連休、鎌倉の花 その1

連休、鎌倉の花 その1

5月5日、連休後半、唯一の晴れの日と予想が出ていました。もう一日くらい、出かけるか、遠くに行くとお金がかかる。色々考えて鎌倉のつつじを狙います。しかし、みんな同じことを考えるに違いない、どれだけの混雑になるか、それをどうやってかわすか知恵比べです。

まず、仏行寺(ブツギョウジ)。知る人ぞ知るつつじのお寺。大船から、湘南モノレールで湘南深沢で下りて、バスに乗って笛田2でおります。ちょっと坂をあがれば仏行寺です。思った通り、境内はカメラファンがちょうどいい(これ以上だとウザイ)人数です。カメラファンクラブらしき方々が、いろいろ撮りまくっています。やっぱり一眼おばさんが迫力です。

kk1_20120508192629.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro

kk2_20120508192628.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

まだ少し早いとは思いますが、写真は撮りようです。これだけ咲いていれば十分。

kk3_20120508192628.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスFDA100mm macro

kk4_convert_20120508192356.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

kk5_20120508192626.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

kk6_20120508192625.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

kk7_20120508192733.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

kk8_20120508192732.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

kk9_20120508192732.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスFDA100mm macro

kk10_convert_20120508192418.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

kk11_convert_20120508192442.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

kk12_20120508192729.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

今日は200mmに活躍してもらいます。

kk13_20120508192811.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスFA 77mm limited

kk14_20120508192810.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスFA 77mm limited

kk15_20120508192810.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスFA 77mm limited

久しぶりにペンタックス77mm limitedを使ってみました。やはり、その温かみのある表現力には感心します。

スポンサーサイト

連休、鎌倉の花  その2

連休、鎌倉の花  その2

kk16_20120509175759.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

後で述べるように、予定の鶴岡八幡宮のボタン園に入れなかったので、ボタンはこの写真だけになりました。ちょっとさびしいですね。

kk17_convert_20120509175502.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro

kk18_20120509175758.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK コデマリ

道々の家々のお庭の花が、みんな元気に咲いていて、とてもきれいです。さすが、鎌倉地域は自然が生き生きしています。湘南深沢まで戻って(歩いてもたいしたことありません)、また湘南モノレールで江の島へ出ます。ここから先は大変と覚悟してはいましたが、すごい人の波です。なんとか江ノ電にのって脱出、七里ヶ浜で下りて、海岸を少し歩きます。

kk19.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスFA43mm limited

海は広い、人ごみもばらけます。

kk20_20120509175756.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

kk21_20120509175755.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

人も群れ、そのお弁当をねらうトンビも群れでいます。以前、当方もみごとにお弁当をトンビにさらわれました。このとき見ている間にも子供のお弁当がさらわれました。全く気が付かない内に、なにが起きたのかわからないうちに、ちょっとした振動しか感じない内に、おかずが消えているのです。みごとです。

kk22_20120509175854.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

kk23_convert_20120509175526.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

今日は、富士山がとびきりすばらしい。どうだ、これが望遠による引き寄せ効果だ。

kk24_convert_20120509175548.jpg
ペンタックスK7, ツアイス・ディスタゴン18mm F3.5 ZK

前から浜昼顔が撮りたいとおもっていました。このあたりに浜昼顔が6月ごろ咲くといいます。いまは浜昼顔が減って、この写真のようになってしまいました。はたして、ここで浜昼顔の写真がとれるか? 難しい状況のようです。鳥取まで行ってやろうか。

kk25_20120509175852.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

kk26_20120509175851.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

いいですね、家族でシーカヤック。

カヤックで写真の旅なぞやりたいな。こうなると動画も撮りたくなるかもしれません。

kk27_20120509175850.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

シーカヤックで大島までいけそうな気がしてきます。

この写真は、稲村ケ崎のちょっと手前の海の見える料理屋さん<池田丸> の窓越しに撮ったもの。 家内はしらす定食、当方は煮魚定食でホウボウを食べます。家内は念願の生シラスにありつき、当方は生中で一息つきます。二人で4000数百円だったか、それで人生幸せになれるのだから、安いものです。さすがに、釣船の漁師さんが経営する料理屋だけのことはあります。料理を作る人の心が感じられ、我々も幸せ、かれらも幸せ。

kk28_20120509175929.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

坂ノ下から長谷寺にむかいます。途中で、お地蔵様に魅かれて、成就院(セイジュイン)に寄ります。

kk29_20120509175928.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

kk30.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA 43mm limited

ここは108段の階段を上がった上にお寺があるので、階段両脇の紫陽花が咲くときに、紫陽花と海が同時に撮れる場所として有名なのだ、といきがかりの方が教えてくれました。それはとてもいいかもしれない。

kk31_20120509175927.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

200mmとなると結構、望遠効果があります。ここから材木座の海岸が丸見えです。

連休、鎌倉の花  その3 (最終回)

連休、鎌倉の花  その3 (最終回)

kk32_convert_20120510193057.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

極楽寺に寄ろうと思ったら、境内撮影禁止とかいてあったので、入口でさようなら。
長谷寺をとばして、極楽寺の駅から鎌倉に戻ろうと思ったら、江ノ電は乗車率200%くらいの超満員。この電車、満員過ぎて、なにかトラブルが起き、ずいぶんと長い間ストップしていました。これでさらにウルトラ超満員になり、江ノ電がめちゃくちゃになってしまうのではと心配します。

kk33_20120510193419.jpg
ペンタックスK5, ペンタックス★DA200mm

これはえらいことだ、長谷寺への道は、人だらけ、これではとても撮影という雰囲気ではありません。長谷寺はあきらめて、バスで鎌倉へ向かいます。空いているとはお世辞にも言えませんが、意外とバスには乗ることができました。鎌倉の一つで前、下馬四つ辻でおりて、みんなの行きそうにないお寺にむかいます。材木座の海岸より一つ奥を平行に走る小坪へ抜ける道を歩きます。さすがに人は少なく、それに比例して、お茶するお店もありません。

kk34_20120510193419.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro シャガ

ツツジの生垣ですぐわかる安養院(アンヨウイン)に入ります。人は少なく、ゆっくりとシャガを狙うことが出来ました。北条政子の墓といわれているというお墓がありました。


よし、明日は陶芸教室で、<政子のシャガ>というお皿を焼こう。

kk35_20120510193418.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro シャガ

kk36_20120510193417.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro シャガ

もう少し足をのばして、安国論寺(アンコクロンジ)に入ります。日蓮ゆかりの静かな良いお寺です。花のお寺といわれ、モモ、サクラ、ツツジ、ヤマブキ次々と花にうずもれているはずなのですが、たまたまこの時は、撮影するものが見当たりません。広いお寺で、時間も迫っていたので、見過ごしたにちがいありません。お墓の奥に大きな白いつつじの集団があり、魅力ではありましたが、日蔭にうずもれて、撮影とはなりません。

kk37_20120510193416.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA 43mm limited

kk38_20120510193514.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro

kk39_20120510193513.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro

kk40_20120510193512.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro

kk41_20120510193511.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA 43mm limited

入口のツツジを撮影して、となりの、妙法寺に向かいます。

妙法寺(ミョウホウジ)に着いたのは4時半少し前。4時半には門を閉めます、あと6分ですがいいですか、300円の入場料をまけないという。金沢の兼六園のときはあと10分の時ただで入れてくれたのに。

kk42_20120510193510.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro つつじをバックとするコデマリ

kk43_20120510193510.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro ヒメウツギ

kk44_20120510193615.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro コデマリ

kk45_20120510193614.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA 43mm limited  カキツバタ?

kk46_20120510193613.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA 43mm limited

kk47_convert_20120510193122.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA 43mm limited

6分間にしては、結構写真を撮りました。夕日の逆光のツツジを撮って、

kk48_20120510193612.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro

出口の順光のツツジを撮って、6分の撮影はおしまい。もっとちゃんと見れば、このお寺の高台から海を見渡せるそうな。 これらの静かなお寺はもう一度ゆっくり訪れたいお寺です。

kk49_20120510193611.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA 43mm limited  <鶴岡八幡宮>

KK50_convert_20120510193146.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA 43mm limited  <鶴岡八幡宮>

kk51_convert_20120510193209.jpg
ペンタックスK5, ペンタックスDFA 100mm macro <鶴岡八幡宮>

またテクテク歩いて、鶴岡八幡宮に着いた時はもう5時をまわっていました。お目当てのボタン園はすでに閉門。残念、こんなにお客さんがいて、夕日がまだ高いのに、なんで閉めるのか、ただ、いじわるしているとしか思えません。こんなに混雑しているのですから、思ったように移動できない人はいっぱいいるのです。京都だったら、ライトアップまでやって、楽しませてくれるのに。夕日のなかのボタンはとうとうお目にかかれず、締めくくり無しの尻切れトンボで何とも残念。

kk52_20120510193649.jpg
ペンタックスK7, ペンタックスFA 43mm limited

湘南豚の味噌付けと湘南シラスを楽しめるお店、<楽縁>で、その両方を食べて、生ビールと冷酒でいっぱい。シラスに野沢菜がはいったお茶漬けはいけてます。若い方々でやっているお店ですが、一生懸命やっている気持ちが伝わります。

連休の旅はこれでおしまい。 なんといっても、生シラスで一杯が心に残りました。



プロフィール

山海旅人

Author:山海旅人
山海旅人
<南方から黒潮に乗って流れ着いた人の子孫と思われる>
趣味:おいしい魚をたべておいしいお酒を飲むこと。お魚の料理もいたします。海が近付くと元気になると人にいわれます。

座右の銘:<芸といふものは実(じつ)と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの> 
実写とデフォルメの間に真実があるという意味です。

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
訪問ありがとうございます。
過去の記事(カテゴリ別)
過去の記事(月別)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ただいまの時刻は??
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック