラーレスパンドラの箱 2

特別編 ミラーレスパンドラの箱 2

特別編その2:今日は時間がないので、韓国、クラフトは明日書きます。特別編でミラーレスパンドラの箱を書いたのに、全然反響がない。 みなさん、何言っているのかわからないのではなかろうか。 まあいいや。今日、日経エレクトロニクスというのを読んでいたら、ありましたよ。きっとあるに違いないと思っていたのです。コピューテーショナル・フォトグラフィーという方向です。 <光学レンズが撮影素子上に形成する光学象は、その時点で完成している必要はない。その後の画像処理によって、大幅に整えられる。> <光学レンズが形成する光学象を撮像素子が記録するという考え方から脱却し、レンズへ入射する光線から、光学系と演算による2段階の処理を介し、所望の画像を作り出す。>  
だからいったでしょ。デジタルのカメラ部分とアナログのレンズ部分の分担の再構築が始まるって。これがパンドラの箱だって。手ぶれだって、ピンボケだって、高感度だって、ズームだって、動画だって、これまでのアナログ部分が背負っている厄介な問題をデジタル画像処理でオーバーカムしてゆくのです。
生物には複眼というやつがあるから、大きい単眼より複眼の方がデジタルに向いているのではないかと、ピンホールをいっばい開ければ、レンズなぞいらないのではないかと、昨日、道々考えていたら、これも出てますよ。ライト・フィールド・カメラというらしい。コピューテーショナル・フォトグラフィーと対になる技術だ。多数のマイクロレンズで、光の4次元的シグナルを捉えて、それを統合して、大幅な可能性を秘めた画像を再構築する。 こうなると、マイクロフォーサーズーサーズ、APS-C, フルサイズなどと言っている場合じゃないよ、撮像素子は小さい方がよいということになります。
  こういう技術はアメリカが先行しいているそうです。カメラはサムスンに追い付かれるなどとごたごた言ってる場合じゃないよ、情けない。持っているものを奪われると怖がっているばかりで、情けない。若者も、年寄りも、未来の大海に向けて夢を実現してほしい。
ソニーさんは当然こんなこと知っているばかりでなくで、自分たちで追いかけているに違いない。LPレコードがCDに代わるように、カメラ全体がデジタル化する日が遠からず、突然やってきますよ。
ペンタックスさん今のうちですよ。ソニーさんと何らかの提携関係を構築するのは。レンズの相互乗り入れはどうですか。なんとか何種もあるマウントの整理をしたいのです。ミラーレスなら出来る。

韓国、クラフトな旅 その9

韓国、クラフトな旅 その9

民俗村の続き

ぴょっとして韓国民俗村を知らない方がいるかもしれないので、途中ですが説明をいれます。 韓流ドラマの歴史ものを見ると、一般の民の暮らしの撮影はこの民俗村で行われているそうです。チャングムにも出てきます。
ソウルのお隣、京畿道(キョンギド)龍仁(ヨンイン)市にある「韓国民俗村」は、朝鮮半島に古くから息づく生活様式や伝統文化を見学・体験できる野外博物館です。約20万坪の広大な敷地内には、各地方の特色が現れた270棟の伝統家屋が展示されているほか、陶磁器や韓紙の制作過程を実際に再現している工房、民俗博物館、伝統遊び体験コーナーなど、韓国の生活文化に触れられる施設がたくさんあります。伝統打楽器で演奏される農楽(ノンアッ)や迫力ある馬上武芸など、様々な伝統公演も毎日行われており、外国人客はもちろん、現地の人々も多く訪れる人気観光スポットとなっています。

ku25_convert_20120930225238.jpg

さて、薬草を栽培して、売っている所を再現した建物です。ここで薬草によるお茶がのめます。

ku23_convert_20120930225317.jpg

ku21_convert_20120930225350.jpg

向かいの家でお茶をいれます。こちら側でいただきます。

ku22_convert_20120930225507.jpg

ku27_convert_20120930225552.jpg

となりは、竹細工の家。 この籠結構高いですよ。4000円くらいだったかな? 我々一行のご婦人が竹細工が大好きで、喜んでお買い上げ。 当方も竹細工はよく買いますが、数百円の品物に出会うまで待ちます。

ku29_convert_20120930225659.jpg

ku26_convert_20120930225739.jpg

ku28_convert_20120930225831.jpg

どこの家も、外見はどうみても、みすぼらしいのですが、家具は魅力的です。 

ku34_convert_20120930225922_20120930231537.jpg

ku35_convert_20120930230001_20120930231537.jpg

ku30_convert_20120930230039_20120930231536.jpg

ここは木工細工の場所。ここで、ヒョウタン型の木工細工をかいました。700円くらいだったかな。後でお見せします。本来はマッコリをカメからくむ道具です。

ku31_convert_20120930230116_20120930231536.jpg

ここはまゆから絹糸を紡いでいます。なるほど、昔はこうして絹糸を作ったのだ。

ku32_convert_20120930230158.jpg

ku33_convert_20120930230240.jpg

サブーリ先生がひき臼に挑戦。

ku37_convert_20120930230324.jpg

これは、韓国ドラマによく出てくる、棒を筒の中に投げ入れる競技です。トンイの子供が、セジャとよくこれで遊んでいました。

ku40_convert_20120930230401.jpg

民俗村の一番奥にあるマーケットです。 マーケットというから、いろんなものを売っているかとおもいきや、お土産を売っているみせは数軒で、あとは食べ物ばかりのフードコートのようなところでした。ここで、安い螺鈿細工の名刺入れを買いました。ここで買う必要はまったくありませんでした。後でもっと品が数一杯あるお店がいっぱいありました。

ku39_convert_20120930230435.jpg


韓国ドラマによく出てくる、犯罪人の人相書きが貼ってあります。当時の服装をした方が時々現れます。 これでお金がもらえるなら、いい仕事ですね。

ku401_convert_20120930231122.jpg

お昼時は結構人が集まってきました。

ku41_convert_20120930230508.jpg

こんなお店もあります。
プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック