リコーGXR+マウントA12 活用術 その1

リコーGXR+マウントA12 活用術 その1

リコーGXR+マウントA12+フォクトレンダーカラースコパー 35mm F2.5 PIIを旅のともに使うには、もうちょっと広角が一本必要です。リコーGXRのA16ズームを買おうか、A12 28mm単焦点を買おうか、それともマウントA12に広角レンズを買い足そうか、フォクトレンダー20mmはどうだろう。などと考え込んでいましたが、いずれも5万円前後の出費が必要です。あれば役に立つとは思いますが、なんとなく面白くない。 リコーGXR+マウントA12とペンタックスK5に共通して使えるレンズを拡張していった方が面白そうだ。マウントA12の画質は気に入らないけれど、ペンタックスK5とリコーGXR+マウントA12の2台体制は、重量的にちょうどいいのです。 
とってもいいアイデアを考え着きました。 まず、ペンタックスのKマウントからマウントA12のMマウントへの変換アダプターでペンタックスDシリーズのレンズが使えるアダプターがあることに気がつきました。KIPONのアダプターリングです。Dシリーズは絞り目盛りがないので、マウントA12につけられなかったのですが、このアダプターは目盛りを調節するリングが付いているので、Dシリーズがつかえるのです。 9000円で買えるのですからすばらしい。 少々ガタガタするけれど、撮影には支障なし。 これでペンタックス15mm limitedでもDA200mmでも何でも手持ちのペンタックスレンズはリコーGXR+マウントA12に使えるようになったわけです。すごいですよこれは。 もう一つのアイデア、ペンタタックスのオールドレンズは1万円以下で買えるのに、結構いい写りをしているというネット情報がありました。どうせマウントA12を使うときはマニュアルフォーカスだから、ペンタックスのオールドレンズでまったく問題ないのです。ペンタックスK5とリコーGXR+マウントA12両方に付けられるレンズを数千円で手に入れことができるのですから、これは楽しい。DA200mmがあまりに重たいので、ペンタックスSMC 150mm を買いました。200mmも隣に置いてあったのですが、F4ですとシャッタースピードを上げられない。200mmの手持ちはきつい、手持ちは150mm止まりだろうという判断からです。 いいですよ、重たくなくて、持った感じがとってもいい質感です。オールドレンズがこんなにしっくりと手になじむとはおもっていませんでした。もうひとつ、15mmと35mmで間があいていたのでペンタックスSMC 28mm を買いました。マップカメラで、2本で1万5千円程度でした。もっと安いところがいっぱいあるそうです。

ここまでくると、さらにM42オールドレンズというのがあるらしい。スクリューマウントで、ペンタックスとかツァイスとかあちこちのメーカーが作っていた。M42からKマウント、M42からMマウントアダプターがあるので、M42レンズもリコーGXR+マウントA12にもペンタックスK5にも付けられる。ペンタックスで数千円ツアイスでも一万数千円となると、楽しい限り。 リコーGXR+マウントA12の楽しみ方は数十万円のライカMレンズを使うだけが能じゃない。 数千円で遊べるのである。それも結構いいレンズです。なんといっても質感がいい。 オートフォーカスの為にだけ数十倍もコストを払うなんで、まったくばかばかしくなってきた。

kb-1_convert_20120709194802.jpg
ペンタックスK5 , ペンタックスSMC 150mm F4

kb-2_convert_20120709194831.jpg
リコーGXR+マウントA12 , ペンタックスSMC 150mm F4

kb-3_convert_20120709194850.jpg
ペンタックスK5 , ペンタックスM SMC 28mm F2.8

kb-4_convert_20120709194908.jpg
リコーGXR+マウントA12 , ペンタックスM SMC 28mm F2.8
スポンサーサイト

リコーGXR+マウントA12 活用術 その2

リコーGXR+マウントA12 活用術  その2 (バーナード・リーチ編)

オールドレンズの試写をしたいのですが、今日は雨が降りそう。行く先もきまらずに、とりあえず、東大駒場前からすぐの日本民芸館に向かいました。 ここは、当方の師匠である柳宗悦(むねよし)1889-1961の記念館というべきところでしょうか。柳師匠の集めた民芸品が広い古民家の館に展示されています。 柳先生を師匠といいますが、時代もちがうし、直接も間接も師事したことはまったくありません。 ただ、いつのまにか当方の考えていることが、柳先生が考えていたこととほとんど同じであることに気がついて、柳先生の軌跡をたどることが多くなったということです。 ウイリアム・モリス、バーナード・リーチ、浜田庄司、河合寛次郎、富本憲吉、 沖縄壺屋の連中、大津絵、丹波焼、韓国の焼き物、当方の心にふれるものたちはどれもこれも柳先生の息のかかった世界なのです。                 
今日は、たまたま、バーナード・リーチ(1889-1979)の作陶100年記念展示会が開催されていました。バーナード・リーチは目的でなかったのですが、この展示会のおかげで、バーナード・リーチの本当の姿を知ることが出来ました。この後かれの作品の写真をのせますが、取り上げられるのは東洋と西洋の融合的作品が多い。ところが彼の作品の中には、ほとんど日本人の作といっていいほどの日本的作品があるのです。 ほとんど完全に日本を理解していた人と思われます。いい作品です。絵も上手いし、掛け軸も書いています。米国コロラドの風景を描いた掛け軸に家内がとっても興味をもっていました。確かに希少価値があるといえば、そう言える。

バーナード・リーチをウイキペディアでひいたら,書いてあることがあまりに面白いので、ノーカットで以下に載せます。
1887年(明治20年)、植民地官僚だったイギリス人の父とイギリス人の母の間に香港で生まれた。母は出産で死去したため日本にいた母方の祖父に引き取られ、関西に住んだ。祖父は京都の第三中学校や彦根中学校で英語教師をしていた。来日から4年後、植民地官僚だった父の再婚にともない香港に戻ったが、1895年、父の転勤でシンガポールへ移った。1897年、英国本土に移され教育を受ける。
1903年、芸術家を志してロンドンのスレード美術学校に入学するが翌年父が死んだため銀行員となり、1907年からロンドン美術学校でエッチングの技法を学んだ。そのとき、ロンドン留学中の高村光太郎と知り合って日本に郷愁を抱くようになり、1909年(明治42年)、日本へ戻って東京・上野に居を構えた。彼は生涯の友となる柳宗悦をはじめ白樺派の青年達と知り合いになり、彼らの本拠である我孫子で版画指導を行ったほかイギリスで起こったウィリアム・モリスらのアーツ・アンド・クラフツ運動など西洋芸術についての議論を通して手仕事の復権や日用品と美の問題などを語り合った。またバーナードは富本憲吉と知り合い、彼とともに訪れた上野の博覧会会場で楽焼の絵付けを始めたことをきっかけに茶道や茶道具に惹かれた。1912年に6代尾形乾山に陶芸を学び、中国から戻った1917年、我孫子の柳の家に窯を開いて陶芸家としての一歩を踏み出した。後に7代乾山の名を免許された。
この時リーチたちのもとを訪れた陶芸家の濱田庄司と友人になり、バーナードは1920年に濱田とともにイギリスのセント・アイヴスに移り日本の伝統的な登り窯を開き、1922年には「リーチ・ポタリー」(Leach Pottery)という名の窯を開いた。彼らはセント・アイヴスで西洋と東洋の美や哲学を融合させた陶磁器を作り朝鮮や日本、中国の日用陶器に注目したほかスリップウェアや塩釉といったイギリスやドイツの忘れられつつあった伝統的な日用陶器にも着目してその技法をマスターした。
彼らは陶磁器を芸術、哲学、デザイン、工芸、そして偉大な生活様式の融合したものと見ていたが西洋人の多くは陶芸を一段低い芸術と考え、彼らの作品を当時の洗練された工業製品に比べて粗野で下手なものとみなしていた。1934年、バーナードはイギリスでの陶芸全般の評価に失望し再び来日し日本民藝館設立を目指していた柳に協力した。イギリスに戻って1940年に出版した『A Potter's Book』(陶工の書)はバーナードの職人としての哲学や技術、芸術家としての思想を明らかにした本で彼の名を知らしめるもとになった。
バーナードは実用より美学的関心を優先させた純粋芸術としての陶芸に対し、実用的な日用陶器を作ることを擁護した。彼は陶磁器に重要なのは絵画的な絵柄でも彫刻的な装飾でもなく、日用品としての用を満たす器の形状や触覚だと考えた。このため、彼の制作スタイルは1950年代から1960年代のミッドセンチュリーのアメリカ合衆国でカウンターカルチャーやモダニズム・デザインに大きな影響を及ぼした。バーナードは近代的で協同組合的なワークショップを運営して、一般大衆向けの手作り陶磁器のラインナップを制作することを切望していた。世界中からリーチ・ポタリーに陶芸家が弟子にやってきて、リーチの様式と信念を世界に広げていった。例えば、カナダから来た見習い陶芸家達は1970年代にかけてバンクーバーを中心としたカナダ西海岸に活発な陶芸シーンを形成した。アメリカ人の弟子たちの中にはウォレン・マッケンジー(Warren MacKenzie、彼もミネソタ大学で多くの後進の陶芸家に影響を与えた)やバイロン・テンプル(Byron Temple)、クラリー・イリアン(Clary Illian)、ジェフ・ウェストリッチ(Jeff Oestrich)といった陶芸家がいる。ニュージーランドの陶芸の第一人者レン・キャッスル(Len Castle)も1950年代半ばにイギリスへ旅しバーナードと働いて大きな影響を受けた。また長年バーナードの助手だったマイケル・カーデューやオーストリアで陶芸を修めた後にナチスから逃れてイギリスに渡りリーチの影響を受けたルーシー・リーらは、リーチと協力しあるいは競いながらイギリス陶芸の地位向上に努めた。またたびたび来日し各地で作陶したほか、『Unknown Craftsman』(知られざる職人)などの書を通して民芸運動やその関連作家をイギリスに紹介、展覧会も開きその理論を解説した。
バーナードは1940年、アメリカ人画家マーク・トビーとの交友を通じバハーイー教に入信していた。1954年、イスラエルのハイファにある寺院に巡礼に行ったバーナードは「東洋と西洋をより一つにするため東洋に戻り、バハーイ教徒として、またアーティストとして私の仕事により正直になろうと努力したい」との感を強くした[1]。
彼は1972年まで制作を続け、なお世界を旅して回ることをやめようとしなかった。また、彼は視力を失っても陶芸に関する著述をやめなかった。1963年に大英帝国勲章(Order of CBE)を受章。1974年には国際交流基金賞を受賞した。ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館は1977年に彼の大規模回顧展を開いたが、彼はその2年後逝去した。リーチ・ポタリーは今なおセント・アイヴスに残り、バーナードやその関係者たちの作品を展示する美術館を併設している。


今日は、リコーでなくてバーナード・リーチ一色です。

kb-5_convert_20120710201603.jpg
バーナード・リーチ展のパンフレットからのコピー

kb-6_convert_20120710201630.jpg
バーナード・リーチ展のパンフレットからのコピー

kb-7_convert_20120710201649.jpg
バーナード・リーチ展のパンフレットからのコピー

kb-8_convert_20120710201705.jpg
バーナード・リーチ展のパンフレットからのコピー

kb-9_convert_20120710201724.jpg
バーナード・リーチ展のパンフレットからのコピー

kb-10_convert_20120710201740.jpg
バーナード・リーチ展のパンフレットからのコピー

kb-11_convert_20120710201756.jpg
バーナード・リーチ展のパンフレットからのコピー

kb-12_convert_20120710201815.jpg
バーナード・リーチ展のパンフレットからのコピー

kb-13_convert_20120710201835.jpg
民芸 2004年10月号からのコピー

kb-14_convert_20120710201859.jpg
民芸 2004年10月号からのコピー

kb-15_convert_20120710201920.jpg
民芸 2004年10月号からのコピー

kb-16_convert_20120710201940.jpg
民芸 2004年10月号からのコピー

kb-18_convert_20120710202027.jpg
民芸 2004年10月号からのコピー

kb-19_convert_20120710202049.jpg
民芸 2004年10月号からのコピー

kb-21_convert_20120710202117.jpg
民芸 2004年10月号からのコピー

kb-22_convert_20120710202138.jpg
民芸 2004年10月号からのコピー

リコーGXR+マウントA12 活用術 その3

リコーGXR+マウントA12 活用術 その3

日本民芸館のパンフレットから、抜き書きしてみましょう。<民芸>という新しい美の概念の普及と<美の生活化>を目指す民芸運動の本居地として、思想家の柳宗悦により企画され、実業家の大原孫三郎氏をはじめ多くの賛同者の援助を得て、1936年に開設されました。本館の設計は細部まで柳が手掛け、栃木から大工を呼び寄せて作られました。所蔵品は陶磁・染織、木漆工、絵画、金工、石工、編組など柳の審美眼により選ばれた古今東西の諸工芸品約17000点。
入館料1000円、所蔵品目録はなくて、民芸という日本民芸協会の会誌に少しずつ所蔵品の写真が載っているだけ。一冊850円だからいろいろ買うと結構な値段になる。当方はバーナード・リーチの作品と丹波焼の写真が載っている2冊を購入。ブログで一部紹介しています。柳先生の思想をお伝えするためということで、ご容赦ねがいます。

展示品の大半は作家の名前がなく、館の方針で説明書きも最小限。民芸品ですから、ただ感じ取ってほしいということです。これは結構、難しいことですよ。人は無意識のうちに、作家の名前から作品を感じたり、記憶したりするので、名前がないと記憶がすぐ四散してしまいます。なんども足を運ぶか、会員となってのめりこんで行く必要があるようです。なにか、この民芸思想には引きずり込まれる不思議な魅力があります。千と千尋の神かくしのような、この館は違う世界の入り口のような気がするのです。


ここから先、今日の写真はすべて、リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limitedで撮影しています。やっとリコーでペンタックス15mm limitedが使えるようになりました。 問題なく使えます。よかったよかった、感激です。

kb23_convert_20120711190231.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb24_convert_20120711190252.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb25_convert_20120711190312.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb26_convert_20120711190334.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb27_convert_20120711190356.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb28_convert_20120711190456.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb29_convert_20120711190515.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb30_convert_20120711190534.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb31_convert_20120711190605.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb32_convert_20120711190627.jpg

リコーGXR+マウントA12 活用術 その4

リコーGXR+マウントA12 活用術  その4

最近気に入っている丹波焼をちょっと紹介します。正式には丹波立杭焼(たんばたちくいやき)というらしい。兵庫県篠山市今田町付近で焼かれる陶器、炻器。主に生活雑器を焼いてきた。起源は平安時代にまで遡るといわれ、信楽焼、備前焼、瀬戸焼、常滑焼、越前焼と並び六古窯の一つに数えられる。「古丹波」ともよばれる当時の作は、赤銅色に焦げた素地(きじ)に濃緑色の自然釉(ゆう)がかかった質実な大壺(つぼ)に特色がよく示されている。昔だったらその辺にゴロゴロしたような大壺ですが、何にも<見手の受け>をねらっていない、純粋な迫力があります。まさに柳先生が好む民芸、実用品です。

kb-33_convert_20120712201025.jpg
民芸 1997年12月号よりコピー

kb-34_convert_20120712201057.jpg
民芸 1997年12月号よりコピー

kb-35_convert_20120712201120.jpg
民芸 1997年12月号よりコピー

kb-36_convert_20120712201149.jpg
民芸 1997年12月号よりコピー

kb-37_convert_20120712201211.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

日本民芸館の向かいには東大の先端科学技術研究センターがあります。ここでは色々いい研究がおこなわれています。

kb-38_convert_20120712201234.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

駒場東大前から日本民芸館までの道には立派な御屋敷やセンスのいい住宅がずらりと並んでいます。

kb-39_convert_20120712201257.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb-40_convert_20120712201319.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

この住宅の塀には陶器がはめ込まれていて、いいセンスです。

kb-41_convert_20120712201347.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb-42_convert_20120712201411.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

kb-43_convert_20120712201430.jpg
リコーGXR+マウントA12+ KIPONアダプターリング+ペンタックスDA 15mm limited

この脇道の右の住宅の塀に陶器が埋め込まれているのです。

日本民芸館を出て、駒場東大前駅に戻る途中にある、駒場野公園に入ってみました。
駒場野公園の説明です。<この一帯は、かつて人の背ほどもある笹が一面に生え、ところどころに松林がしげる広い原野で、駒場野と呼ばれていました。
明治になると、農業の近代化を図るため、この広い原野を利用して駒場農学校が開校し、近代農業の総合的教育・研究の場となりました。明治14年この農学校にドイツ人ケルネル氏が農芸化学の教師として着任し、土壌や肥料の研究を行って大きな成果をあげました。 園内にある水田はこの実験を行った場所で、農学発祥の地「ケルネル田んぼ」と呼ばれ、稲作は筑波大学付属駒場中・高校の生徒さんによって今でも行われています。>

kb-44_convert_20120712201453.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4 <ケルネル田んぼ> 

たしかに高校生か中学生か田んぼの世話をしていました。

kb-45_convert_20120712201516.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-46_convert_20120712201539.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-47_convert_20120712201602.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-48_convert_20120712201623.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-49_convert_20120712201644.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-50_convert_20120712201707.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

ペンタックスSMC 150mm F4は問題なく、撮れているようです。

リコーGXR+マウントA12 活用術  その5 (最終回)

リコーGXR+マウントA12 活用術  その5

ペンタックス・オールドレンズの試写を続けます。たまたま日比谷公園のそばに用事があったので、ついでに試写を行いました。梅雨の合間のよい天気。公園のベンチは本を読む人、昼寝をする人、当方みたいに風に吹かれてぼーっとしている人。 今日はいい風がふいていて、木陰でウトウトするには最高の日和です。

ペンタックス・オールドレンズ SMC 150mm F4とSMC 28mm F2.8をペンタックスK5とリコーGXR+マウントA12に付けて、途中でレンズを交換して、いろいろ撮ってみました。なんと、今日はリコーGXR+マウントA12の圧勝だったのです。

kb-51_convert_20120713184401.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-52_convert_20120713184424.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-53_convert_20120713184446.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-54.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-55_convert_20120713184537.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-56.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-58_convert_20120713184632.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-59.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-60.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

親カモにEVFで焦点を合わせで撮りました。近くの子カモも撮れるとおもいましたが、ピントがずれました。ペンタックスSMC 150mm F4のピントは思ったよりずっとシビヤーです。

kb-61.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4


kb-62_convert_20120713184744.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

ペンタックスSMC 150mm F4はピントがシビヤーなだけあって、ボケが魅力的です。

kb-63.jpg
リコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4

今日はリコーGXR+マウントA12+ペンタックスSMC 150mm F4の組合せが結構いい線いってます。ホワイトバランスを調節して、黄色みを減少させました。EVFの威力が発揮されています。SMC150mmはピント合わせがシビアーで、ライブビューを使ったペンタックスK5+ SMC150mmはすべて失敗しました。液晶のライブビューでピントを合わせて、ファインダーで構図を合わせてシャッターを切るということを行ったのですが、ライブビューからファインダーに移るときに少々位置がずれるとそれがもろに出ます。リコーのEVFの圧倒的勝利です。ペンタックスには三脚が必須でした。なんで皆さんがEVFの充実を声を合わせて要望しないのか、当方にはまったく理解不可能です。エプソンさんはすでにいいEVFを開発しているのです。ペンタックスがなぜ、EVFにそっぽを向いているのか理解不能です。いらない人はそれでいいのです、EVFは外付けでいいのです。

kb-64.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8

kb-65_convert_20120713184847.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 28mm F2.8

kb-66.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

kb-67_convert_20120713184920.jpg
ペンタックスK5+ペンタックスSMC 150mm F4

ペンタックスSMC 28mm F2.8はとんでもなくいいレンズですよ。ペンタックスSMC 150mm F4も全然OKです。 ペンタックスオールドレンズは本当にいい買い物でした。


画質を手直しすればリコーGXR+マウントA12も使えるかもしれない。 マウントA12はさすがにオールドレンズに強い。チープ、オールドレンズを使ったリコーGXR+マウントA12の利用法はいかがでしたか。

プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック