ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し~新宿御苑日記~ その1

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その1

5月19日
今日は快晴、快晴はツアイス。新宿御苑に三脚撮影の練習に出かけました。今日はツアイス・オンパレード、18mm, 50mm, 100mm macro。 カメラはペンタックスK5とリコーGXR+マウントA12+Kマウントアダプター。客観的標準として、ペンタックス43mm limitedが少し登場します。

1、ペンタックスK5 +三脚+ライブビュー撮影

とうとう、トライする時が来ました、三脚撮影です。じっくり三脚撮影をトライすると以前に宣言しました。今日は、三脚撮影に納得するか、気が狂って三脚を放り出すか、その結末はいかに。

足は相変わらずビッコですが(先週の土曜にテニスでまともに肉離れをおこして1週間ビッコなのです)、撮影は何とかなります。次の次の陶芸テーマ、だまし絵壺に使う大木の図面を撮影するのが第一の目的です。

先日の陶芸教室の展覧会のブログをかいたのですが、生徒さんの作品の写真が入っているので、許可なくブログにのせられず、宙ぶらりんになっています。その話が先にないと、今日の話の意味が分からないかもしれませんが。しょうがない、わからなくてもいいから、書きましょう。

まずは、ハラッパの真ん中にある3本の大木、<ユリの木>。北アメリカ原産、明治20~30年に初めて新宿御苑に植えられたといわれています。その後、全国に広がりました。花がチューリップに似ているのでチューリップツリーともいわれます。このユリの木は、京都府立植物園の友達、<フウさん>に相当する存在になってきました。新宿御苑の友達<ユリさん>ということになります。

do1_convert_20120520201924.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

丁度、今が開花の時期です。

do2_convert_20120520201956.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

まず、壺の正面には、木の肌をあわらに表現しましょう。

do3_convert_20120520202022.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do4_convert_20120520202043.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do5_convert_20120520202103.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do6_convert_20120520202130.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

do7_convert_20120520202152.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

この後どうしたらいいか、今のところ正面しか決まっていません。要するに、四角い壺の四面の図柄から巨大な木が存在しているように見せるだまし絵をつくる予定です。全部アイデアを言ってしまうわけにもいきませんからね。

さらに、題材を探します。

do8.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

この木も使えるかもしれません、ツアイス18mmはまともにハレーションが入ります。
全くやっかいなレンズです。

do9.jpg
ペンタックスK5+ツアイス50mm

do10.jpg
ペンタックスK5+ツアイス50mm

do11.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

do12.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

木の下では、みんなでお昼のお弁当を食べています。

do13.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

いいでしょ、木一本でも人は幸せになれるのです。

do14.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

違う広場に向かいます。この木はどうだろうか。



スポンサーサイト

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その2

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その2

do15.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

いい木がいっぱいあります。だから新宿御苑はいい。

do16.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

右側の三本の木もいい題材かもしれない。
その前にちょっと寄り道。

do17.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

紫陽花の葉っぱがみずみずしくて、思わず撮影。もうすぐ紫陽花の季節です。

do18.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

さらに、面白い葉っぱを発見。

do19.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

この妙な形の葉っぱは何だ?

do20.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

do21.jpg
ペンタックスK5+ツアイス50mm

しつこく撮影。

do22.jpg
ペンタックスK5+ツアイス50mm

よくみると不思議な葉っぱなのです。しかし、葉っぱ図鑑で調べたら、なんとこの葉っぱはさっきいっぱい撮影したユリの木でした。こちらは小木、さっきは大木なので、全く違った木と思ってしまいました。私も大した観察眼を持っていないことが判明。

do23.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

さてお目当ての巨木の内部に侵入します。

do24.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

三本の巨木の真ん中に、今日のテーマの三脚を置いてみました。

do25.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

まだ頑張って三脚を使ってますよ。これなんて、三脚を使うと90度アングルのレフコンバーターがないと体勢がとっても苦しい。

do26_convert_20120521200907.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

do27.jpg
ペンタックスK5+ツアイス50mm

do28_convert_20120521200934.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

do29.jpg
ペンタックスK5+ツアイス50mm

do30.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

do31.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

これも陶芸題材として結構難しい。


またテクテク歩く。
花と葉っぱが最も大きいといわれる朴の木(ホオノキ)に出くわします。

do32.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その3

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その3

do33.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

朴葉焼きのホウノキです。葉っぱが大きいので、何度も撮影しているけれども、今日はびっくり、ホウノキの花が咲いています。モクレン科と言うだけあって、モクレンに似ています。

do34.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

do35.jpg
ペンタックスK5+ツアイス・ディスタゴン18mm

これなんかはとってもトリミングで拡大しています。それでも崩れません。ツアイス・ディスタゴン18mmにとってライブビューがなければ絶対にこのような写真はとれません。その効果は絶大です。

do36.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

ツアイス100mm macroの絵画的表現力が見てとれます。


ここまで全部三脚で、ライブビューを使っての撮影です。三脚を使えば、ペンタックスK5
の液晶ライブビューを拡大して焦点を合わせることができます。焦点の合わせにくい18mmの接近撮影には、とても有効です。最近全てライブビューで撮影しているという方のいいぶんが理解できました。

花を撮り始めると、どんどん本題の陶芸題材探しからそれはじめました。

do37.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do38.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

液晶ライブビューを拡大して焦点を合わせることにより、マクロ撮影の水面の撮影がとても楽しい。液晶ライブビューでさざ波がキラキラ動き回るのを見て、シャッターを切ることが出来るのですから。

do39.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do40.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do41.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do42.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do43.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

木陰で木陰を撮る時、液晶ライブビューは絶好の武器となります。

とうとうバラ園に来てしまいました。バラを撮り始めると、切りがない。本題はもう終了です。どんどん目移りがして、一つをじっくり攻めることを忘れてしいます。それにお客さんや、カメラマンが多くて、じっくりという気分にならないのです。なんとか三脚だけは使ってみようとがんばりいます。

do44.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

出だしは、三脚と液晶ライブビューで撮影開始。

do45.jpg


do46.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

三脚、液晶ライブビューとなると、さすがに、ピシときまります。200mm手持ちではこうはいきません。

do47.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

do48.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その4

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その4

do49.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

do50.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

do51.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

do52.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

do53.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

バラを撮る時は、花もそうですが、バックに気をつかいます。きれいな花の後ろが思ったような状況になっていないこともいっぱいあり、なかなか理想的にはいきませんが、なるべくバックに味をつけようと努力します。 三脚をつかうと、そういう構図を決めるのがさらに制限されて苦労します。

do54.jpg
ペンタックスK5+ペンタックス★DA200mm

do55.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

ここから200mmからツアイス100mm macroにもどします。特に理由はないのですが、200mmばかりつかうと、個々の花にばかり焦点がいってしまって、花の群像的おもしろさや、前面の花と背景の花の対比の面白さが撮れなくなるからです。

do56_convert_20120523175844.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do57.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do58.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do59.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do60_convert_20120523175906.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do61.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do62.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

こういう花の中の宇宙を撮るのがマクロの役目の一つです。

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その5

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その5

do63.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do64_convert_20120524193914.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do65.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do66_convert_20120524193938.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

ローキー調にしてみました。ツアイスの良さがでてますか?


2、ペンタックスK5 、ツアイス100mm macro 手持ち撮影

炎天下で疲れてきて、このあたりから、三脚を放り出して、手持ちで撮影。構図は面白くなりましたが、よく見るとぶれています。ブログレベルの解像度では全く問題ありませんが。


do67_convert_20120524194002.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do68_convert_20120524194028.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

構図的にはずっと自由度がでていいのですが。やっぱブレますかね。三脚ないと楽ちん。


do69.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do70.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do71.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do72.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do73.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do74.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do75.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do76_convert_20120524194053.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

バラに疲れて、プラタナス並木のベンチで一休み。見上げると、緑がきれいです。

do77_convert_20120524194116.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do78.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

do79.jpg
ペンタックスK5+ツアイス100mm macro

一休みして、また気を取り直して、リコーGXRを捨てるまえに、もう一度チャンスを与えようと、いままで取り付けたことのない、ツアイス100mm macroをつけて、バラに挑戦してみます。思わぬマッチングが生まれることを期待して。

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その6

ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較ダメ押し ~新宿御苑日記~ その6

長い間中断してすみません。PCが壊れて復旧に時間がかかりました。 PCが古いものに変わったので、いろいろ前回までの画像と条件が異なり、ペンタックスK5とリコーGXR マウントA12比較を掲載する写真ベースでは語れなくなってしまいました。いかしそのときの印象はそのままお伝えします。(2012-6-3)



3、リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mm macro

さて、ここからリコーGXRです。

SG1_convert_20120603145042.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mm macro

sg2_convert_20120603145118.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mm macro

sg3_convert_20120603145142.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mm macro

sg4.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mm macro

前の写真のトリミングです。結構細部まで描写しています。


sg5.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mm macro

sg6_convert_20120603145213.jpg
リコーGXR+マウントA12+ツアイス100mm macro


撮れてるといえば撮れていますが、
結果の印象はこれまでとまったく同じです。ツアイス100mm macroを使うと、EVFで拡大してピントを合わせることが出来るから、とってもやりやすい。ほぼ100%の確率でフォーカスを合わせられます。ペンタックスK5の液晶ライブビューは三脚があれば、それなりに効果はありました。しかし、晴天の下で、使うには、やはり至難の業です。手で影を作って、あとは勘で最終ポイントをつかんでシャッターをおす。GXRのEVFのほうが圧倒的に使い易い。EVFでライブビューを拡大して、そのまま撮影できる。このメリットは他のデメリット(たとえば色調のズレとか)を吹き飛ばす力があります。
しかし、絵としては、GXRはペンタックスK5に及ばない。バラは比較的いいやつを載せているので、そうは思わないかもしれませんが、全体に色調が不安定です。夕日の黄色が強すぎます。ビビットにしたのがいけないのでしょうか?それくらいで、こんなに不安定になってはいけません。バラの後の写真はまったく黄色になっていくら補正してもだめでした。後で調べたら、ホワイトバランスを<オート>で黄色くなるので、<晴天>にして、これでも黄色くなるのですが、仕方なくそのまま写したつもりなのですが、後から見てみると<室内>にいつの間にか移動していたのです。1) まず、ホワイトバランス・オートで色がおかしい、2) いつのまにかレバーにふれて設定が変化してしまう。3) ごちゃごちゃしていて、何が原因で具合が悪く、どうやったら改善できるかわからない。現場でいつもパニックになる。4) それを全てチャラにしても、ベースとなっている画質が<おもちゃ>っぽい。
今日はGXRがめちゃくちゃの評価でした。お間違いにならないでください、マウントA12の話をしているので、それ以外のGXRカメラユニットは触っていないのでコメントはできません。本当はGXRに関して、最初はもっとメチャクチャなコメントを書いていたのですが、いつも見ているうちに、まあいいかと思ってしまて、コメントがずっとマイルドになってしまうのです。

4、リコーGXR+マウントA12+ ペンタックス43mm limited
ここから色がまったくおかしい。(その後修正していますが、まだおかしい)


sg7.jpg
この木も使えそう。


sg8.jpg
この木も使えそう。

sg9.jpg

sg10.jpg

ロハス・デザインというフェアーが開かれていました。よく意味がわからないのですが。

sg11.jpg

sg12.jpg

当方は新宿御苑の午後4時から閉門4時30分の間を不思議な魅力的時間帯といっています。日が傾き、全ての彫(ホリ)を深くして、人の中に流動的動きが生まれ、それでも居座る人が歯抜けのように残って、ちょうどいい数になる。その平和な雰囲気と、それがもうすぐ終わろうとする夕暮れ。その双方が微妙なバランスで存在するわずかな時間帯なのです。

新宿御苑が、京都府立植物園の代わりになりつつあります。一か月に一回は来ますよと隣に座った御婆さんが、ご家族にしゃべっていました。<緑はいいな>と。  そのとおりです。

三脚は必要です。しかし、なんとも面倒くさい。ニコンD800Eとかペンタックス645Dには必ず必要なことが実感できました。今の雲台では、ロックしても200mmの重さで写角がズレてしまいます。用意した電子レリーズは壊れているし。機材を整えるだけでもまだまだ。ひとつの被写体を長時間かけて攻めるという意味が分かった一日でした。写真も、陶芸も表に出すには、精度が必要であると心しました。

今日の撮影で、印象に残ったのは
1、ライブビューは絶大なメリットがある。やはり高性能のEVFの開発が必要である。
2、三脚は必需品であることは理解しましたが、なんとも厄介なしろもんだ。もっとなんとかならないの。カメラの進歩に比べて、なんかあまりにもワンパターンで知恵がない機材である。
3、リコーGXRマウントA12は、画像処理があまりにも不安定だ。状況によってくずれすぎる。いくらRAW現像が正しいといったって、JPEGで見られる絵を安定的に作り出すことはデジカメの必須事項と思う。

PCが変わって、画像の色バランスや縦横比などがマチャクチャです。まだ十分修正できていません、これからまた修正にトライします。




プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック